« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010/10/31

電子書籍狂騒曲

iPhoneやAndroid携帯といったスマートフォン、iPadやKindleなどのタブレット端末の普及を背景にここに来て一挙に電子書籍が話題になっています。

中には、「自炊」と称して、自分で紙の本を裁断してスキャナーで電子化している人もいるそうです。

FUJITSU ScanSnap S1500 FI-S1500
(「自炊」の方たちの御用達 富士通のScanSnap S1500)

電子書籍は、在庫を持たないし、流通も省けるので、安く流通出来るし、著者への印税も厚く出来るといいます。

Amazonは、Kindleで印税70%(実際は色々条件があって、満額取れるわけじゃないそうですが)という好条件を引っ提げ、その他、アップルやGoogleといった外資系が続々とやって来ています。

さらに、これだけの状況にありながら、講談社が、電子書籍の印税15%という空気の読めない契約書を著者に示しているというニュースも入って来ています。
これだけの状況にもかかわらず、依然として、既得権を維持し続けようとする意図が見え見えです。

この様子だと、国内勢はこの分野でも苦戦を強いられそうです。

さて、この電子書籍ですが、外資企業やマスコミが言う通り、本当に消費者にも著者にもいいことばかりなのでしょうか?

著者が書いた本がそのままの形で出ることは極めてまれです。
作品の構想や内容について、著者といっしょになって作り上げて行く「編集」、出来上がった文章をチェックする「校正」、どうやって売り出していくかを考える「宣伝」、どのようなものが求められているかを調査して、考える「企画」、その他たくさんの人の手が加わって、金を出すに値する「商品」となるのです。
作家を発掘し、育てるのも出版社の大切な機能です。

こうしたことを捨象して、著者や完成した作品やだけにスポットを当てて、騒ぎ立てるのは、どうかと思います。
今、完成した作家はいいでしょう。

でも、これからはどうでしょうか?
これまで出版社が担ってきた機能を誰かがやってくれなければ、その質は、著しく劣化していくのではないかと思います。
そして、結果として、市場も縮小していくでしょう。
その過程で「デジタル化による若者のコミック離れ」みたいなニュースも流れることでしょう。

自分は、恐らく音楽のように、作家をマネージメントし、プロデュースする、プロダクションみたいなところが出てくるか、出版社もそのような形に変わらないといけなくなって来ると予想しています。

エイベックスやアップフロントグループみたいな形で作家を抱えて、出版、テレビ化、映画化を含めてトータルでやってしまうところも出てくるはずです。(自分は、それが成功のカギだと思っています。)
その最右翼が、既存の大手出版社のはずなのですが、既得権の維持に汲々として変われなければ、いずれその座は新興勢力に取って代わられるでしょう。

あとは、メディアの特性を忘れてはなりません。
電子書籍のフォーマットは、統一されたものではありませんし、そのフォーマットが永遠に続く保証はどこにもありません。
紙であれば、紙とインクの物理的な寿命が続く限り、1000年後でも2000年後でも見られます。
電子書籍のフォーマットの問題も考えておく必要があります。

最近の電子書籍狂騒曲とも言える報道を見るたびに、基本的なことを忘れているのではないかと思います。

人は、「たくさんの本を抱えなくてもいい」「場所を節約出来る」「欲しいときにすぐに手に入れられる」「検索が楽」といった機能を求めているのであって、「電子書籍を読みたい」のではないという、最も大きなポイントを忘れてしまっているように感じられるのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/30

台風接近中

台風接近中
台風が関東地方に接近中ということで、お昼を過ぎて雨風が強くなって来ました。

病院から車を運転しての帰り道、ワイパーの動きで気持ちが悪くなり、ちょっと一休み。

車が止まっていたら、ワイパーが動いてても大丈夫なんですが…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/29

変わった味のペプシを出す理由とは?

また変わった味のペプシ「モンブラン」が発売されました。

(お徳用ボックス) ペプシ モンブラン 490mlペット×24本
(やはり強烈でした…)
時々登場するシリーズ(?)ですが、正直、二度と飲みたくない味ばかりです。

なのに、なぜ出すのでしょうか?

ペプシブランドを運営するサントリーの食品・食品事業部 石原圭子課長によると、その理由はこういうことだそうです。

・2本目を買ってもらうことは期待していない。
・限定品は味わいの驚きでブランドの新しさや楽しさを発信する手段。商品自体がペプシのPRになっている。

簡単に言ってしまえば、ネタだったんですね。
ペプシをクチコミしてもらうためのツールということです。

話題の商品なら、店頭に並べてもらえます。
マーケティング理論の固まりみたいにガチガチに商品が絞られたコンビニだって、扱える商品の中から各店舗がセレクトする裁量があります。
ふつうならコカ・コーラしか扱ってないコンビニのお店でも、話題性でそこにひっかかれば、清涼飲料水コーナーに置いてもらえるのです。
「あやしいペプシだけじゃ変だよね」とノーマルなペプシもいっしょに置いてもらえれば、目的は達成されることになります。

報道によると、サントリーの販売目標は、18万ケース

目標値だから、最初からそんなに作らないでしょうし、実際に売れないと思い
ますが、コストを計算すると、

490ml入1本140円(税別) ×24本×18万ケース=604,800,000円

かかるコストは、約6億円

ブログやTwitterでクチコミをしてもらい、ニュースメディアに取り上げてもらえれば、さほど宣伝費をかけなくてもいいですし、その結果、コカ・コーラが圧倒的に強い日本市場において、ペプシを並べてもらうのが難しいコンビニの棚やスーパーで扱ってもらえるなら、「宣伝費・拡販費」として、そんなに高いものではないと思います。

