« 非常時はまだ進行中 | トップページ | 頭が回らない »

2011/05/16

事務所の室温30度

節電のため、事務所の空調は午後6時で切れる。

その後は、人の体温やら、パソコンやプリンターから出る廃熱で、あっという間に室温が上昇。

暑くて仕方がない。
暑がりな自分には、耐えられない。

あらかた退社した後だというのに、フロア内の気温は下がらない。
同僚の机に置いてある温度計は、30度を超えている。

まだ5月半ばでこれだと、本格的な夏を迎えたら、どうなるのか?

ここまでの節電をしながら、業務を行うべきなのか疑問がわいて来る。

節電しながらの業務の継続は大事だが、空調だけはシビアに考えておかないと、確実に死人が出る。

節電「しか」考えないアホがいると、危険極まりない。
社員の健康より、平気で節電を優先しそうだ。
マネージメント大好き人間とは、そういう人種だ。

この夏は、これまで以上に自分自身をしっかり守らないと命にかかわる。

長く生きようとは思わないが、こんなことで殺されてはかなわない。

マネジメント信仰が会社を滅ぼす (新潮新書)
深田 和範
新潮社
売り上げランキング: 11947

|

« 非常時はまだ進行中 | トップページ | 頭が回らない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/51689596

この記事へのトラックバック一覧です: 事務所の室温30度:

« 非常時はまだ進行中 | トップページ | 頭が回らない »