« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »

2009/12/31

年内の業務終了?

コミケ3日間の取材が終わったところで年内業務も終わるはずでした。

幸い必要過ぎる数の素材が揃ったため、これにて終了となりました。

鎧のようなプロテクターを装着し、痛めた右膝をかばいながらの取材でしたが、やはり思った以上に負荷がかかっていたようで、膝の裏側の靭帯にこれまでと違和感が出て来ました。

幸い明日から休暇に入るので、ケガをした箇所に負担がかからないような生活は出来そうです。

いよいよ明後日の元旦から帰省ですが、ノートパソコンを持参する予定です。年末年始を挟む案件があるので、4日以降の休暇中に何かあっても、最低限の対応が出来るようにするためです。

普通なら絶対にここまでやらないのですが、信頼して任せてもらった仕事の中に年末年始を挟む案件があるため、思い切って購入してしまいました。

あとは、このパソコンがフル稼働しないように祈るだけです。

こうして考えると、本当に年内の業務が終了したと言えるのか、ちょっと疑問です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/30

コミケ2日目

今日も朝からコミックマーケット77の会場にやって来ています。

昨日に続き、天気に恵まれたのは幸いでした。相変わらず寒いのは同じですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初日取材終了

コミケ初日の取材後、事務所で作業を行い、ようやくこれから帰宅です。

約8時間後、またこの電車に乗っているかと思うと切ない。

確かに体力的には辛いですが、これだけの人数を集める何かを感じるためには、他には得難い貴重な機会です。

エンターテイメントの世界だけに限らず、現場に行かずして理解することは出来ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/29

コミケ77取材

コミケ77取材
本日は、朝からコミックマーケット(コミケ)77の取材に来ています。

これから3日間、日本最大の同人イベントが開催されます。

年内最後の仕事。
毎日体力勝負ですが、がんばって行きますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/28

せきずいワンマンライブ in SHIBUYA CLUB QUATTRO(速報版)

先程、「SHIBUYA CLUB QUATTRO」で行われた『せきずい』のワンマンライブに参戦して来ました。

Dsc_8005
(幸せ配達型ロックバンド『せきずい』)

自分にとっては、4ヶ月ぶりのライブでしたが、復帰戦がこのライブで本当に良かったと思います。

膝のケガが完全ではないので、カメラを2台稼働させたにも関わらず、驚くくらい少ないショットしたありませんでした。動けないので、「待ち構えて撮る」みたいな形になるので、仕方ありません。

楽しみにされている方もいらっしゃるので、まずは「速報版」として、一部を先行公開させていただきます。

Dsc_7611
(Drs. リョウ)

Dsc_7622
(Gt.&Vo. ゴウ。目が合って…)

Dsc_7624
(久しぶりでも、しっかりとカメラ目線をいただきました。)

Dsc_0032
(Gt. テツヲ)

Dsc_7683
(Key. ヨシアキ)

Dsc_7703
(Bass カズヒロ)

Dsc_7711

Dsc_0069

Dsc_7744

Dsc_7749

Dsc_0095

Dsc_7769

Dsc_0117

Dsc_7803

Dsc_0133

Dsc_7908

Dsc_7942

Dsc_0188

Dsc_0201

Dsc_8090

Dsc_8168

Dsc_8171

Dsc_0273

Dsc_0299

4月10日には、同じ渋谷にある「O-West」でのワンマンライブ開催が発表されました。

Dsc_8189
(これがそのポスター。ライブが終わるとロビーに出現していました。)

2月10日のミニアルバム『One』の発売。さらに新譜と旧譜から第一興商のカラオケDAMでの配信も決定。来年は、ファンにとって、年明けから楽しみなことが増えそうです。

歌束
歌束
posted with amazlet at 09.12.28
せきずい
インディーズ・メーカー (2008-06-25)
売り上げランキング: 156418
おすすめ度の平均: 5.0
5 さらに曲の世界が広がりました

