« 吾、捲土重来ヲ果タサン | トップページ | あの頃に比べれば »

2010/04/05

満開の桜を見ていると、ふとこんな歌を思い出しました。

100405_205301a

もろともに 我をも具して散りね花

        うき世をいとふ心ある身ぞ

                                                      西行

【意訳】
桜よ、散るときには、自分もいっしょに連れていって欲しい
この世の中にうんざりしてしまった私を

送別会や歓迎会に出ると、自分の葬式に出ているような気持ちになってしまいます。
それが続くと、日に日に気分が重く沈んでしまうのです。

西行・山家集 (学研M文庫)
井上 靖
学習研究社
売り上げランキング: 277207
おすすめ度の平均: 5.0
5 巨匠、井上靖は西行になにをみた?
5 西行のガイドブック

|

« 吾、捲土重来ヲ果タサン | トップページ | あの頃に比べれば »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/48007975

この記事へのトラックバック一覧です: :

« 吾、捲土重来ヲ果タサン | トップページ | あの頃に比べれば »