« 円高って、そんなに悪いこと? | トップページ | 能動的な非現実 »

2011/07/04

幻となった「日本領」ミッドウェー島

北太平洋にあるミッドウェー島。(正確には、ミッドウェー環礁)
ハワイと日本の間にあり、日本にとっても重要な拠点でもあり、昔からハワイ防衛の要衝として、アメリカにとっても戦略上重要な島です。

大東亜戦争(太平洋戦争)のターニングポイントとなったミッドウェー海戦は、ここを巡って日米が衝突。
激しい戦いが行われました。

しかし、帝国海軍は、赤城、加賀、蒼龍、飛龍の主力空母4隻と多くの熟練パイロットを失い、敗退。開戦から連戦連勝だった日本海軍が、以後、坂道を転げるように敗戦への道を進んで言ったのです。

「ミッドウェー島を取っていれば…」

戦史小説や歴史IF小説のモチーフにもよく出て来ます。

しかし、この島は、日本領になっていたかも知れなかったのです。

2011年7月3日 朝日新聞朝刊の書評欄に長谷川 亮一著の『地図から消えた島々 幻の日本領と南洋探検家たち』という本が紹介されていた。
評者は、博覧強記の作家 荒俣 宏。
そこには、こう書かれています。

「太平洋戦争の重要拠点となったミッドウェー環礁は、19世紀末にアホウドリ猟の日本人が住み着いたにもかかわらず、アメリカ政府が日本に「この島の領有権を主張する気があるか」と打診した際、なんと「その気なし」と返事をしたのだ。」

たぶん、維持が大変だし、当時は利用価値がないと思っていたんでしょうね。

もし、この島が、日本領になっていたら?
歴史は今とはまた違ったものになっていたかも知れません。

|

« 円高って、そんなに悪いこと? | トップページ | 能動的な非現実 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/52123247

この記事へのトラックバック一覧です: 幻となった「日本領」ミッドウェー島:

« 円高って、そんなに悪いこと? | トップページ | 能動的な非現実 »