« 2種類の未来 | トップページ | 年末挨拶巡り開始 »

2009/12/10

苦々しく思うこと

エンターテイメントビジネスの端に関わる身ではありますが、不況が続くせいか、どうすればカネを取れるかを考える人はいても、どうすればお客さんが楽しんでくれるかを熱く語る人は身の回りに少ない。

「少なくなった」というべきかも知れませんね。

前者にしても、そのカネが何に対する対価であるかを考えれば、後者を無視することは出来ないはずで、より多くの収入を得ようとすれば、真剣にもっと楽しんでもらう方法を考えねばならないと思うのです。

それを忘れて、カネ儲けだけを考えて動いていたら、いずれ飽きられてしまうのは、火を見るより明らかでしょう。

それがわからないはずはないと思いますが、安易に楽な方に向かう業界の流れがどうにも苦々しくて仕方がないのです。

|

« 2種類の未来 | トップページ | 年末挨拶巡り開始 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/46989037

この記事へのトラックバック一覧です: 苦々しく思うこと:

« 2種類の未来 | トップページ | 年末挨拶巡り開始 »