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009/12/27

ライブ終了

ライブ終了
『せきずい』ワンマンライブが終了。

会場のロビーは、たくさんの人で混雑しています。

少し落ち着いてから、帰ろうかと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/26

忘年会終了

忘年会終了
今年最後(?)の忘年会が終了。

押井監督にもご挨拶を済ませ、これでひとつ区切りがつきました。
それにしても、著名な映画監督が何人もいて、人気作家、俳優、女優にグラビアアイドルまで、すごいメンバーが集まった宴席でした。この中にいると、己の小ささが改めて実感出来、いい刺激になりました。閉じた小さな世界で競うのではなく、こうした方々と大きな仕事が出来るように日々研鑽を積まねばなりません。

さて、明日は『せきずい』のワンマンライブ。約4ヶ月ぶりの参戦です。

まだケガから回復していないので、様子を見ながらの撮影になりそうです。


ドン・キホーテのピアス (13) どうしてニッポンはこんなに便利で息苦しいのか?
鴻上 尚史
扶桑社
売り上げランキング: 150471
おすすめ度の平均: 4.0
4 社会性を考察する人にお勧め

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/25

年賀状を書かねば…

会社で100通近い年賀状を書き終えたと思ったら、今度は、自宅用のが、ほぼ手付かずで待っておりました。

プリンターが壊れてしまい、修理にお金と時間がかかるようなので、思い切って新しいのに買い替えました。

PM-A850という2003年10月に出たエプソンの古いプリンターですから、もう6年前のモデルです。買ったのは、発売後しばらくしてからだったとはいえ、5年以上経ってますから、壊れても仕方ないのかも知れません。

EPSON カラリオ・プリンタ PM-A820

今度買ったのは、同じエプソンのEP-802Aという最新モデル。
無線LANに対応しているので、自宅にある4台のどのパソコンからも出力出来るはずです。
買いに行く暇がないので、Amazonで購入。結果的には、近所のヤマダ電機よりも安かったみたいです。しかも買った翌日に届くとは、非常に便利です。

EPSON MultiPhoto Colorio 有線・無線LAN標準搭載 フォト複合機 6色染料インク EP-802A
(エプソンのEP-802A)

キヤノンのMP640とどっちにしようか迷ったのですが、でっぱりが少ないのと、カメラがニコンなので、どうしてもキヤノン製品に抵抗があり、多少の点は目をつぶって、このプリンターにしました。

Canon PIXUS インクジェット複合機 MP640
(キヤノンのMP640)

 

届いたプリンターを前に設定をしようと思っておりますが、果たして、今から始めていいものでしょうか?この手のモノは、作業が泥沼化すると、軽く朝を迎えそうな気がします。

まずは、軽いところから始めてみますか。


筆まめVer.20 アップグレード・乗り換え専用DVD-ROM
クレオ (2009-09-04)
売り上げランキング: 6
おすすめ度の平均: 4.5
5 筆まめいいですね。
5 無事に届きました
5 変わらない操作性
4 安心して使えます
5 使い易いソフト

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/24

クリスマスイブ

今日は、クリスマスイブ。
家族や大切な人と過ごす日。

世間一般は、そうなのかも知れませんが…

そんなの関係ねぇ!
そんなの関係ねぇ!
そんなの関係ねぇ!

ごく普通に通常営業で動いております。


そんなの関係ねえレゲエ
カッティー
UNIVERSAL J(P)(M) (2008-01-30)
売り上げランキング: 172334
おすすめ度の平均: 4.0
4 驚いた

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/23

続々・せきずいワンマンライブ復習

せきずい』ワンマンライブ直前企画第3弾!

最後は、前回のワンマンの時に使った「表情を追っかけるカメラ」で撮影した写真をドドンと一挙に大公開します。

データをアップしながら、「もう少し~しておけばよかった」とか「ピントや絵が甘い」とか、ひとり反省会をしているような感じです。時間が空くと、冷静に見えてしまうので、ちょっと辛いですね。

Dsc_4210
(Gt. テツヲ)

Dsc_4220
(Gt.&Vo. ゴウ)

Dsc_4224

Dsc_4225

Dsc_4229
(Bass カズヒロ)

Dsc_4231

Dsc_4232
(Key. ヨシアキ)

Dsc_4234

Dsc_4240
(Drs. リョウ)

