« 「人生五十年…」を舞う つけ麺屋? | トップページ | 退職するみたいな気持ち »

2011/12/08

70回目の開戦記念日

日付が「12月8日」に変ったのを見つめながら、

「今日が70回目の開戦記念日だとわかる人は少ないだろう。
そして、話題にする人はもっと少ないんだろう。」

そんなことをふと思ってしまいました。

さらに、時間が進んで、午前1時30分になった時、

「70年前のこの瞬間、第一次攻撃隊の183機が、赤城、加賀、蒼龍、飛龍、瑞鶴、そして、翔鶴の6隻の空母から発艦したんだな」

1/350 旧日本海軍航空母艦 飛龍
(空母「飛龍」)

日本海軍空母 瑞鶴 (1/350 日本海軍航空母艦)
(空母「瑞鶴」)

1/350 旧日本海軍航空母艦 翔鶴 1941
(空母「翔鶴」)

スカイマックス ダイキャスト完成品 1/72 九九式艦上爆撃機11型 “真珠湾第2次攻撃隊”
(この「九九式艦上爆撃機」のデザインに激しく萌えます。)

荒れた海で大きく左右に傾く船。
マストに括り付けられた旗がバタバタと大きく鳴っている。
吹きつける風に混じるエンジンの音。
甲板いっぱいに並ぶ艦上機から響き渡ります。
わっと広がる排気ガスとオイル臭。

と、ひとり空想の世界に浸っておりました。

間もなく日付が変わります。
いくら70回目の節目の日だからといって、こんなことをしていたのは、日本全国でたぶん自分だけだったと思います。

日米開戦の真実 大川周明著『米英東亜侵略史』を読み解く
佐藤 優
小学館
売り上げランキング: 5930

|

« 「人生五十年…」を舞う つけ麺屋? | トップページ | 退職するみたいな気持ち »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/53437601

この記事へのトラックバック一覧です: 70回目の開戦記念日:

« 「人生五十年…」を舞う つけ麺屋? | トップページ | 退職するみたいな気持ち »