« 気になって仕方がない | トップページ | ワンフェス取材終了 »

2010/02/06

せきずい in 表参道FAB(2010.2.5)

昨日は、今年に入って初めてライブに行って来ました。
応援しているバンド『せきずい』の新年初ライブ&2月10日リリースのミニアルバム『One』が先行発売されるとなれば、行かないわけには行きません。

Dsc_1894
(幸せ配達型ロックバンド『せきずい』)

上手い具合にこの日は、午後から入っている仕事が会場の「表参道FAB」へ地下鉄で1本で行ける場所。テレビ番組の収録&スチール撮影(この日は、デーブ・スペクターさんの番組サイト用の写真と、頼まれて別の番組に使うインタビュー風景を撮影しました。せきずいを撮っているうちに本業でもカメラマンになってしまいました。いつもながら、デーブさんの深い知識と分析力には圧倒されます。)とやっと、いい感じで物事が回るようになって来ました。

とはいえ、最初からの参加は難しく、途中からの参加ですが。
今回のライブは、「Juscli」の企画イベント「ジャスクリ音楽祭Vol.3」。
「Juscli」とは、文化放送系の音楽出版社・番組制作会社セントラルミュージック(JCM)が配信するインターネットラジオ番組。現在13番組が週1更新で提供されています。

『せきずい』も「せきずいのハピデリ裏ラジオ」(全国13局で放送されている「ラジオアミューズメントパーク~せきずいのハピデリラジオ」の番外編)という番組を持っています。
ライブには、番組パーソナリティーのアーティストが出演し、今回が3回目になります。
この日の出演者は、下川みくに、ワカバ、工藤慎太郎、せきずい、熊谷育美の5組。

主催のJCMさんと自分とは、浅からぬ縁があります。
15年ほど前、コンテンツビジネスの仕事を始めた頃にご一緒したのが、JCMさんでした。
当時、前職の会社が番組のスポンサーをしていて、その番組を舞台に7社合同のメディアミックスプロジェクトもやりました。

エーベルージュ―最高の親友~ルームメイト~ (竹書房ガンマ文庫)
(オリジナルは、PC版の恋愛シミュレーションゲームですが、そこからラジオドラマやゲーム機版、CD、小説、コミック、フィギュアまでやりました。ゲームに有名声優を初めて使ったことで話題になりました。三石琴乃さん、緒方恵美さん、宮村優子さん、大谷育江さん[ピカチュウの声で有名ですね]、田村ゆかりさん、林原めぐみさん、かないみかさん、今井由香さん etc…という豪華なラインナップ。さらにキャラデザインは、『Zガンダム』の北爪宏幸さんというものでした。上手くいってる時は、「関係者」がやたら集まって来ましたが、逆風が吹きだした時は、あっという間にいなくなりましたね。)

何といっても、そのプロジェクトの事務局長をやっていただいたのが師匠で、今の『せきずい』につながっているのですから、浅いどころか深すぎる縁ですね。

関係者席には、当時番組でお世話になった方もいて、懐かしい気持ちになりました。

さて、話を戻しましょう。

階段を下りて、ホールに入ると、平日にも関わらず、かなりの観客でいっぱい。
『せきずい』(最後から2番目)の出番になると、「後ろの方が詰まって来ましたので、もう一歩前に進んでください。」とのアナウンスが2回コールされるほど。

混雑の中で撮るのは、仕事上慣れていますが、この状態なので「定点撮影になるのかな」と思っていたら、カメラを持っている自分の姿を見たお客さんが、

「どうぞ。撮りにくいでしょう?前のところに(撮影出来る)場所がありますよ。さっき、撮ってる人がいたから大丈夫ですよ。」

と親切に案内してくれました。
その周りのお客さんにもご協力をいただき、フェンスで区切られたステージと客席の間のスペースに入ることが出来ました。
みなさん、本当にありがとうございます。

今回の写真は、会場のお客さんのご協力で撮ることが出来ました。
それでは、当日の様子をご覧ください。

Dsc_1884
((せきずいの名前がコールされ、Space Cowboyの「Talking In Your Sleep」がSEで流れると、会場の熱気は一気に上がります。)

Dsc_1887
(歓声で迎えられる、せきずいメンバー)

Dsc_1888
(セッティングが終り、SEが止まると…)

Dsc_1889
(今年最初の音が会場に響きわたる!)

Dsc_1899
(Gt.& Vo. ゴウ)

Dsc_1903
(Key. ヨシアキ)

Dsc_1912
(Gt. テツヲ)

Dsc_1915
(Drs. リョウ)

Dsc_1918
(Bass カズヒロ)

右膝の靱帯と半月板が完治していないので、出来る限り動かないようにはしていたものの、やはり膝を曲げると痛みが走ります。
まめにアングルを変えたり、立ったり座ったりが出来ないので、ちょっと構図のパターンが少ないと思いますが、雰囲気だけでも感じていただければ、幸いです。
しかし、いつになったら治ることやら…

Dsc_1921

Dsc_1923

Dsc_1924

Dsc_1927

Dsc_1932

Dsc_1943

Dsc_1948

でも、そんな気持ちも吹き飛ばすくらいの迫力がステージから伝わって来ました。
やっぱり、ライブはいいものです。

Dsc_1951

ミニアルバム『One』の先行発売があるということで、このアルバムに込められた想いをゴウが熱く語った。

Dsc_1955
(「ひとりひとりのOne。ただ一人というOne…」)

Dsc_1959
(この写真からも熱い想いが伝わって来ると思います。)

Dsc_1961
(「後ろからリョウさん見えなかったんですよ」という声を聞いたので、多めにアップしてみました。)

Dsc_1962

Dsc_1964
(Bass カズヒロ[左]の襟元を直すGt.& Vo. ゴウ[右])

Dsc_1967

Dsc_1968

Dsc_1970
(Gt. テツヲ[右]のネクタイも直す)

Dsc_1975

Dsc_1982

Dsc_1988

Dsc_1992

Dsc_1997

Dsc_2012

Dsc_2018

Dsc_2021

Dsc_2025

Dsc_2027

Dsc_2033

Dsc_2037

Dsc_2040

Dsc_2043

Dsc_2056

Dsc_2066

Dsc_2067

当日のセットリストは、下記の通り。

・今夜君に会いに行くよ
・ELIE
・キミダケノウタ
・ガール
・いつか僕が…

『One』発売ということもあって、アルバム収録曲をメインにした組み立てでした。
音が太くなったといいますか、男っぽさが増した印象を受けました。

男子が「!」と思うようなカッコよさも出て来たので、今後、さらに男性の観客も増えてくるのではないかと感じています。

Dsc_2069

Dsc_2074

Dsc_2076

Dsc_2078

Dsc_2081

Dsc_2083

ライブの最後は、出演者全員によるセッション。
曲は、『WAになって踊ろう』(長野オリンピックのテーマ曲。NHK「みんなのうた」で流れてましたし、V6がカバーしてました。)。

Dsc_2090
(揃ったダンスで目立ちまくる3人のせきずいメンバー。左からKey. ヨシアキ、Bass カズヒロ、Drs. リョウ)

Dsc_2093
(動きが揃った3人のダンスの間から、ズイッとGt.& Vo. ゴウ[右]とGt. テツヲ[左]がマイクを持って現れると会場に笑いが巻き起こった。目立ち過ぎです(笑)。)

Dsc_2098
(会場の歌声を拾おうとするKey. ヨシアキ。「音声さんになっています!」と出演者からのツッコミも。)

Dsc_2101
(盛況のうちに終了した「ジャスクリ音楽祭Vol.3」)

本日は、渋谷「O-Crest」でせきずいとスムルースによる2マンライブが行われます。
行きたいのは、山々ですが、痛めた右膝が完治していない中、長い道玄坂を登って、さらに100段近いO-Crestまでの階段を上ることは出来ません。(今日もついさっきまで病院で治療を受けてました。)
明日は、仕事で朝から取材が入っているため、次の機会を待つことにします。

今日のライブに参加するみなさん、どうか思いっきり楽しんで来てください!

One
One
posted with amazlet at 10.02.06
せきずい
インディーズ・メーカー (2010-02-10)
売り上げランキング: 80795

|

« 気になって仕方がない | トップページ | ワンフェス取材終了 »

コメント

写真拝見させていただきました。
ありがとうございました。
セッションの前のゴウさんの写真
好きだなぁ・・・

6日、ゴウさんたら、客席の美人さんにニコニコしていて、
歌詞飛ばしちゃったんですよ、
それで、ついて出た言葉が「涙が出そうだ」ですって。
相変わらず楽しいライブでした。

CYROさんの膝が早く良くなりますようにclover

投稿: meru | 2010/02/08 23:43

>meruさん

コメントありがとうございます!
歌詞を飛ばした背景には、そんなことがあったんですね(笑)。
てっきり、新年初のライブで気持ちが高ぶっていたせいだと思っていました。
あまり近くにいると見えないこともあるんですね。

ご心配いただき、ありがとうございます。
完全復活には、ちょっと時間がかかりそうですが、「不自由なら不自由なりにがんばれば、いつもよりは違う絵が撮れるかも知れない」と思えば、それもアリかと。

とはいえ、不自由で仕方ないので、早く治って欲しいんですけどね。

投稿: cyro | 2010/02/09 21:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/47490218

この記事へのトラックバック一覧です: せきずい in 表参道FAB(2010.2.5):

« 気になって仕方がない | トップページ | ワンフェス取材終了 »