Dsc_4245

Dsc_4246

Dsc_4247

Dsc_4251

Dsc_4252

Dsc_4255

Dsc_4261

Dsc_4270

Dsc_4272

Dsc_4278

Dsc_4283

Dsc_4295

Dsc_4308

Dsc_4318

Dsc_4333

Dsc_4337

Dsc_4342

Dsc_4346

Dsc_4348

Dsc_4362

Dsc_4366

Dsc_4369

Dsc_4375

Dsc_4385

Dsc_4397

Dsc_4407

Dsc_4410

Dsc_4424

Dsc_4418

Dsc_4425

Dsc_4431

Dsc_4435

Dsc_4437

Dsc_4441

Dsc_4466

Dsc_4476

Dsc_4479

Dsc_4484

Dsc_4487

Dsc_4504

Dsc_4515

Dsc_4518

Dsc_4519

Dsc_4520

Dsc_4526

Dsc_4535

Dsc_4561

Dsc_4566

Dsc_4568

Dsc_4570

Dsc_4586

Dsc_4589

Dsc_4594

Dsc_4596

いよいよ、ワンマンライブ当日は、4日後に迫って来ました。

残念ながら、痛めたケガの回復が予想よりも遅れていて、当日は、撮影が出来たとしても、かなり制限された動きになりそうです。

深く曲げたり、しゃがんだ時に右膝を床に着けられないのは、致命的です。
何かいいサポーターがないか、明日、スポーツ用品店に行ってみようと思っています。
バレーボールやスケボーとかで使う、膝に厚いパッドが入っているものを使えば、多少はマシかも知れません。

あとは、現場の勘ですね。
事故に遭う前から、すでにここ数ヶ月ほど、ライブ写真から離れていて、記者会見取材などの動きの少ないものしか撮っていないのが非常に不安です。

これ以外にも、いくつか気になることがあって、悩みは尽きませんが、考えても仕方ありません。やれるだけのことしか出来ないので、無理をせずに目一杯楽しむつもりでやるつもりです。

歌束
歌束
posted with amazlet at 09.12.23
せきずい
インディーズ・メーカー (2008-06-25)
売り上げランキング: 147501
おすすめ度の平均: 5.0
5 さらに曲の世界が広がりました

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/12/22

ここまでやる?

12月も20日を過ぎ、巷は、すっかり年末ムードです。

お店には、年末年始のスケジュールを貼り出してあるところも少なくありません。

ここまでやる?

写真は、ある24時間年中無休のスーパーの貼り紙。

いささかのゆらぎもなく、強い意思すら感じます。

しかし、ここまでやる必要があるのだろうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/21

続・せきずいワンマンライブ復習

この日は、2台のカメラで撮影しました。
雰囲気と動きを押さえるためのものと、表情を押さえるもので役割をわけてみました。
以下は、動き優先で撮った写真です。

PCだと、クリックすると写真を拡大してご覧になれます。

Dsc_5443

Dsc_5451

Dsc_5473

Dsc_5494

Dsc_5542

Dsc_5543

Dsc_5554

Dsc_5568

Dsc_5572

Dsc_5575

Dsc_5603

Dsc_5612

Dsc_5622

Dsc_5625

Dsc_5629

Dsc_5655

Dsc_5660

Dsc_5665

Dsc_5706

Dsc_5743

Dsc_5770

Dsc_5770_2

Dsc_5771

Dsc_5779

Dsc_5812

Dsc_5836

Dsc_5858

Dsc_5872

Dsc_5875

Dsc_5877

Dsc_5883

Dsc_5916

Dsc_5939

Dsc_5961

Dsc_5963

Dsc_5969

Dsc_5972

Dsc_5974

Dsc_5977

Dsc_5983

Dsc_5987

Dsc_5994

Dsc_6007

Dsc_6011

Dsc_6019

Dsc_6021

Dsc_6023

Dsc_6029

Dsc_6035

Dsc_6051

Dsc_6060

Dsc_6064

Dsc_6071

Dsc_6080

Dsc_6088

Dsc_6090

Dsc_6114

Dsc_6122

Dsc_6151

Dsc_6154

Dsc_6162

Dsc_6188

Dsc_6189

Dsc_6193

Dsc_6199

 

