« ラストラン? | トップページ | 引き継げないもの »

2010/03/27

翼をなくした鳥にはなりたくない

昨日、東京国際アニメフェアで開催されたシンポジウム「劇場アニメビジネス 2010年の新たな潮流」を取材して来ました。

『スカイ・クロラ』でお世話になったプロダクションI.Gの石井朋彦プロデューサーが出演されるというので、最前列に。

会場に姿を現し、自分の姿を見つけるなり、驚いた顔で、

「えっ、何でここにいるんですか?」

「取材ですよ」

「またまた」

「本当に取材なんですよ。ほら。」

とカメラとICレコーダーを見せて、ようやくご理解をいただくことが出来ました。

『東のエデン』でのビジネスの事例と国内のアニメ映画を取り巻く環境など、貴重な話をたくさん聴けて有意義だっただけでなく、現場の最前線と自分の感覚がズレてなかったことに安心しました。

何より石井さんの、

「世の中がデジタル化した分、お客さんの志向はアナログ化している。音楽もライブは伸びているし、海外のアーティストもCDよりもライブに軸足が移っている。映画も同じように進むのではないか。」

という考えは、まさしく自分の考えと一致するものですし、

「今回上手くいったからといって、次でも同じことをやるつもりはないです。
前と同じことをして失敗するよりも、新しいことにチャレンジして失敗した方がいいじゃないですか。」

とのマインドも同じです。

「また一緒に仕事をしたい!」

と思い、シンポジウム終了後、石井さんに、

「ぜひ、次回作でご一緒しましょう!
『スカイ・クロラ』、『アサルトガールズ』以上のアイディアを出せる自信がありますから!」

と全力でアピールして来ました。

(ここでは書けませんが)ありがたい言葉もいただき、やる気がMAXになったのですが、我が身の行く末を考えると、少々不安要素があります。

次回作までちょっと時間があるので、その時までに何とかすればいいでしょう。
環境も変わるでしょうし、考えれば、方法はいくらでも出て来るでしょう。

これをやることなくして、自分はありません。
監督、プロデューサーの意向を汲んで、その思想をより正しく、強く伝えるために貢献出来る者は、自分に代わって出来る人は社内にいません。

以前、押井監督も、

「監督がうるさいからやるんじゃなくて、自分からいいものを作るために全力を尽くすのがスタッフなんだ。
僕は、そういう人たちと仕事をしてきたし、そういう人たち以外と仕事をするつもりはない」

とおっしゃっていました。

モノ作りの世界は、理屈だけでなく、ハートで仕事が出来ないと務まりません。

人生の貴重な時間と労力を使うなら、同じ志の人たちと全力を出し切るまでやりたいものです。

翼をなくした鳥にはなりたくない
今はかごに閉じ込められたとしても
いつか必ず高い空に羽ばたいてみせる

翼をください
翼をください
posted with amazlet at 10.03.27
虹の翼2002
Dreamusic (2002-05-22)
売り上げランキング: 86615
おすすめ度の平均: 4.5
5 世界に向けてのメッセージ。
4 サッカーだけでなく

|

« ラストラン? | トップページ | 引き継げないもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/47923816

この記事へのトラックバック一覧です: 翼をなくした鳥にはなりたくない:

« ラストラン? | トップページ | 引き継げないもの »