だって、コストの6億円の中には、当然利益も入っているはずですし、目的を達成したら、18万ケースも作る必要もないのですから。

そう考えると、なかなか上手く出来た宣伝だと感心してしまいました。

サントリー(日本ではペプシはサントリーが出している)のマーケティング部隊や商品開発部隊には優秀な人がいるはずなのに、なぜこんなマズいものを出すのか不思議に思っていました。

「ブログのネタや話のネタ用なんだろう」と冗談半分に話していたが、まさしくその通りとは思いませんでしたが、プロはここまで考えていたんですね。

これも継続して、消費者に存在が認知されていたからこそ、上手くいったといえます。単発でやったところで、成功することはないでしょう。
そこまでの「投資」が出来るというのが、大企業というか、サントリーのすごいところです。

(お徳用ボックス) ペプシネックス   350ml×24本
サントリー
売り上げランキング: 2572

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/28

寒い!

急に寒くなったのと、冷たい雨のせいで体感気温はかなり低い。

寒さに強い方だし、軍用フィールドジャケットも着てて防寒対策も十分なので、この程度大丈夫なはずなんだが、寒いのはなぜだろう?

そういえば、さっきから事務所内にいても寒気がするし、熱っぽいな。

もしかして風邪か?

おやじギャグカルタ
おやじギャグカルタ
posted with amazlet at 10.10.28
ビバリー (2008-09-23)
売り上げランキング: 12415

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/27

よせばいいのに(その4くらい?)

よせばいいのに、また買ってしまいました変わり味ペプシ。

よせばいいのに(その4くらい?)

今回は、モンブラン味。
マロンクリームがとぐろを巻いてるあのケーキです。

ひと口飲んで、思わず蒸せてしまいました。

とにかく甘ったるいです。
プリンに乗ってるカラメルソースをソーダで割ったような感じですね。

炭酸飲料命の自分でも1本に飲み干すのに、ずいぶん時間がかかってしまいました。

飲み終わった後には、ケーキバイキングでがんばってしまったような変な満腹感がありました。

吹き出す程まずいといった強烈さはありませんが、胸焼けしそうな辛さはあります。

3ヶ月後にディスカウントストアで1本50円で売られていても、絶対に買わないと思います。

中途半端なまずさなので、話のネタとしても弱い。

ちょっとがっかりなペプシでした。

(お徳用ボックス) ペプシ モンブラン 490mlペット×24本
サントリー (2010-10-26)
売り上げランキング: 361

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/26

木枯らし1号

夜になり、こちらでは予報通り強い木枯らしが吹いています。

木枯らし1号

まっすぐ前を歩くのもしんどいくらいです。

北風に大きな音を立てて揺れる木々の梢。
真夏の太陽はもう遠い遠い昔の思い出になってしまいました。


別れの曲~ショパン名曲集
アシュケナージ(ウラディーミル)
ユニバーサル ミュージック クラシック (2003-06-25)
売り上げランキング: 7387
おすすめ度の平均: 5.0
5 クラシック初心者ですが
5 この曲があったからこそ今の私がいるんだと思う
5 模範的かつ世界トップレベルの演奏!
5 お勧め
5 オムニバスの次に

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/25

どうにも救いようがない…

これからやっと回収出来るという時に捨ててしまったとは。

目利きが出来ない者にはダイヤの原石もただの土塊にしか見えなかったのだろうか?

素人ならいざ知らず、「プロ」と名乗り、その責任者の地位にある者がこんな事をして許されるものなのか?

どうにも救いようがない。

悪口雑言の限りを尽くしても、この悔しさは消えやしない。

ここまで来ると、呆れ果てて、全く言葉が出て来ない。

人を見る目がない人 (セオリーブックス)
植木 理恵
講談社
売り上げランキング: 111731
おすすめ度の平均: 4.0
5 (ビジネスパースンにも)実用的な心理学の本
4 一度読んでおいて損はない
5 ビジネスで成功する人
4 「人を見る目がない人」の読み所
4 採用・面接をテーマにした心理学・心理術の本

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010/10/24

最悪でなかっただけまし

右膝のリハビリのために毎週日曜日の午後は、ジムでマシントレーニングをしています。
事故前に比べると落ち込むくらいの状態で、ちょっと負荷がかかり過ぎようものなら、痛みが走ってしまいます。

それでも続けないことには、筋力が落ちて痛みがひどくなって、正常に動かなくなると言われれば、やらざるを得ません。

傷ついた関節内部の半月板は、治ることはないそうです。(関節の外の部分なら治ることがあるそうですが。)
痛みを押さえるためには、傷ついた半月板が横滑りしないように膝の周りの筋肉を鍛えて固めるしかないとのこと。
そう言われれると、痛みが和らいだからといって、トレーニングをやめるどころか、軽くすることも出来なさそうです。

事故から1年以上経ちますが、最初は「ただの捻挫と打撲傷だからすぐに治るだろう」と思っていたのに、まさかこんなことになってしまっているとは予想もしませんでした。
「完全に元に戻ることはない」と言われ、リハビリが不毛な努力に感じる時も少なくありませんが、幸い靱帯が切れたり半月板が割れたりして、手術や車椅子が必要な事態でなかっただけマシだと考えるしかなそうです。
打ち所が悪かったり、後続の車にはねられてたりしたら、死んでたっておかしくありませんし。

