« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011/01/31

早く全力で戦える現場が欲しい!

久しぶりに大きな実績を持つ社外のクリエイターの話を聞きました。

感覚的には、社内よりもはるかに近い。
いつも感じることですが。

どっちかと言えば、レガシーな業界の方と思ってましたが、新しいメディアへの取り組みにも進んだところもあって、危機感を覚えました。

レガシーメディアがネットや新しい技術に対応しきらない隙に、上陸地点を確保し、戦うための陣地を早々に構築するのが戦略の基本だと考えていましたが、残された時間は、あまりなさそうです。

自分たちが、動いていない間、周りも動いていないわけじゃないんですよね。

立ち止まっている場合じゃない。
そういう焦りを感じました。

早く全力で戦える現場が欲しい!

大坂城に入城した関ヶ原牢人の気持ちがよくわかりますわ。

街場のメディア論 (光文社新書)
内田 樹
光文社 (2010-08-17)
売り上げランキング: 1250

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/30

アニメ『最強武将伝 三国演義』

朝からテレビ東京のアニメ『最強武将伝 三国演義』を観る。
中学時代に『三国志』にハマっただけに、この手のものは欠かさず観ます。

三国志 (56) (希望コミックス (172))
(横山光輝のコミック『三国志』は定番中の定番!)

最近のアニメに珍しく、普通の大人の視聴に耐えられる作品です。
中国で制作されたアニメなので、変に腐女子狙いとか、萌え狙いのキャラでないのも好感が持てます。

「ホリプロ50周年記念作品」ということで、声優はホリプロの役者やタレントばかり。
劉備が船越英一郎、曹操が鶴見辰吾、ナレーションが、鹿賀丈史といったベテランを配し、呂布がささきいさお、張飛が山崎裕太、関羽が松永博史といった感じです。(今日、登場した姜維役の山田純大って、確か杉良太郎の息子だったはず。)

実写のイメージが強い方なので、違和感があるかと思いましたが、すんなり入って行けます。諸葛亮役の「アリtoキリギリス」の石井正則も言われないとわからないくらい落ち着いた仕上がりになってます。(この人は本当に器用ですね。)

ホリプロも変なのを押しつけずに、ちゃんと押さえているなと感心しました。あと、いわゆるアニ声(アニメ声)が出て来ないのも好感が持てます。(もっとも、このキャストの中に入ったらブチ壊しですが。)

何より驚いたのは、中国製のアニメなのに、ひっかかることなく、自然に見られた自分。
メカ物とか、キャラ物だと、シリーズを通してのメリハリや山の持っていき方(テンポが早過ぎ。関羽や張飛もあっさり死んでしまいます。)などの部分などは、まだまだ日本製アニメとの差はありますが、歴史物みたいなものだったら、十分「使える」レベルではないでしょうか?

キャッチアップまでには、もう少し時間がかかるでしょうが、思ったよりも早そうな気がして来ました。中国の経済力もさることながら、こういうソフトウェア分野の行方も注意したいところです。

P.S:この作品を観るたびに「脾肉之嘆(ひにくのたん)」という言葉を思い出します。

横山光輝 三国志 第12巻 [DVD]
紀伊國屋書店 (2006-06-24)
売り上げランキング: 113942

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/29

取り残された感

夕刊を読んでたら、映画『白夜行』の深川栄洋監督が。

Dsc_0003

そういえば、以前、いっしょに舞台を観に行って、池袋に飲みにも行ったなぁ。

こういうのを見ると、「世の中は動いているな」って、感じるし、取り残された感を改めて実感します。

半分の月がのぼる空 [DVD]
ポニーキャニオン (2010-12-02)
売り上げランキング: 6427

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/28

顧客を逃がさずにどこまでお金を搾り取れるか?

