« 頭が回らない | トップページ | 酒飲みの作法 »

2011/05/18

第六天社 ~ 神なのに不遇な神

通りすがりに見つけた小さな社。

見慣れない、しかし、歴史好きならば、よく知っている名前が書かれている。

第六天社〜神なのに不遇な神

その名は「第六天社」。

あの織田信長が自称した「六天魔王」を祀る神社である。

明治の神仏分離令でなぜか徹底的に排斥されたため、ほとんど目にすることはない。

まさか東京・中目黒の商店街で目にするとは、思いませんでした。
この神社の歴史を読むと何度も移転や合祀を繰り返し、ようやく今の場所に落ち着いたようです。

神なのに、不遇な神。
信長の最後と合わせてみると、この神には、ただならぬ異形な何かを感じます。


名作文学(笑)「注文の多い第六天魔王」
イメージ・アルバム 遊佐浩二 櫻井孝宏 鈴村健一 市来光弘
フロンティアワークス (2010-01-27)
売り上げランキング: 22679

|

« 頭が回らない | トップページ | 酒飲みの作法 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/51707254

この記事へのトラックバック一覧です: 第六天社 ~ 神なのに不遇な神:

« 頭が回らない | トップページ | 酒飲みの作法 »