Dsc_6213

Dsc_6232

Dsc_6265

Dsc_6273

Dsc_6282

Dsc_6287

Dsc_6288

Dsc_6305

Dsc_6309

Dsc_6320

Dsc_6324

Dsc_6330

Dsc_6345

Dsc_6372

Dsc_6378

Dsc_6386

Dsc_6387

Dsc_6389_2

歌束
歌束
posted with amazlet at 09.12.20
せきずい
インディーズ・メーカー (2008-06-25)
売り上げランキング: 144208
おすすめ度の平均: 5.0
5 さらに曲の世界が広がりました

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009/12/20

せきずいワンマンライブ復習

せきずい』のワンマンライブを1週間後(12月27日)に控え、予習と復習を兼ねまして、今年の7月25日にSHIBUYA CLUB QUATTROで行われた前回のワンマンの未公開写真を一挙大公開します!

まずは、開演前の様子から。

Dsc_5387

Dsc_5388

早い時間から列が出来ていました。
受付があるフロアは、この通り。

Dsc_5386

たくさんのお祝いの花が寄せられていました。
ひまわりの花にあふれ、『君よ』に出て来るワンシーンを思い出しました。

Dsc_5385

そして、『せきずい』メンバーからは、ホスピタリティーに満ちたメッセージが。

Dsc_5384

まさしく、この時間、Gt.&Vo.ゴウがリハーサル中にステージから転落するアクシデントが発生。一時は、どうなることかと肝を冷やしました。

Dsc_5390
(直後の様子。緊張した雰囲気が流れます。)

Dsc_5389
(氷で患部を冷やすGt.&Vo.ゴウ。すぐ後ろをスタッフが慌ただしく駆け抜けて行きます。)

その後、楽屋で治療を行い、幸い大事には至らず(とはいえ、相当な痛みを堪えながらだったと思います。)、いよいよライブ開始時間を迎えます。

Dsc_5394
(後ろから見た開演直前の会場の様子)

Dsc_5395
(そして、これがステージから見た会場の様子)

開始時間を迎え、楽屋を出る『せきずい』メンバー。
ここからは、なかなか見られないステージに上がる直前の様子を連続写真で御覧ください。

Dsc_5398

(最初は、Drs.リョウ)

Dsc_5400
(続いて、Bass カズヒロ)

Dsc_5401
(次は、Gt.&Vo.ゴウ。直前の様子を見ているだけに、こうして歩いているだけでもすごいことです。)

Dsc_5403
(そして、Key.ヨシアキと続き)

Dsc_5405
(最後は、Gt.テツヲ)

Dsc_5408
(ステージ入口に向けたカメラにポーズで応える)

ステージ入口に全員集合。
円陣を組むメンバー5人。

Dsc_5412

Dsc_5418

 

Dsc_5420

Dsc_5421

Dsc_5424

Dsc_5425
(振り返るとひどく腰が痛むはずなのに、そんな様子を感じさせない笑顔を見せる姿に目頭が熱くなりました。)

Dsc_5426

Dsc_5427

メンバー全員がステージに上がったのを見届け、ダッシュでステージ前に移動します。

Dsc_5429

準備が終わり、そして、いよいよワンマンライブがスタート。

Dsc_5430

Dsc_5433

Dsc_5436

最初から、気合いの入った激しい動きと演奏に沸く客席の歓声の中、ゴウが痛みに耐えながら長いワンマンライブのステージを乗り切れるのかハラハラしていました。

歌束
歌束
posted with amazlet at 09.12.20
せきずい
インディーズ・メーカー (2008-06-25)
売り上げランキング: 143481
おすすめ度の平均: 5.0
5 さらに曲の世界が広がりました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/19

打ち上げ

公式サイトを担当している映画が劇場公開初日を迎えました。

打ち上げ

舞台挨拶が終わった後、

「ご一緒にいかがですか?」

のお言葉に甘えて、打ち上げに参加させていただきました。

打ち上げ

監督をはじめ、主演女優、俳優にスタッフや制作の方々、本当にすごい顔ぶれです。

監督やスタッフのみなさんの貴重なお話も伺えたし、女優さんともちゃんとお話が出来ました。

この作品の一端(ごく限られた一部に過ぎませんが)を担うことが出来たことを誇りに思います。

公開後も、まだまだ作業は続きますが、最後に「停戦命令」が出るまで、もうひと踏ん張りもふた踏ん張りもしなければと気持ちを新たにしました。


ASSAULT GIRLS AVALON(f)
ASSAULT GIRLS AVALON(f)
posted with amazlet at 09.12.19
押井守
徳間書店
売り上げランキング: 651