最近、こんな記事を見つけました。
本場のカジノって、こんなことまでやっているんですね。

カジノ経営の米ハラーズは、「顧客を逃がさずにどこまでお金を搾り取れるかについて、実に高度な予測を使っている」という。

スロットマシンなどの使用状況や勝ち負けなどをリアルタイムで監視し、その顧客の年齢や居住地の平均年収といったデータと組み合わせて分析する。


これにより、顧客がお金をすっても楽しんでまた来店するのはいくらまでかを予測し、「この魔法の損失額数値を『痛みポイント』と呼んでいる」という。


このカジノでは、顧客が痛みポイントに近づくと、店のおごりでレストランに案内するといったこともしているそうだ。

いや、さすがは、ギャンブルの世界。
情け容赦ありません。

マーケティングという美しい言葉に包もうが何しようが、本質は、

「いかにカモからむしり取るか?」

この一言に尽きます。

もともとこの記事は、ソーシャルゲームについて書かれたもの。
コンピューター技術の発達で、顧客の行動や商品・サービスの市場価値を統計的に予測することが可能になって来ているから、ソーシャルゲームでも広がって行くだろうという話。

引用した部分は、イアン・エアーズの『その数学が戦略を決める』からのものですが(結果的に孫引きですね)。

ソーシャルゲームが大流行する「薄気味悪さ」

まぁ、こういう仕組みを入れたからといっても、ゲームそのものがつまんなければ意味ありません。
当たり前ですが。

当たり前なんですが、得てして「かしこい人」は、形(=ビジネスモデルってやつね)だけをマネようとするんですよね。

ゲームは楽しむものという本質がわかってて、「こういうものを作りたい!」とか「驚かせたい!」とか伝わって来ないと。

成功者のテンプレート通りにやって成功するんなら、誰も苦労なんてしやしません。

同じようなビジネスモデルでも上手くいってるところと、そうじゃないところがあるわけですから。

放送局しかり。
コンビニしかり。
航空会社しかりです。

フジテレビとTBSの業務内容と持ってる設備、収益モデルにどれだけ多くの違いがある?
セブンイレブンとサークルKサンクスで売ってるものと、店舗の作り、POSシステムを利用した受発注システムは?
ANAと経営破綻したJALのビジネスモデルの違いは?

ちゃんと「自分のお客さんが誰なのか?」をクリアにして、そのお客さんを「いかに満足させるか?」というのが、基本にないとね。
自分で汗をかいて考えて、他と違うものや喜ばせる演出をしっかりやれているかの差です。(コンビニの場合は、業界下位チェーンの方が差別化のために『キム兄の弁当』みたいなコラボ弁当とか面白いことをやっていたのですが、セブンやローソンといったところが資本力を使ってもっと有名な人やキャラクターを起用しているという厳しさはあります。)

中身もないのに、見た目だけ美しく取り繕って、その実は「家畜を太らせて食べる」みたいな目でしか消費者を見ていないとこが多過ぎるよ。

その数学が戦略を決める (文春文庫)
イアン エアーズ
文藝春秋
売り上げランキング: 636

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/27

動物だったら殺処分?

あちこちでインフルエンザが発生しているという話を聞きますが、一時に比べて、あまり騒がなくなった気がします。

市中からマスクが消えた時みたいな極端なのは勘弁して欲しいものですが、今はあまりにも無関心になってしまっています。
アルコール消毒やら、ワクチンをよこせだと、あれだけ神経質になっていたのに、手洗いやうがい励行すらどうかという状況ではないでしょうか?

一方で鳥のインフルエンザには、情け容赦ありません。
防護ネットの整備や消毒の徹底、作業着や靴の交換が義務づけられ、行政による監視も続けられています。
いったん発症すれば、周辺一帯で大量の殺処分行なわれます。

■鳥インフル:鶏15万羽の殺処分を開始 愛知・豊橋

本当にこれがベストの解決策だとしたら、インフルエンザが発生したら、人間も同じように「殺処分」されたっておかしくありません。(そんなことは出来ませんが)

○○社でインフルエンザが発生したので、○○人が殺処分されました。
××学校でもインフルエンザが発生し、××人が殺処分されました。

文字にするだけでも、なんとも恐ろしい話です。

「やむを得ない」と理屈ではわかってはいても、こうに考えると、しみじみと時に命の不平等を感じざるを得ません。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/26

また行けなかった

今日もまたトラブルで「リハビリ」に行けなかった。

何でこんなふうになるかね。
タイミング悪すぎやろ?

リハビリが終わって、汗に濡れた「トレーニングウェア」よりも、こんな感じで行けなかった時の方が重く感じるのはなぜだろうか?

