« 通勤に疲れたわ | トップページ | 常識を疑う: 「スマホへのTwitter登録5000円」から考える »

2012/01/06

顕微鏡の中の世界

自分が全てだと思っている世界は案外狭いもので、見えている範囲となると非常に限定されたものである。

さらにその中での違いなんて、どんなに「大きい」と思っていても、外の人から見れば区別がつかないものだし、そのほとんどはどうでもいいものであったり、存在すらも気が付かなかったりする。

言ってみれば、顕微鏡の中の世界のようなものだ。

にもかかわらず、声高に自分の地位や富を誇ったり、成功を見せびらかし、あるいは、報われないだの、つまらないだのグチったり、泣いたり叫んだり、果ては延々と悩み、欲のために苦しむ。

人とは、何と小さく、取るに足らないものか。
しかし、それが人であり、また、それゆえに人なのである。

そのようなことを酒臭い電車の中でうだうだと考えている。

200万画素カメラ搭載USBデジタル顕微鏡 hidemicron3
テック (2010-08-25)
売り上げランキング: 52409

|

« 通勤に疲れたわ | トップページ | 常識を疑う: 「スマホへのTwitter登録5000円」から考える »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/53673320

この記事へのトラックバック一覧です: 顕微鏡の中の世界:

« 通勤に疲れたわ | トップページ | 常識を疑う: 「スマホへのTwitter登録5000円」から考える »