確かに悪い出来事だった。
でも、最悪ではなかっただけまし。
そう思うしかない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/23

レジューム状態

この1週間、結構神経を使うことが多かった反動で、今日は朝から頭の中でスクリーンセーバーが飛び交っています。

午前中、病院での電気治療の間も意識が飛びそうになりました。
帰宅後は、自宅で録りためたドラマ見るのと、積んだままになった本を読むことで、ほぼ時間がつぶれてしまいました。

ドラマの第1話と話題の番組、付き合いのある役者やタレントが出ている番組は出来る限りチェックしているので、それなりの量になります。
出演が重なったり、自分が忙しかったりすると大変です。
2倍速で見るハメになります。
それでも、ちゃんと押さえておかないと、イザという時に対応出来なくなります。

「自分だったらこうする」
「どこがウケたのか?」
「どこが悪かったのか?」

…なんてことを、あれこれ考えながら見ると、バラエティ番組1本見ても頭を使います。

おかげで今は、レジューム状態です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/22

くだらない話をくだらない話で終わらせない

「くだらない話」をおもしろおかしく上手に話す人は、世の中にたくさんいる。

しかし、「くだらない話」を本気で実現しようとする人は少ない。
年を重ね「大人」になるほど数を減らしていきます。

いくつになっても「くだらない話」を単なる話に留めることなく行動出来るバカであり続けたいものです。

そうでないと毎日つまんなくて仕方がないじゃないですか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/21

異動後、初の企画書

異動してから、新しい業務に関する企画書を全然書いていませんでした。

こちらの部署でも企画書は書かないといけないのですが、ExcelやAccessを駆使したものがデフォルトなので、どうにも手が出ませんでした。

能力的な問題もさることながら、改善的なものが多かったせいかも知れません。「今までになかった新しい経験を提供出来るものを作り出す」とかなら、がんばれるんですけどね。

先ほど、ようやく1本書き上げました。
壮大な夢ですが。
他の人にもわかりやすく、今のサービスから、どう進化していくかを段階を追って書いてみました。

文字だけのプロットで、まだ想いだけの荒いものですが、実現出来たら楽しいと思います。

今日と同じ明日はつまらない。死ぬまで安定より変化を求めていきたいものです。


あのヒット商品のナマ企画書が見たい!
戸田 覚
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 23257
おすすめ度の平均: 4.0
5 企画屋さんの必読書
2 ちょい期待はずれ。
4 意外とメジャー商品の「企画書」ってたいしたことないのね・・・
4 自分の仕事と比較する。
4 企画書シリーズの第2弾

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/20

壮大な積み残し

ただいまリハビリに行くため移動中。

限りなく定時退社に近い時間だが、全く仕事が片付いておりませぬ。

いつものように自宅でやれるものは自宅でやれるようにぶん投げただけ。

リハビリが終わって帰宅した後には、壮大なる仕掛かり作業の山が控えております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/19

明日できる仕事を今日するな

明日出来る仕事を今日するな
他人が出来る仕事を自分でするな

(ローマ人の言葉)

「明日出来る仕事を今日するな」

ローマだけでなく、トルコのことわざにも「明日出来ることは今日やるな」という似たような言葉があったように記憶しています。

「無理してやる必要はない」という怠惰な意味ではありません。

「明日はどうなるかわからない。
だから、不確かな明日のことをあれこれ考えてやるのではなく、今日は今日出来ることを精一杯やろう」

といった意味だったと思います。

あるかわからない明日を当てにして生きるのではなく、まずは今日という日をしっかり生きる。

こういう考え方って好きですね。

同様に、冒頭の言葉の後段も素敵です。

これも「任せられる仕事なら他人に任せてしまえ」って、話じゃなくって、

「誰にでも出来る仕事はするな。自分にしか出来ないような仕事をやれ。」

という意味。

いずれも毎日をひた向きに生きてなければ出て来ない言葉です。

今日の仕事がようやく終わりました。

さて、自分は今日出来る仕事をやり切っただろうか?
自分でなければ出来ない仕事だっただろうか…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/18

ソースおじさんを笑えないな

昼間、隣のテーブルで焼き魚定食に思いっきりソースをかけてしまったおじさん。

起死回生を図ろうと、その上から、大量の醤油をかけたものの、状況は確実に悪化。
焼きたての魚が1分も経たないうちに悲しい姿に。

箸でソースと醤油まみれになった焼き魚を口に運ぶたびに、

「チクショウ、チクショウ…」

とつぶやくおじさんの様子に切なくなりました。

「おじさん、いつかきっといいことあるよ。」

と心の中で応援しながら、店を後にしました。

そして、午後の仕事が始まると…

午後イチの会議で、偉い方々の前で、先日のトラブル報告があるのをすっかり忘れてました!

