« 2ヶ月ぶりのリハビリ | トップページ | 今週2回目 »

2011/05/12

誰もいないのに聞こえる謎の声

事務所で仕事をしていると、左の方から30代後半から40代くらいの男性の話し声が聞こえて来た。

今日は、隣の席には誰もいないし、その向こうの窓側には打ち合わせスペースがあるが、そこにも人の姿はない。
そもそも声が聞こえて来るのは、もっと上の方からである。

館内放送用のスピーカーにどこからか強力な電波が入ったのか、ダクトが伝声管の役割をして、他のフロアの音を拾っているのかと思ったが、スピーカーは全く違う場所にあるし、ダクトがこんな場所にあるのもおかしい。

耳を澄ますと、声は、何も無い空間から聞こえて来る。

穴の中でつぶやいているように響くので何を話しているのか、よく聞き取れない。

「…は、どうする…」
「もう…」
「…だ」

文頭と文末、接続詞的なものしかわからない。
というよりは、聞き取るのが恐い。

変な汗が出て、気持ち悪いまま、昼休みに入る。
雨が降っていたが、外に出かけずにはいられなかった。

午後に入ると、今度は女性の声が同じ空間から聞こえる。
さすがにここまで来ると、耐えられないので、周りの同僚に、

「この辺から何か聞こえないか?」

と訊ねてみるが、誰にも聞こえないらしい。

あまりにも耳障りなので、耳栓の代わりヘッドホンをしてみるが、これはこれでうっとうしい。

夕方になると、あまり聞こえなくなった。

やれやれといった感じで、夜に昼間に積み残した分を片づけ始めてしばらくたった頃、今度は、もう少し若い男性の声が、あの空間から聞こえてくる。

誰もいないのに聞こえて来る謎の声。

一体、これは何なのか?

地震の前くらいから、何かがおかしい。
予知夢みたいにはっきりと未来に起こる出来事が見えたり、予知までには至らないが、後になるとつじつまが合ってしまう「虫の知らせ」的な不可解な行動や発言があったり。

このような不思議な出来事は、昔はよくあった。
自分と友人しかいない部屋で、しかも誰も映らないはずの鏡に全然知らない男が映っていたり、友人と寮の廊下を歩いていたら、足元を黒い雲のような生き物が走り抜けて、壁の中に消えていったり。
他には、カギがかかっている部屋のドアがスーッと自然に開いたこともあった。
ドアを確認すると、カギには異常がなく、しかも閂(かんぬき=カギを回すと出たり入ったりする金属の出っ張りです。)は出たまま。
この状態で物理的に開くのは不可能である。
その時、部屋にいた友人にも確認してもらったから間違いない。

こういう不可解な現象から、しばらく遠ざかっていたので、すっかり忘れていたのだが、また、このような経験をするとは思いもしなかった。

出来ることなら、全部「気のせい」だと思いたい。
それが出来れば、どんなに気持ちが楽になることか…

「何かを感じる」と、思ったことを口にしたら、気味悪がられるのは確実だ。
予言が出来るくらいなら使えるのだが、せいぜいキーワードが精一杯。
でも、浮かんだ人やものに対して、確実に何かが起こってしまっているからどうにも気味が悪い。

霊符全書
霊符全書
posted with amazlet at 11.05.12
大宮 司朗
学習研究社
売り上げランキング: 173133

|

« 2ヶ月ぶりのリハビリ | トップページ | 今週2回目 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/51655095

この記事へのトラックバック一覧です: 誰もいないのに聞こえる謎の声:

« 2ヶ月ぶりのリハビリ | トップページ | 今週2回目 »