朝から準備して、ラッシュの中、重い荷物を持って、仕事の調整をしていたのに、行けないとなってはがっかりもします。

このままじゃいかんね。
絶対に。

戦場―トランプ・フォース (中公文庫)
今野 敏
中央公論新社 (2010-09-22)
売り上げランキング: 128983

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/25

スマートフォン入力の練習は続く

いまだにスマートフォンの入力に難儀しております。

新しいフリック入力に慣れようとがんばってみましたが、もう限界。
効率が悪すぎます。

情けないですが、使いなれたガラケー方式でやることにしました。

それとて前に比べたら、格段に遅い。

クリック感がないというのが、こんなに不便とは思いませんでした。

一応、ネット業界に身を置く立場なので甘いことは言ってられないんですけどね。

果たして、前のペースに戻すには、どのくらいかかるんでしょうか?

スマートフォン入力の練習は続く。


iPad・スマートフォン・クラウド・Twitter・・・で結局、何が変わるんですか?
藤井伸輔 野村章
すばる舎
売り上げランキング: 102095

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/24

久しぶりの雨

事務所を出ると雨が。

今年に入ってから、関東地方でほとんど雨を見ていない。(九州では雪まで見たというのに)

これからひと雨ごとに春に近づいていくのだろうか。

また新しい季節が始まる。
同じように見えて全く違う季節が。

それは今も昔も同じなんだろうけど、最近は、このことを強く意識してしまう。
その時、その時を精一杯大切に過ごさないと、この時間は二度とやって来ないですからね。

モモ (岩波少年文庫(127))
ミヒャエル・エンデ
岩波書店
売り上げランキング: 1037

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/23

スマートフォンと絶賛格闘中

はじめて新しい携帯でブログの更新をしてますが、インターフェースが違うので慣れるまで激しく大変そうな予感が。

特に日本語入力のところが面倒臭い。
なんと言いましょうか、はじめて親指シフト入力を使って時みたいな感じですね。

これだけ打つのに、一体どれくらいかかったことか…

できるポケット au IS03をスマートに使いこなす基本&活用ワザ150
法林岳之 橋本 保 清水理史 白根雅彦 できるシリーズ編集部
インプレスジャパン
売り上げランキング: 546

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/22

機種変に振り回された一日

ちょっと特殊な方法で携帯の機種変をした。

自宅に送られてきた新しい携帯に新しいSIMカードを入れて、初期設定をして…

「おや?使えない。」

イレギュラーな形で入手したものなので、そこで不具合が見つかると、携帯ショップに行っても簡単には済まない。

「えっ、これってどうなってるんですか?」
「普通はこんなことはあり得ないんですが…」

携帯ショップの店員と携帯電話会社との間のやり取りも長くなる。
座って待ってる方も苦笑いしか出来ない。

どうやら、本来だと新規発行されないSIMカードが送られてきて、今までのと合わせて2枚存在するようなことが生じたから、使えなかったらしい。
通常は、前のSIMカードを生かしたままで端末増設か回線移行みたいな設定をしなければいけなかったらしいが、今回送られて来たSIMカードには、そういう設定がされてなかったらしい。

結構、時間がかかってしまい、終わった時には疲れてしまいました。
携帯ショップに行く前に、自分で設定を確認したり、ネットで調べたりしてましたから。
機種変に振り回された一日でした。

まぁ、何とか使えるようになったから、いいんですけどね。
インターフェースが大幅に変わったから、使いこなすまでちょっと時間がかかりそうです。


できるポケット au IS03をスマートに使いこなす基本&活用ワザ150
法林岳之 橋本 保 清水理史 白根雅彦 できるシリーズ編集部
インプレスジャパン
売り上げランキング: 481

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/21

こうでなければね

ただいまライブハウスから帰宅途中。

久しぶりに感じる充実感。
やっぱりこうでなくてはね。

春になれば、また枝から新しい芽が出て、再び新しい花が咲くのを楽しめる。
そんな気持ちになれました。

自宅最寄り駅まであとわずか、さて今夜は何を飲もうか?


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/20

これも明日のため

ようやく本日の業務終了。

こちらに来た球は、(多少強引なところもありましたが)あらかた打ち返しました。

これも明日早く帰るためです。

あとは残る一日を何とか乗り切るだけ!
頼むからトラブルだけは勘弁して欲しい。


繁栄――明日を切り拓くための人類10万年史(下)
マット・リドレー
早川書房
売り上げランキング: 2991

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/19

全てが悪いわけじゃない

急なトラブル対応で今年最初の「リハビリ」に間に合わず。

体調もすぐれないので帰ろうとしたら、事故で電車がストップ。

寒いプラットフォームで風にさらされてさらに体調が悪化。

満員電車に詰め込まれ、右膝のケガも悪化。

ついてない時は、ついてない。

ま、こんな日もありますわ。

今日は、昼間たくさんおもしろい話が聞けたから、良しとしましょう。

多くを望んではいけません。
影ばかり見てもいけません。


藤城清治 光と影の奇蹟
藤城 清治
美術出版社
売り上げランキング: 122339

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/18

ウルトラなダウニー

ウルトラなダウニー
香りが強い柔軟剤「ダウニー」。

国産のよりもちょっと高いけど、売れてるらしい。

ドラッグストアに行くと、日本製だけじゃなく、輸入品の本家(?)アメリカ製やその他メキシコ製、ベトナム製まであります。

ライセンス生産だから、どこの国製でも問題ないんですね。
少なくとも自分は気になりません。

そこでこんなものを発見。
「ウルトラ ダウニー」。
品質がウルトラなのか?
あるいは香りがウルトラなのか?

まさか、効果が3分間しか持たない!?

…なんてことはないよな。


Downy 柔軟剤 タンゴ3000ml メキシコ製
Downy(ダウニー)
売り上げランキング: 302

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/17

せっかくポジティブな内容を書こうと思ったのに

ちょっとした会話でHappyになれることもある。

それが一日の終わりだったりすると、その日が全部Happyみたいに感じられるから最高だね。

久しぶりにポジティブな内容を書こうと思ったのに、携帯のバッテリーがもうないわ(苦笑)。


アー・ユー・ハッピー? (角川文庫)
矢沢 永吉
角川書店
売り上げランキング: 4714

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/16

塚田哲夫ソロライブ in 渋谷SONGLINES(2011.1.5)

ずいぶん時間が経ってしまいましたが、今年最初のライブレポです。

2011年一発目は、1月5日に行われた『せきずい』Gt.テツオのソロライブ。
仕事始めからまだ間もないとはいえ、終業とともに事務所を出るのは大変です。
帰宅ラッシュの人波をかき分け、渋谷の雑踏中の雑踏、センター街を突っ切って、会場の「SONGLINES」に向かいます。

Dsc_3396
(すぐ隣の小道は童謡『春の小川』の跡。小川にフタがされてしまって暗渠になってます。)

幸いよく出入りしている放送局の近くなので、目をつぶっても行ける場所。
最短時間で現地に到着。

Dsc_3397
(ここが入口)

初めて入るライブハウスですが、アコースティック向けの小さな箱。
最後列からの撮影ですが、照明も押さえてあるので、普通のやり方では環境が厳しそうです。

そこで高感度に強いハイビジョン動画が撮れるコンパクトデジカメを新規に導入。
前回の「天窓」でアコースティック向けライブハウスでは、光量が少ないことと、シャッター音(結構響きます)の問題で、普通の一眼レフで全部賄うことが難しいことがわかったので買ってしまいました。

以下の写真は、ハイビジョン動画から切り出したものがほとんどです。
かなり画像が荒れていますが、それなりに使えます。
一眼レフだと、シャッター速度が1/2~1/15秒とかになって、人間では撮れない世界なのです。

この日、会場には、『せきずい』Drs.リョウとKey.ヨシアキが客席にいたので、新年の挨拶をすることが出来ました。

Dsc00026
(最後列の奥にいたDrs. リョウを隠し撮り。からの今年も去年と同じように、いや、それ以上に応援させていただきます!)

セッティングの準備が終わったところで、いきなり始まって驚いた。
(リハじゃなかったのか…)

2011年最初の曲は、活動休止後に発表された新曲『小さい男』。
そのまま『太陽』と続けて2曲を歌い切った。
ちょっと固さがありますが、ちゃんと客席からの視線の集中砲火を跳ね返しています。
向かって来ている空気は感じられました。

Dsc_3400

そして、MCでは、2011年始まって、正月をダラダラ過ごしていたにもかかわらず、寝違えて首が痛いと告白。
(動きのぎこちなさの原因はそこか?)

続けて「塚田哲夫」を知らない人に対して、自己紹介。

10年間『せきずい』というバンドをやって来たが、去年の夏にボーカルが脱退。
活動休止しているが、残ったメンバーで音楽活動を続けている。
1人で初めて立つステージで、メンバーが大切であることをしみじみと感じた。

…という感じ。

201101052001272

3曲目は、『正直者はすばらしい』。
これも活動休止後に発表された曲。

201101052001271

201101052012402

さらになぜか『イケメン'ズ』のアルバムリリースの宣伝。
「テツオ、カニやるから宣伝しろ」と言われた…からではなく、2月9日に彼らのミニアルバム『あなたがいたから』の5曲目「名も無き花」にアコースティックギターで参加しているからだそうです。

前に言っていた「レコーディング」とは、このことだったんですね。

Dsc_3408

3曲目は、『正直者はすばらしい』。
これも活動休止後に発表された曲。

201101052012405

「みなさん、言いたいこと言ってますか?
言ってない顔ですね。
みなさんの立場もわかります。
僕も言えてません。
10分の1くらいしか言えてません。
でも、言いたいってことをこの曲に詰めました。
この曲の中でだけ、正直になれる気がします。」

最後の5曲目は『One Way』。
これも新しい曲です。

201101052012403

精一杯強がっても弱さを隠すことは出来ない
やさしさに飢えた自分と向き合えば
与えられるやさしさに気付く
思い出せよ どんな時も
涙枯れるまで泣いた日々を

                                       (『One Way』より)

201101052001275

今の彼らに向けた言葉にも聞こえます。
『せきずい』として、ステージに立っていた頃とはまた違う、より生々しい想いが感じられます。

「意余りて言葉及ばず」

絵で言えば、思ったことを表現するための十分な絵の具が揃っていないような部分はありますが、逆に少ない色で表現するからこそ伝わるものもあります。

今を受け入れつつも、そこに留まらず、次に向かおうとする彼らに心から声援を送りたいと思います。

ソロライブも4回目。
『せきずい』ファンの基礎票に加え、今年はソロ活動を通じて、塚田哲夫のファンを増やしてもらい、4人が最結集した時には、活動休止前よりも多くの層を集められるようにして欲しいものです。

まずは、エレキでテツオのギターを聴きたい。
アコースティックもいいですが、そろそろ禁断症状に苦しんでおります。

最後は、恒例(?)のライブ後インタビューです。
今年最初のコメントをどうぞ。

Dsc00031


せきずいのテーマ
せきずいのテーマ
posted with amazlet at 11.01.17
yellow ribbon inc. (2009-12-16)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/15

しつこい風邪

正月に引いた風邪が残ったまま2週間近く経過。
咳と微熱が続いております。
体が弱っているせいかも知れませんが、1週間を「完走」するのが、ちょっとしんどい。
平日をしのいで週末倒れるの繰り返し。
全員がゴールで襷を渡した後に倒れ込む駅伝チームみたいな感じです。

こういう時は考えがネガティブに陥りがちなので、心身ともに疲弊してしまいます。
早く負の連鎖から抜け出せるように、この週末で完全復活させたいものです。

風邪の話―たかが風邪、されど風邪、風邪対策の知恵とヒント
松永 貞一 森 利夫
日本医学館
売り上げランキング: 102924

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/14

回転木馬

毎日前に向かってるはずなんだが、いつも同じところをぐるぐる回っているように見える。

螺旋階段なら上に向かって上っていけるけど、最近は古びた回転木馬に乗っているみたいに思えてしまうよ。

何かの修行と思わなければ、とてもやってられないね。

回転する速度を上げれば、遠心力でこの軌道から抜け出せるかも知れません。

だから、もうちょっとがんばってみます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/13

日々の日課

平日は帰りが遅いので、ブログの更新は自宅ではなく、電車の中になります。

「労働は神が与えた罰」の言葉の通り、変化のない生活が続くと、そうネタもあるものじゃありません。

電車内の限られた時間で書けるものもたかが知れてます。

「無理して書かなくてもいいじゃない」

と思うこともありますが、良い時であっても、悪い時であっても自分の感情を刻み、一日の最後に己を振り返るための日課としてやってるので止めるわけには出来ません。

スカスカだったり、取って付けたような内容の時は、何もない中で無理して書いたものだと思ってください。

さて、そろそろ乗り換え駅。
本日の振り返りはここまで。


シベリア俘虜記―兵士の過酷なる抑留体験 (光人社NF文庫)
穂苅 甲子男
光人社
売り上げランキング: 301919

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/12

「いつか来た道」になるか?ニンテンドー3DS

ニンテンドー3DSのCMを見るたびに既視感に包まれてしまうのは、自分だけでしょうか?

15年くらい前に出た「バーチャルボーイ」の残像が見えて仕方がないのです。

バーチャルボーイ (本体) 【バーチャルボーイ】

「ゲーム&ウオッチ」「ファミコン」「ゲームボーイ」を開発し、任天堂をビッグにした大立役者の横井軍平さんの最大の汚点となった、あのゲーム機を。
なかなか値引かない任天堂の商品にあって、ワゴンで投げ売りされていたあの光景は今も忘れられません。
(ソフト付きで3000円で売られていたけど、買う気になれなかった。)

任天堂にとって、「いつか来た道」になるのか?
それとも新しい境地を拓くのか?

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/01/11

こんな寒い夜は

こんな寒い夜は、温かい博多ラーメンをガッと食べたいもの。

こんな寒い夜は
(写真は福岡市内のラーメンチェーン店「博多ラーメン」。今も1杯290円で食べられます。高校の時によく食べたなぁ。)

でも、ここだと普通の博多ラーメンってないのよね。
「博多の屋台発」とうたいながらも、こぎれいでよそ行きの格好をした店ばかり。

飾らないサンダル履きの普段着姿で食べられるところに行きたいんだけどね。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/10

タイガーマスクの善意に変な主張を混ぜるな!

半月遅れのサンタクロースのようにの伊達直人が全国にランドセルを配達中である。

タイガーマスク 永久保存版/全105話パーフェクトガイド

自分が調べただけでも、群馬、神奈川、沖縄、静岡、岐阜、長崎、兵庫で確認出来ている。

劇画『タイガーマスク』で、タイガーマスクこと伊達直人が、自分が育った孤児院「ちびっこハウス」の借金を返すために人知れずファイトマネーを寄付したり、「キザにいちゃん」として孤児たちにプレゼントをしていたのだが、今回の「タイガーマスク」は、その設定をマネたもの。

最初のニュースの時は、「シャレっ気があるな」と思ったが、こういくつも善意の便乗が増殖すると、

「他人のパクリじゃなくて、自分の意志と考えで貢献しようと思わないのか!?」

と腹立たしく思う。
(だからといって、変な独創性を出して、ヘビ皮とかシマウマの毛皮のランドセルとかはやめてください。)

しかし、こういうのが出てくると怒りすら覚える。

「タイガーマスク」長崎でも ランドセル7個、被爆女性か

長崎市橋口町の県長崎こども・女性・障害者支援センターで9日朝、プロレス漫画「タイガーマスク」の主人公「伊達直人」の“署名”が添えられた新品の赤いランドセル7個が届けられているのを職員が見つけた。名前の部分にはカタカナで「ヒバクシャ」とルビが振られていた。

偽善でも何もやらないよりもはるかにマシだが、「タイガーマスク」や「伊達直人」と全く関係ない変な主義主張を入れて欲しくない。(先の大戦との関連で言えば、伊達直人が戦災孤児というくらいしかない)

この人も悪気はないんだろうが、こんな形で自己主張するなら、「伊達直人」ではなく、個人の名前でやるか、匿名でやって欲しい。

幼い頃から大好きだった『タイガーマスク』にこんな形で変な色を付けてもらいたくない。
原作のタイガーマスク=伊達直人の善意に変な主張を混ぜて欲しくない。
この作品のファンの切なる気持ちである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/09

よくないな

昨日、寒い中、うろついたせいか、治りかけてた風邪がまたぶりかえしたようだ。
アルコールという「お薬」も口にする気が起きないくらいなので、ちょっとよくないな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/08

珍しく長い休日の一日

昨夜、相当飲んだにもかかわらず、今朝は6時過ぎに目が覚めた。
普通なら確実に二度寝するところだが、今日に限ってはずっと起きていた。
おかげで全てが、いつもよりも二時間近く早く終わっている感じ。