準備は出来ていましたが、問題は、今日着ていた服。

夏仕様のアメリカ海兵隊の制服でございます。

モスグリーンの単色だったのが、せめてもの救い。朝どっちにしようか迷ったドイツ軍の迷彩服だったら、どうなっていたか…

これでは昼間のソースおじさんを笑えやしません。

どこから見ても、立派なトホホ者でございました。


世界トンデモ映画劇場(2)トホホB級ホラー・サウンドトラック大全
映画主題歌
キングレコード (2001-02-21)
売り上げランキング: 397647
おすすめ度の平均: 4.5
4 トホホ映画ではないような・・・
5 世界トンデモ映画劇場(2)トホホB級ホラー・サウンドラック大全

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/17

流れる時間と秋の空

狂ったような暑さの記憶も、遠い昔のようです。

ただ、その影響は未だ小さくなく、本来であれば店先を賑わしているはずの秋の果物や野菜が出遅れているようです。

そのせいか、まだ本格的に秋を感じていませんでしたが、ふと空を見ると、すっかり秋の姿に。

流れる時間と秋の空

長い夏が続き、感覚的には流れがゆるやかになったように思えても、後戻りすることなく、確実に時は流れているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/16

ひとつクリア

休日にも関わらず、めんどくさい用事が入ってしまい、昼から外出。
ひと通り思ったことを一気にしゃべって、とりあえずはこれでやることはやった。
まぁ、ひとつクリア。ということでいいのだろうか?
明日は、完全休養日になるといいな…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/15

一難去ってまた一難

ようやく今週の業務が終わった。

しかし、来週は月曜日から重い案件がめじろ押し。
さらに漏れなく、正解に、大量にという、自分が最も苦手とするものばかりです。

全く創造性を要求されないから、ひたすら苦行となるのが目に見えています。

一難去ってまた一難。

冷静に次に控えているものを考えると、仕事が終わった解放感よりも新たな疲労感に襲われてしまいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/14

行き過ぎた節煙の副作用

今月1日からのタバコの値上げを期に1週間に1箱からさらに節煙しようと思っていたんですが、細かいコントロールが出来ない性格なので、吸わないでいたら、もう半月が経ちました。

ここまで来ると、吸わなくても大丈夫になったような感じです。

今までも、喫煙所を探すのが面倒くさいので、事務所の外では吸ってなかったですし、休日や自宅では吸わないようにしてたから、割りと楽に乗り越えられたのでしょうね。

「これを全部吸ってしまったらやろう」

と値上げ前に5箱買っていたのですが、事務所の机の上で未開封のまま、転がっています。

この調子なら止められそうな感じですが、困ったことがひとつあります。

それは、今まで以上に酒量が増えてしまったこと。
お酒本来の味がクリアに感じられて、何を飲んでも旨くて仕方がないんですよね。
ちょっとヤバいかも知れません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/13

賢者モード

リハビリで身体中の水分が無くなるくらい汗をかいた。

汗といっしょに煩悩までも全て流れてしまったような爽快感。

気持ちもそうですが、頭の中もすっかりリフレッシュしたような感じです。

いわゆる「賢者モード」っていう状態ですね。

これから自宅に帰って、熱を持った右膝をしっかり冷さねばなりません。
ここでのケアが十分でないと翌朝痛くて膝が曲がらない事態になってしまいます。

熱が引くまで、ビールを飲みながら、ゆっくりするのも、密かな楽しみだったりします。

さて、今夜は何を飲もうか?

賢者の書
賢者の書
posted with amazlet at 10.10.14
喜多川 泰
ディスカヴァー・トゥエンティワン
売り上げランキング: 22197
おすすめ度の平均: 4.5
5 生き方に迷った時に読むべき1冊
5 学校の教科書としてみてはどうか。
5 “挑戦”に対する哲学は必見!!
5 賢者の書
5 おすすめ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/12

ソフトバンクの強さと孫正義の精神

先日、日経ビジネスの特集を読んでいたら、記事の中にこんなものを見つけた。

多くの企業で財務部門はブレーキ役となっている。だから仕組みとして目新しさは感じないが、財務部長の後藤芳光は「他企業の財務部門とはかなり違う」という。

アメーバのような自己増殖を続けるソフトバンクが手がける事業の90%以上はインターネット関連ビジネス。創業時点では、将来の収益を予想しづらい ものが多い。そうした事業に、「年間にどれだけのキャッシュフローを生むのか」「3年後の利益はどの程度か」といった通常のアプローチをすれば、大半は事 業化が認められない。「そんなことをしたら、常に成長を続ける企業集団たるソフトバンクは歩みを止めてしまう」(後藤)。

(日経ビジネス 2010年9月27日号「特集 孫 正義の世代交代論」)

社内で一番お堅い部門でさえ、こういう認識を持っているんじゃ、局地戦で勝てても、総力戦では勝てないなと思います。

10年ほど前、韓国の大手オンラインゲーム会社との提携話を進めていた時、担当者が韓国に戻った2週間の間にひっくり返されましたからね。
それまで何ヶ月も積み重ねて来たのが、一瞬にしてパーです。

先方の韓国本社の社長に直接 孫さん(=孫正義ソフトバンク社長)がアプローチして、合弁会社設立の話を付けてしまったとなれば歯が立ちません。
こちらは企業規模は大きくとも、一兵卒の平社員ですからね。

当時は、トップの孫さんとその周辺の一部だけが、すごいからだと思っていましたが、こういう記事を見てしまうと、孫正義の精神といいますか、孫イズムみたいなものがちゃんとソフトバンクグループという大組織に浸透していることがわかります。

これに勝つには、情報収集能力と行動力、そして決断力しかありません。
ベンチャーの雄、ソフトバンクもいまや立派な大企業。
そこが本格的に動く前に一気に仕掛けて攻める機動力があれば、勝てなくはないと思っています。
装甲の薄い駆逐艦が速力と小回りを活かして、一点勝負で大戦艦と戦うみたいな感じですが。