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/18

滝川クリステルの取材写真

一昨日取材で撮影した写真が載った滝川クリステルの記事がアップされました。

その記事は、こちらです。

最初にキープした場所から、全く動けなかったので、バリエーションを増やすために連射でしっかり撮りました。

こういう取材撮影も悪くはありませんが、やはり自分の中でのメインは、ライブ写真だと思っていますが、諸々問題を片付けて、一日も早く「現場復帰」をしたいものです。

Nikon デジタル一眼レフカメラ D300
ニコン (2007-11-23)
売り上げランキング: 42674
おすすめ度の平均: 5.0
4 さすがと思わせる性能
5 DXフォーマットのフラッグシップマシン
4 軽量装備での野生動物撮影に最適。街中での夜間を含めた撮影でも十分と感じた。
5 3年は使える傑作カメラ
5 APS-Cサイズ(DXフォーマット)のハイパフォーマンス機

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/17

営業日であと6日

12月も半分が過ぎ、「まだ半分ある」と思っていたら、営業日でいうと、あと6日しかないことに気がつきました。大晦日まで通常モードで動く予定だったので、すっかり油断してました。

やらなければいけないことを考えると、ちょっと考えただけでも怖くなります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/16

たくさんクリがとれました

たくさんクリがとれました
たくさんクリがとれました。

クリはクリでも、滝川クリステルさんですが。

これから、撮影機材に脚立という取材セットを持ったまま映画会社に年末のご挨拶。

荷物が多いと移動が大変です。

やっぱり滝川クリステルは斜め45度がいいのだ!
小倉 淳
講談社
売り上げランキング: 437358

| | コメント (0) | トラックバック (0)

クリ拾い

オフィスの中にいるよりは、外に出た方が良いことがあります。

今日は、朝から「クリ拾い」に来ています。
開場前だというのに同じ目的の人がたくさん並んでいます。
すごい道具を持った人ばかりなので、圧倒されそうです。

いいのがたくさんとれるといいのですが。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/15

体が資本

どこかに体に不具合があると、全力で走ることが出来ません。

肉体的なものだけでなく、気持ちの上でも未来に向かって思いっきり前に進めません。
何となく感覚ではわかっていましたが、いざ我が身に起こってみると非常に切実な問題です。

ここ最近のブログの記事を読み返しても、ネガティブな言葉ばかりで、読み返すと余計に気が滅入ってしまいます。

「体が資本」といいますが、本当にそうですね。


元気があれば何でもできる! (男のVシリーズ)
アントニオ猪木
ロングセラーズ
売り上げランキング: 456240
おすすめ度の平均: 5.0
5 真剣な猪木さんの気持ちに、心が打たれます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/14

似て非なるもの

ある映画監督にこういう話を聞きました。

「監督がわがままだからというのではなく、スタッフというのは、作品を良いものにするために、は労力を惜しまないものだ。」

また、あるお硬い放送局の偉い方からも、

「我々は、お客さんに今まで見たこともない面白いもの、すごいものを見せたいと思っているんですよ。そのためには、必死で考えて、動き回って、寝食を忘れてがんばります。時には予算も忘れてしまうこともありますが(笑)。制作現場の人間ってそういう者なんですよ。」

という話を過去に聞きました。

師匠からも、

「お客さんに喜んでもらえるのが、一番うれしい。客席のお客さんが笑顔でステージを見つめる様子を見る時が、最高の幸せだね。」

という言葉を何度も聞いて来ました。

エンターテイメント業界の感覚では、それが普通のはずなのですが、そうではないところを見ると、ここは違う世界なのかも知れません。

一見同じように見えますが、ガラス玉とダイヤモンドくらいに似て非なるもののようです。


蔓延する偽りの希望 (幻冬舎文庫―すべての男は消耗品である。)
村上 龍
幻冬舎
売り上げランキング: 146888
おすすめ度の平均: 4.5
5 タイトル通りです。
4 現代人なら読むべき。読みやすいのもよい。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/12/13

年賀状書きは人間関係の棚卸し

事前に一言あれば、何という話でもないはずなのに、それを欠いたばかりにこれまでの信頼関係や気持ちを損ねてしまうことがあります。

「言いたくなかった」ということではなく、多くは「うっかりしてた」「忙しかった」「言い出しにくかった」ということの方が多い気がします。

あまり重く考えていなかったことが、後になって考えると、実はほころびのはじまりだったりすることも少なくありません。

年末が近づき、年賀状書きの準備をしながら、ふとそんなことを考えています。
年賀状書きというのは、自分を取り巻く人間関係の棚卸しのようです。
新しく出来たつながり、いなくなった人。それが相手の本意であるか、うっかりであるかはわかりませんが、何となくもやもやした関係になってしまったのもあります。もちろん、逆に同じように疎遠になった思われていることもあるでしょう。

いろいろあり過ぎて、今年は、ちょっと疲れましたが、年に一度、少し日常と離れて、冷静に考えるというのも悪くはない気がします。

たいていの人々は小さな義理を返したがる。
多くの人たちが、中くらいの義理に対しては感謝の念をいだくが、 大きな恩恵に対しては、恩知らずの振る舞いに出ない人はまずいない。

(ラ・ロシュフコー)


ラ・ロシュフコー箴言集 (岩波文庫)
ラ・ロシュフコー
岩波書店
売り上げランキング: 9270
おすすめ度の平均: 4.0
1 訳文が読みにくい
5 ボディガードのような警句集
2 悪訳
5 フランスの剃刀
5 『取扱い注意。名刀「正宗」』

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/12

まずい展開

事故の後、継続して通院していますが、残念ながら、回復が思わしくありません。
今日の診断では、年末までこのままだと、年明けにも内視鏡手術の可能性が出て来ました。
事故直後は、ただの捻挫だと思っていたのに、思った以上に大げさなことになってしまい、困っております。
非常にまずい展開です。

ま、何とかなるでしょう。

「塞翁が馬」の言葉もありますし。
人生、何が幸いするかわかりませんから。


淮南子の思想―老荘的世界 (講談社学術文庫)
金谷 治
講談社
売り上げランキング: 74172
おすすめ度の平均: 5.0
5 老荘の出会い

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/11

年末挨拶巡り開始

業務の山がちょっと途切れたので、年末の挨拶巡りを開始。

最初は、デーブ・スぺクターさん。
収録と取材の間を縫って、お話をすることが出来ました。

年内最後の話は「大手小町」ネタで締めくくりとなりました。
昨日、『とくダネ』の女性スタッフに教えてもらったそうですが、書込みをプリントアウトしたものと、利用者属性の資料をお見せしたら、

「へぇ、こんな資料があるんだ。うわー、女性ばっかりだね!こんなに女性がいるところで、僕のことが話題になるようになったんだったら、うれしいよね。」

とおっしゃってました。

一番多くデーブさんを見ている方たちが、ちゃんと理解してくれててうれしかったですし、それを直接ご本人にお伝えすることが出来てよかったです。

帰り際、すぐ後に取材が入っているというのに、わざわざ「資料どうもありがとう!」と笑顔で見送ってくれた姿を見て、改めて、デーブさんのファンになりました。

さて、これでモチベーションが上がった(結構単純です。)ので、この勢いがなくならないうちに年内を乗り切ろうと思います。


放送禁止歌
放送禁止歌
posted with amazlet at 09.12.11
森 達也 デーブ スペクター
解放出版社
売り上げランキング: 282936
おすすめ度の平均: 4.5
5 国家権力が放送禁止にしているわけではない
5 引き込まれる
4 思考停止する前に。。。
4 補足を…
4 世の中の「気持ち悪さ」に気づかせてくれます

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/10

苦々しく思うこと

エンターテイメントビジネスの端に関わる身ではありますが、不況が続くせいか、どうすればカネを取れるかを考える人はいても、どうすればお客さんが楽しんでくれるかを熱く語る人は身の回りに少ない。

「少なくなった」というべきかも知れませんね。

前者にしても、そのカネが何に対する対価であるかを考えれば、後者を無視することは出来ないはずで、より多くの収入を得ようとすれば、真剣にもっと楽しんでもらう方法を考えねばならないと思うのです。

それを忘れて、カネ儲けだけを考えて動いていたら、いずれ飽きられてしまうのは、火を見るより明らかでしょう。

それがわからないはずはないと思いますが、安易に楽な方に向かう業界の流れがどうにも苦々しくて仕方がないのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/09

2種類の未来

未来には、「選んだ未来」「つかみ取った未来」があると言います。

もちろん、全てがどちらか一方ではなく、双方が積み重なっていくものだと思います。
「選んだ未来」にも考えに考えて選んだものもありますし、「つかみ取った未来」でも手に届く範囲で間に合わせたものだってあります。

こういう不確実な世の中だから、波風立てずに大過なく穏便に流れに逆らわず生きるのが、一般的には「正しい」のでしょうね。

それでも、自分は、目指した夢や大義の実現に向けて、「つかみ取った未来」を手に入れたいと思うのです。切り立った岸壁に咲く花をよじ登って取るように。

安易に妥協して得た未来にどれほどの価値があることか。
今の自分は騙せても、死ぬ間際の自分は絶対に騙せないはずです。

例え、三振続きの人生であっても、カッコ悪くても、全打席フルスイングで終わりたいものです。もしかしたら、最後の最後にホームランが出るかも知れません。
もっとも、それだって、フルスイングでなければ、そんな奇跡も起こりませんが。


長嶋茂雄 背番号3の記憶~魂のフルスイング~
ミント (2006-08-30)
売り上げランキング: 109792

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/08

開戦記念日

本日、12月8日は、大東亜戦争(太平洋戦争)開戦記念日。

今、沖縄県の普天間基地移転問題でもめていますが、この件も1941年のこの日から始まったと言えます。

60年以上前の遠い過去の話ではなく、今に続く身近なものであることを改めて認識する必要があると思うのです。

ご参考までに をアップしておきました。


それでも、日本人は「戦争」を選んだ
加藤陽子
朝日出版社
売り上げランキング: 69
おすすめ度の平均: 4.5
4 タイトルに異和感あり
5 明治以降の5つの戦争に対する優れた考察
4 表紙には「高校生に語る」とあるが、内容はかなり高度
2 「戦争」を選んだのは、当時の権力者、指導者、決して普通の「日本人」ではない
5 戦争を知らない大人が真面目に読める本

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009/12/07

第3コーナー直前

この映画の公式サイトでは、硬い企画から、軟らかい企画まで色々考えて提案して来ましたが、プロデューサー・監督からは、ほぼ全て満額回答をいただき、驚くと同時に大変感謝しています。

・どうすれば面白くなるか?
・作品の世界観を伝えられるか?
・世界に誇る才能の思想を書き残すか?

この数ヶ月、純粋にこれだけを突き詰めて考えられたのは幸せでした。

回想モードに入るのは、まだ早いですね。トラック競技で言えば、第3コーナーに差し掛かったくらい。

まだいくつかの仕掛けを用意してますが、最後まで一気に駆け抜けたいと思います。


ASSAULT GIRLS AVALON(f)
ASSAULT GIRLS AVALON(f)
posted with amazlet at 09.12.07
押井守
徳間書店
売り上げランキング: 4374

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/06

リハビリ

これから年末にかけて取材が増えるので、それに合わせて準備をしています。
まずは、交通事故でケガした後、すっかり衰えてしまった体力を早く元に戻さねばなりません。

とりあえず、手ブレを量産しないように、腕と上半身の筋力だけでも先に戻るようにリハビリです。


ピンぼけ・手ぶれレスキュー ver4
コーパス (2009-08-21)
売り上げランキング: 902

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/05

悲壮感のない在宅勤務

見るつもりはないのに、つい見てしまう仕事メール。
やはりいくつも来ています。

月曜日に回すことも出来ない急ぎ案件もあり、自宅で作業をやっております。
基本的に私物の携帯とメールでやり取り出来ますし、ネットワークにつなげる環境があれば、大体のことがやれてしまいます。