いつもより早く病院に行き、しかもあまり待たずに終わったので、本屋で新刊チェック。
帰宅後、しばらく本を読んていたが、ふと外を見ると天気もいいし、日も高い。

そういえば、最近、車を運転してない。
「軽くその辺を走ってくるか」
と、部屋着に上着をひっかけたくらいの格好で、近場を回る。

国道沿いのお店で一休み。
スーパーやら家電量販店やら、いくつかの店舗が連なっているので、ふらふらと徘徊。
そのうちのひとつで低反発枕を購入。
別に今の枕に不満があるわけではない。
単なる興味半分である。
相変わらず1日に3時間半しか眠れない不眠症なので、これで多少でも改善してくれれば安いもの。

意外に時間がつぶれて、帰宅したのは、すっかり暗くなってから。
自宅に戻って、地デジ対応でない自室用のテレビを買い換えようとネットであれこれ調べていたら、もうこんな時間。(エコポイントがあるうちに決まるんでしょうか?)

まだ眠くはないので、もうしばらく起きているかと思います。

今日は、本当に一日が長いね。

一日一生 (朝日新書)
一日一生 (朝日新書)
posted with amazlet at 11.01.08
天台宗大阿闍梨 酒井 雄哉
朝日新聞出版
売り上げランキング: 8230

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/07

こんなに夜が寒いと

こんなに夜が寒いと、つい暖かいところが恋しくなります。
でも、冷えた体を温めるには、アルコールが一番です。
自然強い度数のがメインになるだけに、気が付くとあっと言う間に時間が過ぎてしまうなんてザラです。
今夜もまさしくそんなペースです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011/01/06

足止め

今日は早く帰ろうと思っていたのに、通勤に利用している2つの路線が片や線路火災、片や人身事故で不通。

おかげで自宅までの足が完全に奪われ、寒い中で待たされるハメになってしまいました。

すっかり体が冷え切ってしまったので、中から温めないと風邪が悪化しそうです。

仕方がない。
飲むしかないね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/05

新年初ライブ参戦

新年初のライブ参戦。

やっぱり、あるべきものが、生活の中心にあるっていうのは良いものですね。
今日、改めて実感しました。

新年初ライブ参戦

いやぁ、楽しい。

しかし、飲んだなぁ。
ライブハウスで飲む量じゃないな(笑)。

ライブハウスオーナーが教える絶対盛り上がるライブステージング術
佐藤 ヒロオ
ポット出版
売り上げランキング: 73464

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/04

おみくじ本来の役割を果たす

慌ただしいお正月休みではありましたが、初詣に行って参りました。

おみくじ本来の役割を果たす

本当は元旦に行きたかったのですが、体調不良で断念。
二日になって、ようやく動けるようになったところをみてやっとこさです。

しかし、ひ弱になってしまったものです。

おみくじを引いたら、この通り。

見事すぎるくらいに当たってて、開いた瞬間笑ってしまいました。

おみくじ本来の役割を果たす
(「今は盛運に非ざるも」って、まさしくその通りでございます。)
おみくじ本来の役割を果たす
(確かに「急いでも埒があかない」状態でございます。)

正確に現状を見てくれたうえで適切なアドバイスをもらえるという意味では、大吉よりも貴重かも。まさしくおみくじ本来の役割とも言えます。

しばらくは、焦らずにしっかりと地力を養って、次に備えることとしましょうか。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/03

到着してしまった

到着してしまった
羽田空港に到着。
「到着してしまった」っていうのが正直な感想ですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

再び日常へ

再び日常へ
年末年始休暇も終わり。

これから日常に戻ります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新年早々

正月三日にもかかわらず、既に業務連絡が。

予想はしていたものの、やっぱり来たか。

担当している仕事が24時間365日稼働しているから仕方がないんですが。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/02

寝正月

元旦早々、風邪を引いたようで、昨日の昼から床に伏せっております。

あまり良くない新年のスタートとなってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011/01/01

明けましておめでとうございます

明けましておめでとうございます。

2011年、新しい年が始まりました。

これからどのようなことが起こるかわかりませんが、何があっても常に志に正直に、流されることなく、折れずに、しぶとく生きて行こうと思います。

本年もよろしくお願い致します。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »