« マスコミの「手のひら返し」がやって来る! | トップページ | 航空自衛隊が次期戦闘機で守るものは? »

2010/06/26

雅びな肉食系ストーカー

今日の朝日新聞の朝刊3面記事にこんなベタ記事を見つけた。

住所入手し恋文 警官を書類送検

100626_195901_2
(記事タイトルには、懐かしい「恋文」の表現が)

今どき「恋文」って、なんでしょうか?
スペースの問題があるにしても、記者のセンスは古いなぁ…

と思って、記事を読むと、どうやら違うようです。

事件の内容は、こんな感じです。
58歳の長野県佐久署の男性警部補が、昨年11月に同県望月署勤務時に知人の親族女性に好意を持ち、
「駐車違反者の確認をしたい」
などと言って、同僚の交通課員に依頼し、運転免許証の照会システムで不正に女性の住所を入手して、12月上旬までに計3回、女性宅に手紙を郵送していたといいます。

情報が国家権力のネットワークに載ると、こういう危険があるという典型みたいな事件で、これはこれで大きな問題ですが、この事件は、手紙の中身が重要でした。
記事には、一行、

手紙には恋の感情を表す短歌や俳句が記されていた。

100626_195802
(記事には「手紙には恋の感情を表す担架や俳句が」とある)

恋の感情を表す短歌や俳句。
伊勢物語や源氏物語といった、平安時代の貴族のようです。
絶滅したと思いきやこんな形で生き残っていたので、ニュースになったのかも知れません。

あるいは、若者が「草食系」といわれる中、アラ還(around 還暦)警官が、恋愛感情で犯罪に走ったことがニュースになったとも考えられますが、そこまで行間から読み取ることは出来ませんでした。

最後まで読むと、確かに、この事件では「恋文」の表現が最も適切ですね。
事件の記事で「恋文」の文字を見たくはありませんが。

恋する伊勢物語 (ちくま文庫)
俵 万智
筑摩書房
売り上げランキング: 21314
おすすめ度の平均: 4.0
5 万智さんに惚れましょう
3 買いですが。
4 恋愛は女性が強い!
4 現代と変わらない、人を想う気持ち

|

« マスコミの「手のひら返し」がやって来る! | トップページ | 航空自衛隊が次期戦闘機で守るものは? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/48727217

この記事へのトラックバック一覧です: 雅びな肉食系ストーカー:

« マスコミの「手のひら返し」がやって来る! | トップページ | 航空自衛隊が次期戦闘機で守るものは? »