局地戦でもいいから、ゲリラ戦でなく、ちゃんとした正規軍で戦ってみたいものです。
たぶん、それなりに戦ってみせられると思います。

ソフトバンク「常識外」の成功法則
三木 雄信
東洋経済新報社
売り上げランキング: 20682
おすすめ度の平均: 5.0
5 経営者としての孫正義
4 孫正義氏の側近が書いたソフトバンク経営の実態
5 ビジネスマンを目指す方にはおすすめ
5 孫正義になるのは難しいが、学ぶべきポイントは多い
5 懐かしくもあり、新しく知ることもあり。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/11

Drs.リョウ&Bassカズヒロ(せきずい)support 堀川千尋レコ発ライブ in 原宿La Donna(2010.10.10)

10月10日、『せきずい』のDrs. リョウとBass カズヒロが、堀川千尋さんのレコ発ワンマンライブ『と私』にサポートで参加すると聞き、参戦して来ました。

Dsc_2827
(原宿にあるミュージックレストラン「La Donna(ラドンナ)」)

8月29日に吉祥寺で行われた活動休止前最後のライブ以来、ステージで演奏する姿が見られるのです。
ファンとしては、見に行かない訳にはいきません。

わずか1ヶ月半程度しか経っていないというのに、喪失感でどうにかなりそうだったので、まさしく干天の慈雨のようでした。

会場となった「La Donna」は、おしゃれなライブレストランといった感じの場所。
キャパは、70席くらいでしょうか。
ステージが高く、客席との距離も近い。
客席を見ると、『せきずい』ライブで見慣れた顔を10人ほど発見。

Dsc_2829
(開演前の中の様子。おしゃれなライブレストランといった感じです。)

お店の入口には、せきずいまにあ(=せきずいファン)から贈られた立派な花があったので、きっと行けなかった人も含めれば、かなりの方が今回のライブを注目していたのではないでしょうか?

行けなかった人のため、会場でよく見えなかった人のために、ライブを撮るのが自分の役目だと思っていますので、今日も無理をお願いして撮影許可をいただきました。

主催者のご厚意で、今回は、Drs. リョウとBass カズヒロについての撮影と本ブログでの公開をご了承いただいています。
この場を借りまして、改めて、堀川千尋さんとスタッフのみなさんに厚く御礼申し上げます。

19:00を過ぎると、客席は、ほぼ満席に近い状態。
そして、19:30の開演時間を迎え、堀川千尋さんを含め、出演者全員がステージに登場します。

リョウとカズヒロも、場所やサポートというシチュエーションのせいもあって、いつもと違う雰囲気だったので、ちょっと違和感がありましたが、それでも再びステージで彼らの姿を見られただけで自然に笑顔がこみあげて来ます。

上手(=かみて。ステージに向かって右側)にリョウとカズヒロがいる形。
一番右側にカズヒロがいるというのは、初めて見るので、とっても不思議な感じです。

Dsc_2831
(セッティング中の様子。これだけを見ると、『せきずい』が復活したように見えますね。)

衣装も今日に合わせて、いつもよりフォーマルっぽく、シックに抑えています。
こういうのも新鮮でいいものです。

Dsc_2840

堀川千尋さんの曲は、女性ボーカルで『せきずい』とは、全く違うテイスト。
どのような演奏を見せてくれるのかと楽しみです。

そして、

「ワーン、ツー…」

聞き慣れたリョウのカウントで曲が始まります。

Dsc_2843

いつもとは違った感じでドラムとベースが聞こえます。
表情も柔らかく、演奏も競い合いようにグワッと前に出てくるような感じではなく、うんと自己主張抑えた形でボーカルを引き立たせようとする姿勢に徹していました。

Dsc_2851

Dsc_2857

だから、リョウがスティックを高く振りかざし客席にアピールすることもありませんし、カズヒロがアンプを飛び越えたり、ステージを縦横無尽に動き回ることもありませんでした(笑)。

Dsc_2873

でも、こういう演奏も出来るんだな、と新しい発見でもありました。
メインボーカルと競うほどの存在感だったカズヒロが、譜面台を見ながら、一音一音丁寧に音を出す姿も初めて見ました。

Dsc_2863

『せきずい』流を出さずに、徹底して相手に合わせて最適な音を出そうとしている姿が印象的でした。
これまでと違ったものを吸収しようとか、演出方法を身につけようとする気持ちがなければ出来ないことです。
間違いなく、次を意識した「武者修行」なのでしょう。

Dsc_2865
(一音一音丁寧に演奏するBass カズヒロ)

Dsc_2928

第1部では緊張気味だったカズヒロも、第2部では、ややリラックスしたのか、ふとした瞬間に『せきずい』の顔を見せてくれました。

ファンとしては、うれしくなる瞬間です。

Dsc_2935
(『せきずい』の表情に戻った瞬間!)

Dsc_2945

Dsc_2951

Dsc_2978

Dsc_2988

Dsc_3002

Dsc_3047
(このアイコンタクトの姿をまた見ることが出来てうれしいです。

ライブ終了後に、二人にこの日の感想を聞いてみました。
最初は、Bass カズヒロ。

Dsc_3061

---約1ヶ月半ぶりのステージでしたがいかがでしたか?

「(笑顔で)ホント、楽しかったですね。」

---緊張していたように見えましたが?

「やっぱり、緊張しますね。場所も違うし、バンドではないですからね。
でも、今日は勉強になりました。」


---やはり、バンドとは違いますか?

