« せきずい in UENO BRASH(2010.6.5)(音出し編) | トップページ | せきずい in 川崎Serbian Night(2010.6.6)(速報版) »

2010/06/06

せきずい in UENO BRASH(2010.6.5)

昨日、東京・「UENO BRASH」で行われた『せきずい』ライブに行って来ました。

Dsc_9507
(幸せ配達型ロックバンド『せきずい』)

この日は、このライブハウスの店長 白木さんの誕生日(6月6日)の前夜祭ということで、『せきずい』をはじめ、『ひなた』、『ZILcoNIA』、片山 遼といった付き合いの深いアーティストが集結。

Dsc_9305

(左手の青と白の光る看板が「UENO BLASH」。ここは、パチンコ関係の企業が集まっている場所。パチンコの新台発表の取材でよく来ただけに不思議な感じがします。)

Dsc_9306
(これが、UENO BLASHの入口)

会場の中は、身動きが取れないくらいの大混雑。
入った瞬間、前回同様に定点観測となることを覚悟しました。

Dsc_9308
(最後列から見た様子。演奏しているのは、『ひなた』)

Dsc_9311
(『せきずい』のステージ開始直前の様子)

この日の『せきずい』の出番は、トリでした。
『ZILcoNIA』のステージが終わった後、幕が閉まり、舞台転換が始まった。
楽器の音や人が慌ただしく行き来する気配で幕の向こうで『せきずい』メンバーがセッティングをしている様子が伝わって来ます。

静かになったと思ったら、突然スルスルと幕が開き、セッティング中の『せきずい』メンバーが現れた。

「あれっ、もう始まってしまうの?」

と思った客席と、

「えっ、何でここで幕が開くの?」

という感じのステージ。

「見ていない」「見えていない」ということで、幕が開いたまま音出しが続けられました。
その様子は、先にアップした「音出し編」をご覧ください。

Dsc_9312_2
(音だしですが、照明を除けば、見た目は完全に本番に近い感じです。)

音出しが終り、一旦幕が閉められ、改めてステージがスタート。

Dsc_9321
(いつも見慣れた登場シーン)

それでは、当日の『せきずい』ライブの様子をご覧ください。

Dsc_9323
(Gt.& Vo. ゴウ。幕が開いて最初に現れた時は、誰だかわかりませんでした。「サプライズゲスト?」って思ったくらいです。)

Dsc_9340
(Bass カズヒロ)

Dsc_9354
(このライブハウスは、センター周辺は光が当たるので撮りやすいのですが)

Dsc_9364
(Key. ヨシアキ。ステージの両端は照明が暗いので、一番近いはずなのに光量が足りず撮りにくい。)

Dsc_9382
(Gt. テツヲ。撮影ポイントから最も遠く、光量が絶対的に足りないので、1/8~1/30秒のシャッタースピードしか切れません。200mmの望遠で、しかも動く被写体だと、まともに撮れないんですよね。)

Dsc_9374
(Drs. リョウ。ここは、ドラムセットがステージと同じ高さにあるので、こんな感じでほとんど見えません。)

Dsc_9389
(一瞬の隙を狙っても、こんな感じ。ライブ終了後に、なかなか撮れなかったことを本人に話すと、「ここは、低いから見えにくいんですよね。でも、その分、ワンマンでしっかり撮ってください!」とのコメントが。了解しました。ワンマンでしっかり撮らせていただきます!)

Dsc_9390

Dsc_9396

Dsc_9399

この日の『せきずい』は、昼間に埼玉県のイオン上里でインストアライブを2ステージを終えての参加。

3ステージ目ですが、力のこもったパフォーマンスを見せてくれました。

Dsc_9406

Dsc_9412

今回は、箱ライブでフルアコースティックスタイルのステージ。
過去にO-Crestで同様の試みがあったはずですが、右膝の負傷で行けてない(O-Crestの100段近い階段を上るのは無理でした。)ので、自分と しては初めての経験になります。

Dsc_9418

Dsc_9427

Dsc_9440

ここは、ステージと客席の距離が近い。
アーティストからすると、すぐ目の前に観客がいるという感じでしょうか。
「原宿RUIDO」時代を思い出しました。
このようなライブハウスでやるのは久しぶりのせいか、『せきずい』メンバーもこの雰囲気を楽しんでいるようでした。

Dsc_9437

Dsc_9444

エレキを入れているバンドが箱ライブで全部アコースティックスタイルでやると、いつもよりもインパクトが弱く感じられるのではないかと心配していましたが、後半尻上がりに盛り上げ、『今夜君に会いに行くよ』で一気に決めて、最後のセッション『チャリンコライダー』でしっかり締めてくれました。

Dsc_9442

Dsc_9458

Dsc_9456

Dsc_9463
(ステージの間で、この瞬間だけ帽子を取ったゴウ。帽子を被りっぱなしもいいですが、客席から表情が見えにくく、変化がわからないのが残念でした。あの目力と表情が見えないのは、もったいない。坊主だと長髪の時よりも見え方に変化が少ないので、帽子のオン・オフ、タオルなどの演出で見せ方を変えた方が映えると思います。)

Dsc_9466
(光が当たって、動きが止まった一瞬を狙って撮る。それでも1/20秒です。[200mmレンズだと、通常1/200秒以上じゃないとブレます。])

 

Dsc_9472

Dsc_9473

Dsc_9476
(UENO BLASH名物?ゴウとカズヒロのアピール合戦)

Dsc_9477

Dsc_9479

Dsc_9484

Dsc_9491

Dsc_9513

Dsc_9544

Dsc_9546

Dsc_9570

Dsc_9551

Dsc_9571

Dsc_9574

Dsc_9586
(最後の『チャリンコライダー』は、出演アーティスト+店長の白木さんといっしょにセッションで。)

Dsc_9588
(右の白いシャツがUENO BLASH店長の白木さん。)


せきずい / One 【CD】

せきずい / One 【CD】

価格:1,700円(税込、送料別)

|

« せきずい in UENO BRASH(2010.6.5)(音出し編) | トップページ | せきずい in 川崎Serbian Night(2010.6.6)(速報版) »

コメント

CYROさん
写真たくさんありがとうございました。
この日は残念ながら行けなかったので
見せてくださって嬉しいです。
熱気が伝わって来ました。

私ごとですが、
ゴウさんのカッコいい頭の形を隠す帽子
好きではありません(笑)

投稿: meru | 2010/06/07 06:22

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/48555491

この記事へのトラックバック一覧です: せきずい in UENO BRASH(2010.6.5):

« せきずい in UENO BRASH(2010.6.5)(音出し編) | トップページ | せきずい in 川崎Serbian Night(2010.6.6)(速報版) »