« 丈夫で長持ちなマシュマロ | トップページ | 未来人との知恵比べ »

2012/02/02

日本人の行動パターンを読む重要なキーワードとは?

解剖学者で作家の養老孟司と建築家 隈研吾の対談記事「『ともだおれ』思想が日本を救う」が面白かった。

■津波対策はノーマークだった日本の建築業界

建築業界では「津波は予測不可能だから『ない』ことにしていた」と言う。

この「津波」を別の言葉に置き換えると、極めて日本人的な思考パターンがわかる。

・戦争は予測不可能だから『ない』ことにしていた。
・原発の全電源喪失は予測不可能だから『ない』ことにしていた。
・少子高齢化による年金制度破綻は予測不可能だから『ない』ことにしていた。
・他社の参入は予測不可能だから『ない』ことにしていた。
・電車の遅延は予測不可能だから『ない』ことにしていた。

ほら、いくらでも出来上がる。
歴史や国家の運命を左右する決断や福島第一原発事故、そしてビジネスや日常の行動にも適用可能。

予測不可能なこと=『ない』こと

もしかすると、日本人の行動パターンを読む重要なキーワードかも知れません。

絶望の国の幸福な若者たち
古市 憲寿
講談社
売り上げランキング: 171

|

« 丈夫で長持ちなマシュマロ | トップページ | 未来人との知恵比べ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/53888537

この記事へのトラックバック一覧です: 日本人の行動パターンを読む重要なキーワードとは?:

» 予測と行動 [哲学はなぜ間違うのか?]
人間以外の動物は言語能力を持ちませんから、仲間に明日のことを語ることができません [続きを読む]

受信: 2012/02/08 00:07

« 丈夫で長持ちなマシュマロ | トップページ | 未来人との知恵比べ »