「全然違いますね。意識しないといけないことも違いますし。」

---どっちがやりやすいですか?

「バンドですね。」

---次にステージに立つなら、どっちをやりたいですか?

「それは絶対バンドですよ!」

---では、ぜひ近いうちにバンドでステージに立ってください。楽しみにしています。

「ありがとうございます!」

続いて、Drs. リョウ。

Dsc_3062
(「さぁ、来い!」の掛け声とともにポーズを取るDrs. リョウ)

---約1ヶ月半ぶりのステージでしたがいかがでしたか?

「いやー、楽しかったですね。良かったです!」

---『せきずい』としてやる時との違いは何でしょう?

「『せきずい』でやる時は、自分はどんどん主張していいんですよ。
でも、こういう時には、相手をどう引き立たせるかを考えて、抑えないといけなかったりするんですが、反面、もっと自分を出したいという気持ちもあって、そういう自分の中でのせめぎ合いみたいなものが楽しかったですね。」

---今日は、女性ボーカルでの演奏でしたがどうでしたか?

「僕は、女性ボーカルの方が好きなんですよ。
好きなアーティストも女性ボーカルだったりしますし(笑)」

---また次を期待してもいいですよね?その日が早く来ることを楽しみにしています。

「ありがとうございます!また、次もやります。」

 

関西や中部地方からの遠征組を含む、熱いファンに囲まれ、忙しい中、二人からコメントをいただきました。

最後に、『せきずい』の復活を待ち望んでいるファンが見たい絵を撮らせてもらいました。
(誰よりも自分が見たかったというのもありますが。)

Dsc_3066
(まずは引きの絵から)

ツーショットを撮っていると、残っていた せきずいまにあ(=『せきずい』ファン)もいっしょに撮影。
ストロボに光に囲まれて、記者会見会場のようになってしまいました。

Dsc_3067
(次に寄りの絵)

Dsc_3070
(そして、笑顔で)

次のステップに向けて、彼らが前向きに進んでいること伝わって来ました。
いつか再び彼らが揃ってステージに立つ日を待つ自信が付きました。

想いや気持ちは負けないくらいありますが、正直それだけでは、頼りなく思う時もあります。
でも、こうした形で見せてもらえると、観念的な願望から、実体を伴った希望に変わるので、気持ち的にうんと楽になれます。

Dsc_3071
(最後にお約束の絵もいただきました(笑))

Gt. テツヲとKey. ヨシアキも、きっとどこか別のところで「武者修行」に励んでいることでしょう。
許す限り、その場に駆けつけて、こういった形でご報告出来ればと思っています。

One
One
posted with amazlet at 10.10.11
せきずい
インディーズ・メーカー (2010-02-10)
売り上げランキング: 197695
おすすめ度の平均: 5.0
5 いつか僕が・・・タイアップ決定!
5 ベスト アルバム

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010/10/10

既視感の中で

ライブを観て、この時間に原宿駅前に立つと、既視感と懐かしさに包まれます。

既視感の中で

しかし、原宿という場所は同じでも、月日の流れは周りの景色を思い出に変えてしまいました。

そして、変わってしまったものの中に変わらない何かと次につながる芽をを必死に探している自分がいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

今夜君に会いに行くよ

ここは、東京・原宿にあるライブハウス「La Donna(ラドンナ)」前。

今夜君に会いに行くよ

今夜行われる堀川千尋さんのレコ発ワンマンライブのサポートとして、『せきずい』のDrs. リョウとBass カズヒロが登場することになっています。

間もなく、活動休止後、初めてステージに立つ姿が見られます。

昨夜は、眠れず、朝の4時までに文庫本を2冊を読破。
朝も7時過ぎには、目が覚めてしまいました。
日中も時間が過ぎるのがひどく遅く感じ、何度も時計を見たことでしょうか。
ここに来る途中から、ずっと頭の中で『今夜君に会いに行くよ』がヘビーローテーションで流れています。

そして、ついにやって来ました。
今から本当に楽しみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/09

雨だけど気分は晴れ

今日は、朝から雨が降っていますが、気持ち的には晴れ。

明日の準備で久しぶりに撮影機材をいじっていますが、遠足の前日みたいな高揚感があります。

やはり、次につながるものがあるって大切ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/08

久しぶりに楽しみな週末

この1ヶ月半、不完全燃焼で一酸化炭素吐きまくりの週末を過ごしていましたが、久しぶりに「楽しみだな」って思える金曜日を迎えています。

好きな音楽が聴ける。

シンプルだけど、基本的なモチベーションの根源にかかわるものだけに、あるとないとでは、えらい違いです。
頭の上を塞いでいた大きな石の蓋が無くなったような感じです。

今夜は前向きな気持ちで、この一週間を締めくくれそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/07

ダブルで突き指

左手親指の突き指が治らないうちに、右手の親指まで突き指してしまった。

おかげで携帯を操作するのがメチャクチャ不便。

人差し指で携帯をいじっていると「そういう人」に思われそうな感じです。

しかし、不便だよな。
服のボタンも留められないし、靴の紐もしっかり結べない。
箸を持っても震えるし、力が入らないから掴めやしない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/06

次が始まる実感

実体のないものを、これまで想像力と気力で信じて来ましたが、この週末でようやく次が始まる実感を感じられそうです。

最初から完全である必要はない。
最後に完全であればいい。

その途中には、いろんな形があっても構わない。
時には、自分に合わないものもあるかも知れない。

アーティストは芸術家なのだから、たくさんの可能性を求めて当然である。
その挑戦の過程を楽しむのも、醍醐味のひとつではないだろうか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010/10/05

予告・久しぶりにライブ写真を撮りに行きます!

この週末、活動を休止した『せきずい』のDrs.リョウとBass カズヒロが、10月10日に原宿La Donnaで行われる堀川千尋さんのレコ発ワンマンライブでサポートで参加します。
8月29日の吉祥寺ライブ以来、約1ヶ月半ぶりにステージで彼らの姿と演奏を見られるのです。

吉祥寺ライブが終わった後、毎日が火が消えたような感じだったので、これほどうれしいニュースはありません。

急にテンションが上がって来ました。

どこまでも彼らを熱く応援するファンを自認する身としては、この機会を逃すことは出来ません。
もちろん、万難を排して参加する予定です。

でも、同じファンでも、気になって仕方ないのに、急な発表だったのと、会場が東京ということで参加が難しい方もいるかと思います。

いつもなら、写真でライブレポートが出来るのですが、今回は、堀川さんがメインのライブ。
いつもと同じようにはいかないと思っていました。

しかし!
特別に撮影許可をいただき、2人が演奏する姿を撮ることと、このブログでの
掲載をOKしていただけました!
堀川さん、スタッフのみなさん、そして、リョウさん、カズヒロさん、本当にありがとうございます!

「彼らの写真を撮れないなら…」と読モの女の子を撮る仕事をいただいたので、そっちに手を染めようと思っていましたが、いま一つ気が乗らず、待ってもらっているままでした。

やはり「撮りたいものを撮る」というのが大切なんだなと思います。

久しぶりの二人の勇姿については、後日、この場で発表させていただきますので、ご期待ください。

興奮と感動で震えて手ブレ写真を量産しないようにがんばります。

当日、現地で見かけたら、ぜひお声がけください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/04

ペーパーテストはすばらしい!

自分が学生の時は、あれだけ嫌いだったペーパーテストも、最近では「悪くないな」と思ったりすることがあります。

少なくともやっただけは、結果が出るものですし、正解さえちゃんと書いてあれば、採点者にどんなに嫌われようが、得点通りの評価はされます。
そこに恣意的なものが介入する余地は少ないからです。

卒業して、社会人生活が長くなると、ペーパーテストみたいに「わかりやすい」評価されるのは少なくなりますし、評価するのも難しくなります。

好き嫌いで決まったり、親分子分の関係で決まったり、巡り合わせで決まったり、理不尽な理由ともいえない理由で決まったり、わけのわからないことばかりです。

おまけに「正解」がありません。
最初は正解だったのに、途中から正解でなくなったり、間違いだと言われていたものが正解になったりするのですから。

そうした混沌が続くと、ふと昔のペーパーテストも悪くないなと思うのです。

正解はひとつだけ。
出題傾向を分析し、公式や単語を覚えて解けばいいという、情報処理能力が勝負。

実にシンプルでわかりやすい。

ペーパーテストって、すばらしい!

そう思いませんか?


バカとテストと召喚獣3 (ファミ通文庫)
井上 堅二
エンターブレイン
売り上げランキング: 3669
おすすめ度の平均: 4.5
5 とある事情から合宿で男子生徒が女風呂を除こうと「男vs女+先生」の馬鹿バトル
3 姫路さんが嫌な子になって来てる・・
3 1&2巻と比較して
5 なかなかおもしろい
5 バカとテストと召喚獣3を読んだ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/03

残像

ここは、昨日観に行った下北沢の劇場からわずか数十メートルの場所にあるライブハウス。

残像

以前ここにも来ました。
下北沢でやるなんて珍しかったから、よく覚えています。

こういう場所に来ると、そこに過去の残像を感じてしまいます…

残像スティック 2本組
コモライフ
売り上げランキング: 17368

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/02

野村かおりプロデュース はれるやん×外組 プロジェクトVol.01『ケセラッチョっ』 in 下北沢Geki地下リバティ

今日は、懇意にしていただいている俳優 向出淳拓さんのご招待で、野村かおりプロデュース はれるやん×外組 プロジェクトVol.01『ケセラッチョっ』に行って来ました。

開演を待っていると、いつもライブ会場でお会いしている せきずいまにあ(=「せきずい」ファン)の方が、すぐ隣に座っていて、びっくりしました。
向出さんと同じ外組の中野マサアキさんのご縁だそうですが、世の中は、どこでつながっているかわかりませんね。

二つの家庭を持つタクシー運転手の男がいる。
平凡だが、几帳面な性格を生かして、二人の妻との生活を成立させていた。
しかし、ある事故に巻き込まれたのをきっかけに歯車が狂い始める。
男と二人の妻、上の階に住む住人、そして警官の二人の警官。
ひとつひとつの嘘が誤解を生み、その誤解が絡み上手くかみ合って、また別の誤解を生み出す…といった内容。

上手く演じないと、一度観客が置いて行かれると、空回りしたまま進んでしまうので、難易度の高い作りですが、役者の演技力もあって、しっかりと成立していました。

中盤以降は、ストレートやアッパーカットのような大ワザと小刻みなジャブのような細かいギャグのてんこ盛り。演じる役者のパワーもビシビシ伝わって来ます。

ここのところ気持ちが沈むことが多かったのですが、久しぶりに声を出して笑わせてもらえました。

『ケセラッチョっ』は、10月3日(日)まで下北沢Geki地下リバティで開催中。
明日のお昼13:00からが最終公演の予定でしたが、好評のため、追加公演が17:00から行われるそうです。

もし、ご興味のある方はぜひお越しください!
素直に笑えます。

詳しくはこちらまで。

レイ・クーニー笑劇集 (劇書房ベストプレイシリーズ)
レイ クーニー
劇書房
売り上げランキング: 800076
おすすめ度の平均: 5.0
5 見ていても見てなくても

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010/10/01

「第三のたばこ」は出せないのか?その可能性を考えてみた

今日から10月。
たばこが1箱100円以上値上げされ、軒並み400円台に突入。
わかってはいても、自動販売機にズラリと並ぶ数字を見ると、かなりのインパクトがある。
まるで、牛丼屋の券売機のようである。

不景気が続く中、ここまで高くなると、庶民には手を出しにくい。
ビールのように、より安い発泡酒や大豆やえんどう豆を原料としたさらに安価な「第三のビール」が発売されたように、「第三のたばこ」は出て来ないのだろうか?
こういう環境だったら、出したら売れるのではないか?

JTやフィリップモリスのような専業メーカーは、自らの利益を減らすようなことをしないだろうし、今のビジネスモデルに最適化されている。また、税収を減らす減員となるものを販売して、行政の逆鱗に触れるようなことは出来ないかも知れない。

だったら、イトーヨカドーやジャスコのようなスーパーが、プライベートブランド商品を出したように、「第三のたばこ」を出してもいいような気がする。

しかし、なぜかそういう動きはない。
では、作れるかどうかを検証してみたい。

たばこは、ナス科タバコ属に属する植物である。
同じナス科の植物なら、似たような味になるかも知れない。

ナス科の植物を調べてみると…

ナス、トマト、ジャガイモ、ナス、トウガラシ、ピーマン、パプリカといった野菜がある。

これらの野菜の葉は、収穫した後に廃棄されるものなので、原価は安く押さえられるはずだ。それっぽい味を出すために、香料やフレーバーを加えれば、そこそこ行けるのではなか?

また、ホオズキ、クコ、チョウセンアサガオといったものもある。
漢方薬にも使われるものもあるので、健康に良さそうなものが出来そうだ。

ナス科ではないが、タンポポの葉とか、柿の葉とか意外なものから、イケる味が出せるかも知れない。

にもかかわらず、そのようなものを見たことがない。
せいぜい、咳を静めるたばこみたいな医薬品「ネオシーダー」くらいである。
(この「ネオシーダー」の原料は、ナス科のヤマアジサイらしい。)

もしかしたら、法律が関係しているのかと思い、たばこに関する基本法である「たばこ事業法」を調べてみた。

たばこ事業法

第二条  この法律において、次の各号に掲げる用語の意義は、当該各号に定め
るところによる。
一  たばこ タバコ属の植物をいう。
二  葉たばこ たばこの葉をいう。
三  製造たばこ 葉たばこを原料の全部又は一部とし、喫煙用、かみ用又はか
ぎ用に供し得る状態に製造されたものをいう。

ナス科のタバコ属に属する植物は使えないということだ。
これは、想定の範囲。
問題なさそうだ。

しかし、条文を読み進めていくと…

第三十八条  製造たばこ代用品は、これを製造たばことみなしてこの法律の規
定を適用する。
2  前項に規定する製造たばこ代用品とは、製造たばこ以外の物であつて、喫
煙用に供されるもの(大麻取締法 (昭和二十三年法律第百二十四号)第一条 に
規定する大麻、麻薬及び向精神薬取締法 (昭和二十八年法律第十四号)第二条
第一号 に規定する麻薬、あへん法 (昭和二十九年法律第七十一号)第三条第二
号 に規定するあへん並びに薬事法 (昭和三十五年法律第百四十五号)第二条第
一項 に規定する医薬品及び同条第二項 に規定する医薬部外品を除く。)をいう。

敵もさるものである。
これで、「第三のたばこ」も普通のたばこと同じ制限がかかり、かつ税金がかからない安い「第三のたばこ」を作ることは出来なくなってしまった。

では、税額を調べてみると、ちょっと可能性がありそうなことがわかった。
現在、国内で販売されている通常のたばこの場合、国たばこ税、道府県たばこ税、市町村たばこ税、たばこ特別税(国鉄の債務を払うための税です)の合計が1,000本当たり8,744円といいます。

しかし、「旧三級品」という、製造たばこ定価法 第1条で「中質及び下質の葉たばこを主原料に用いて調製したもの」として分類された銘柄については、減免税率が採用されていて、半額以下の4,150円となっている。

こちらのデータを使って、計算してみた。
国内の紙巻きたばこが、1箱(20本入)410円。
税額は265.38円(たばこ税244.88円、消費税20.5円)となる。
「第三のたばこ」が「旧三級品」と同じ扱いになれば、120円くらいは節税出来るし、材料費も今まで捨てられていた葉などの有効利用で下げられるので、ゴールデンバットの200円を下回る1箱150円~180円程度で作れるのではないか?(この辺は感覚で言ってます。)

マーケティングの世界では、20%安くなると消費者の行動を変えられるというそうだから、「第三のたばこ」には、十分勝算はありそうだ。

それなのに、どこも出さないのは、やはり味の問題なのだろうか?

詳しい理由を知っている方がいたら、ぜひ教えていただきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »