« 「太平洋産」のまぐろ | トップページ | 夏の終わりに思う »

2011/08/29

歌い手は虹のようなもの

歌い手は虹のようなもの。
実体があるようで無い。
見えたかと思うとあっという間に消える。
では、存在しなかったかと思うと、確かに誰かの記憶の中に生きている。
そんな風なものだ、と。
だから良いのだ。

(さだまさし  『そうしたら掌に自由が残った』[幻冬舎文庫])

大好きだったバンドの解散や活動休止、そしてメンバーの脱退に接すると思い出す言葉。
そして、様々な事情で音楽の道から離れなければならなかった多くのアーティストたちに贈りたい言葉。

P1010364

想い込めた言葉やサウンドは、ステージ上の姿とともに、必ず誰かの心の中に生きています。
あなたがステージを去った後も、決して消えることはありません。
夏の終わりに見上げた大きな虹のように。

あなたが残してくれた音楽を勇気や力に変え、今もどこかで観客はがんばっています。
だから、あなたたちも新しい道でがんばってください。

出来れば、これは自分の願望ですが…
ステージの上から、たくさんの人に多くの幸せや感動を与えてくれたように、表現の形は変わっても新しい道を通じて、笑顔を届けてくれていることを願っています。

そうしたら掌に自由が残った―200の「生きるキーワード」 (幻冬舎文庫)

|

« 「太平洋産」のまぐろ | トップページ | 夏の終わりに思う »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/52583036

この記事へのトラックバック一覧です: 歌い手は虹のようなもの:

« 「太平洋産」のまぐろ | トップページ | 夏の終わりに思う »