« それぞれの時計が再び動き出す時 | トップページ | それは「せきずい」なのか?それとも「せきずい」ではないのか? »

2010/09/10

4つの種火

ひとつの小さな種火でも、野山を焼き尽くすことが出来る。

それが4つもあるんだ!

この火をひとつにまとめて、大きくすれば、きっとすごいことが起こせる。

地を覆い、天を焦がし、闇を照らし、固く尖った氷をも溶かす。

何も不安に思うことはない。
全てを失ったわけでもない。

これだけの希望と可能性が残っているじゃないか!


一粒の麦もし死なずば (新潮文庫 シ 2-8)
ジッド
新潮社
売り上げランキング: 129710
おすすめ度の平均: 4.0
4 ジッドの自伝というよりは

|

« それぞれの時計が再び動き出す時 | トップページ | それは「せきずい」なのか?それとも「せきずい」ではないのか? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/49402607

この記事へのトラックバック一覧です: 4つの種火:

« それぞれの時計が再び動き出す時 | トップページ | それは「せきずい」なのか?それとも「せきずい」ではないのか? »