« あの頃に比べれば | トップページ | ストレス耐性が高い理由 »

2010/04/07

闇を書き写す

ここ数ヶ月、重くて暗い話ばかり書いている。

別に他人に言うことじゃないと思うけど、無理して明るい話題を書くつもりもない。
過ぎていく日々の中、自分の内に渦巻く感情に素直に向き合い、写し取ることも、また必要なのだと思っている。

光があれば、必ず影がある。
その影が暗いほど、わずかな光を可視化出来る。

だから、今は闇の部分を徹底的に書き写す。
重い扉の隙間から差し込むかすかな光芒を見逃さないように。

光あふれる昼間も、月のない夜も、同じ一日。
人生もそんなもんじゃないかと思う。

これもすべて同じ一日 (角川文庫)
銀色 夏生
角川書店
売り上げランキング: 184928
おすすめ度の平均: 5.0
5 思い出とともに
5 何年たっても・・・

|

« あの頃に比べれば | トップページ | ストレス耐性が高い理由 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/48018245

この記事へのトラックバック一覧です: 闇を書き写す:

« あの頃に比べれば | トップページ | ストレス耐性が高い理由 »