« たぶん大丈夫? | トップページ | 思わぬ展開 »

2010/02/24

ディアゴスティーニの「週刊 航空母艦 赤城を作る」を完成させるにはいくらかかる?

週刊分冊大百科の雄、ディアゴスティーニが、「週刊○○を作る」と称するものを出して久しい。

最新刊では、「週刊 航空母艦 赤城を作る」が発売で、絶賛CM放送中である。
帝国海軍栄光の象徴みたいな艦の精密模型を1m近いサイズで作れるとならば、軍オタの自分にも「!」と来るものがあります。

Akagi

しかし、CMでは、いつも通り、

「創刊号は、特別価格590円。」

とお手頃な値段を言うだけで、赤城を完成させるためには、一体どれくらいの時間と費用がかかるのかは、一切触れられていない。

・創刊号:590円 … ①
・2~100号:1,390円×99冊=137,610円 …②

①+②=138,200円

全部で100号なので、100週間かけて配本されるわけですから、ほぼ2年の時間と、約14万円の費用がかかる計算になります。

気が短い自分には、絶対に無理です。

これだったら、ハセガワから出ている1/350の赤城のプラモデルに、別売りの真鍮製のディテールアップパーツや木製甲板をくっつけた方がよっぽど安く出来そうです。

せっかくなので、ちょっと調べてみました。
価格は、Amazonで販売されているものです。(一応、他も調べてみましたが、送料含めて考えると、Amazonが一番安いかな?)

ハセガワ 1/350 日本海軍 航空母艦 赤城:17,532円 … ①
1/350 日本海軍 航空母艦 赤城

ハセガワ 1/350 赤城用ディテールアップパーツ スーパー:7,955円 … ②
1/350 赤城用ディテールアップパーツスーパー

ハセガワ 1/350 赤城用ディテールアップパーツ ベーシックA:3,518円 … ③
1/350 赤城用ディテールアップエッチングパーツ ベーシックA

ハセガワ 1/350 赤城用ディテールアップパーツ ベーシックB:3,518円 … ④
1/350 赤城用ディテールアップエッチングパーツ ベーシックB

ハセガワ 1/350 赤城用ディテールアップパーツ ベーシックC:2,751円 … ⑤
1/350 赤城用ディテールアップエッチングパーツ ベーシックC

ハセガワ 1/350 航空母艦 赤城用 木製甲板:6,153円 … ⑥
1/350 航空母艦 赤城用 木製甲板

ハセガワ 1/350 汎用ジャッキステー:2,601円 … ⑦
1/350 汎用ジャッキステー
ハセガワ 1/350 日本海軍 空母艦載機セット (零戦 九七艦攻 九九艦爆):1,575円 … ⑧

1/350 日本海軍 空母艦載機セット (零戦 九七艦攻 九九艦爆)

①+②+③+④+⑤+⑥+⑦+⑧=45,603円

金額にして、5万円弱。

ディアゴスティーニの約3分の1。

ちなみに完成するとこんな感じ。

Akagi_1

Akagi_2

 

Akagi_3
(ここまで作れれば、問題ないでしょう?もっと完成品写真を見たい人は、ハセガワのホームページをfご覧ください。カッコいいです!)

あとは、塗料とかパテとかの費用がかかるとしても、それでも半額くらいでは作れそうです。

ディアゴスティーニのは、1mを超えるといいますから、1/250モデルくらいでしょう。
ハセガワのプラモデルは、745mmなので、若干スケールは小さいですが、狭い日本の家に置くには十分過ぎる大きさだと思います。

しかし、ディアゴスティーニの過去のシリーズも軒並み同じようなものですが、これだけのお金と時間をかけて、組み上げた人はいるんでしょうか?
最初の3号くらいまでは、店頭で見ますが、5号以降なんて見たこともありません。
最後まで作っているのかも謎ですし、あれだけ宣伝費かけて儲かるのかも疑問です。

最初の数号だけで採算が取れるようになっている?
でも、「完走」する人が少ししかいなかったら、少数のキットを用意し、本を編集して発行するコストを負担するのは、ディアゴスティーニがとしてもしんどいはずです。

実に不思議です。

1/350帝国海軍航空母艦 赤城
大日本絵画
売り上げランキング: 168009
おすすめ度の平均: 5.0
5 保存版

|

« たぶん大丈夫? | トップページ | 思わぬ展開 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/47656184

この記事へのトラックバック一覧です: ディアゴスティーニの「週刊 航空母艦 赤城を作る」を完成させるにはいくらかかる?:

« たぶん大丈夫? | トップページ | 思わぬ展開 »