« 王様の耳はロバの耳 | トップページ | リハビリ »

2009/12/05

悲壮感のない在宅勤務

見るつもりはないのに、つい見てしまう仕事メール。
やはりいくつも来ています。

月曜日に回すことも出来ない急ぎ案件もあり、自宅で作業をやっております。
基本的に私物の携帯とメールでやり取り出来ますし、ネットワークにつなげる環境があれば、大体のことがやれてしまいます。

便利な半面、オンとオフの区別が付かなくなって来ています。
実際、いろいろうるさいので、会社でやる仕事を早めに切り上げて、自宅に帰り、食事と入浴を終えてリフレッシュしてから残りをやるようなことも。もちろん、風呂敷残業ですが。

でも、ここには悲壮感も何もありません。
幸い自分がより良いものを作りたいと思ってやっている仕事なので、極めて前向きです。
流れに任せていても上手くいく時代ではないので、自分の目指すところに向かうためには、やれる時に全力でやっておかないと、絶対に後悔することになります。
成功するにしても、失敗するにしても、全力を尽くした後でないと、自分の中に不完全燃焼な部分が残ってしまいますから。

今は、こちらのサイトの企画・運営がまもなくピークを迎えます。

「アサルトガールズ」オリジナル サウンドトラック

単に頼まれたものを作って維持するのではなく、少しでも多くの人に作品の世界観や作り手の思いが伝わるようになればと思ってやっています。もし良ければ見てやってください。まだまだ仕掛けは続きますので。

夢は、無計画のほうが実現する

岡崎 太郎
梧桐書院
売り上げランキング: 1361
おすすめ度の平均: 5.0
5 自分がいかに、自分で勝手に決めた制約の中で生きているか、に気づかされます
4 断固たる決意
5 スルメ系本
5 効果も味わいも。じっくり効く内容。
5 勇気を与えてくれる一冊です!

|

« 王様の耳はロバの耳 | トップページ | リハビリ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/46943344

この記事へのトラックバック一覧です: 悲壮感のない在宅勤務:

« 王様の耳はロバの耳 | トップページ | リハビリ »