便利な半面、オンとオフの区別が付かなくなって来ています。
実際、いろいろうるさいので、会社でやる仕事を早めに切り上げて、自宅に帰り、食事と入浴を終えてリフレッシュしてから残りをやるようなことも。もちろん、風呂敷残業ですが。

でも、ここには悲壮感も何もありません。
幸い自分がより良いものを作りたいと思ってやっている仕事なので、極めて前向きです。
流れに任せていても上手くいく時代ではないので、自分の目指すところに向かうためには、やれる時に全力でやっておかないと、絶対に後悔することになります。
成功するにしても、失敗するにしても、全力を尽くした後でないと、自分の中に不完全燃焼な部分が残ってしまいますから。

今は、こちらのサイトの企画・運営がまもなくピークを迎えます。

「アサルトガールズ」オリジナル サウンドトラック

単に頼まれたものを作って維持するのではなく、少しでも多くの人に作品の世界観や作り手の思いが伝わるようになればと思ってやっています。もし良ければ見てやってください。まだまだ仕掛けは続きますので。

夢は、無計画のほうが実現する

岡崎 太郎
梧桐書院
売り上げランキング: 1361
おすすめ度の平均: 5.0
5 自分がいかに、自分で勝手に決めた制約の中で生きているか、に気づかされます
4 断固たる決意
5 スルメ系本
5 効果も味わいも。じっくり効く内容。
5 勇気を与えてくれる一冊です!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/04

王様の耳はロバの耳

良いことがありました。
自分のことではありません。
そんなちっぽけな話ではなくて、もっとたくさんの人に喜んでもらえることです。

年明けの楽しみが増えました。
いずれ「あの時のことは、これだったのね」とわかってくださると思います。

それまでは「王様の耳はロバの耳」状態です。


王様の耳はロバの耳
王様の耳はロバの耳
posted with amazlet at 09.12.05
渡辺 一枝
講談社
売り上げランキング: 674914

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/03

なぜ雨の日に水浴び?

といっても、人間ではなく、ハトの話ですが。

冷たい雨が強く降っている中、水溜まりで水浴びをしているハトが4羽。

なぜ雨の日に水浴び?

真夏ならわかりますが、冬の雨の日になぜでしょう?

しかも複数いるので、特異な行動でもなさそうです。

汚れを落とすため?
寄生虫を落とすため?
痒いから?

不思議な光景なので、雨の中、しばらくハトの水浴びを見つめてしまいました。
(ちょっと現実逃避モードだったかも?)


ハトの大研究―古代から人とともに生きてきた鳥 (PHPノンフィクション)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/02

ストレスの原因を例えると

車の仕組みや原理を知らないまま、全てを完成品の輸入に頼ってしまうとどうなるか?
輸入が途絶えたら、その国はいずれ動かない車だらけの世の中になってしまうだろう。

全ての者が仕組みや原理を知る必要はないが、文明のレベルを維持するためには、技術者や科学者を育成しておかねばならない。

こういう当たり前のことを理解してもらうのに苦労することが非常に大きなストレスである。


飢餓国家ニッポン―食料自給率40%で生き残れるのか (角川SSC新書)
柴田 明夫
角川SSコミュニケーションズ
売り上げランキング: 136623
おすすめ度の平均: 3.5
5 真っ暗な日本農業の将来像
3 日本は果たして生き残れるのか・・・。
3 議論の前提に注意して読むべき
3 パラダイムシフト
3 日本の農政転換をするどく主張する本

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009/12/01

今からわかっていること

早いもので、今日から12月。

今年も残すところ、あと1ヶ月。大晦日までやらなければいけない仕事は、たくさんありますが、今からわかっていることが、ひとつあります。

この1ヶ月を乗り切れば、正月休み。ゴールが見えると、思いっきり突っ走れます。


おやじギャグカルタ
おやじギャグカルタ
posted with amazlet at 09.12.02
ビバリー (2008-09-23)
売り上げランキング: 2707

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年11月 | トップページ | 2010年1月 »