« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »

2012/04/30

もし誰かに「それは不可能だ」と言われたら?

If someone says: “That's impossible,"
you should understand it as:
“According to my very limited experience and narrow understanding of reality, that's very unlikely."


(GMail creator Paul Buchheit's presentation at Startup School 2008)

【訳】
もし誰かが「それは不可能だ」と言ったら、それは、
「自分の非常に限られた経験と現実に対する狭い理解に照らし合わせてみると、そんなことは全くありそうにない」
という意味だと理解すればいい。

(GMailの開発者 ポール・ブックハイト氏の 2008年 スタートアップスクールでのプレゼンテーションより)

*****

これは、グーグルでGMailを開発したポール・ブックハイト氏の言葉。

これに近い言葉は、古今東西で言われて来たと思う。
少なくとも、無邪気な子供時代を過ぎ、何らかの行き詰まりと理不尽を感じるようになった思春期以降、何度か目にしている。

このような言葉が目につく時というのは、自分自身の目の前に壁を感じているからであり、それを翻訳してでも書き留めようとすることは、壁が相当高く厚いものであると認識しているのは間違いない。

人間の歴史、文明の歴史というのは、不可能を可能にして来た歴史である。
簡単に不可能と口にする人は、自らが恩恵を受けているものや自らの「常識」の成り立ちを知っているのだろうか?知っていれば、軽々と言えない言葉。
不可能を可能にし、文明を進ませて来たのは、「不可能だ」という言葉に負けずにがんばって来た奇特な挑戦者の存在なしには語れない。
事の大小を問わず、「『不可能』を可能にしたい」という努力には応援したいし、自分自身も努力し続けていきたいものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/29

外組 第7回公演『もののふや』

本日は、東京・中野にある「テアトルBONOBON」まで、お付き合いのある俳優 ヒロキチさんが所属する外組の第7回公演 『もののふや』を観劇に行って来た。

外は初夏を思わせるような暑さでしたが、晴天に恵まれてラッキーでした。
休日に通勤経路の電車に乗るのも不思議な感じ。
乗り換えの新宿駅では、西田征史さん作の舞台『BOB』の大看板が。

Dsc_0020_2
(旧国鉄 新宿駅のコンコースにあった西田征史さん作の舞台『BOB』の大看板[ポスター?])

オリジナルドラマの脚本家を探していた時に、最初に読んだ西田さんの脚本だっただけに感慨深いものです。

中央線の各停で新宿から3つ目。
中野駅に降りるなんて、もう何年も前のこと。
しかも南口方面は初めてです。
これまで舞台を観に行くのは、下北沢ばかりでしたが、中野にこういう小劇場が駅のすぐ近くにあるとは思いませんでした。

Dsc_0024
(東京・中野にある「テアトルBONOBON」。駅から徒歩5分ほど。)

Dsc_0021

会場に着くと、客席は満席。
外組は、「第8回公演までに観客動員3000人に達しなかったら解散」という目標を持っています。ぜひ達成して欲しいと思っているだけに、客席を見て安心としました。
明日の千秋楽は、既に満員売り切れだったので、結構いい感じではないでしょうか?

Dsc_0023

舞台は、100分間。
冒頭から、映像と役者の演技をシンクロさせ、Kinectを使ったゲームのような演出のアクションで「おっ!」と引き込まれてしまいました。

(YouTubeに動画がアップされていました)

全部、役者が映像に合わせた演技ですから、相当稽古をしたはずです。
それくらいシンクロが見事でした。

今回のヒロキチさんは、メインを務めています。
メインでない時は、ちょいちょい存在感を出そうとするのですが、今回は演技だけに意識が集中していたせいか、迫力が違っていました。

Dsc_0022

彼の演技は、5年くらい見ていますが、シャープな印象を受けました。
カメラのレンズを通さず、生で観るからこそ鮮烈に伝わって来ます。
テレビや映画館のスクリーンでは、感じられないもの。
現場から離れてしまった時だけに、自分にはこういう刺激が必要であり、意識して受けるようにしなければいけないと改めて感じます。

明日、4月30日は、いよいよ千秋楽。
この公演が大成功となるように願っています。

だから演劇は面白い! (小学館101新書 50)
北村 明子
小学館
売り上げランキング: 28863

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/28

連休初日

今日は朝から通院・リハビリと自治会の打ち合わせが続けてあるので、平日と同じように6時半に起床。
「病院が混んでいたらどうしよう?」と心配していましたが、朝イチに行ったらスカスカで待ち時間ゼロでクリア。連休だと患者も減るのだろうか?

10時からの自治会の会議にも余裕で間に合い、ホッとしたのも束の間。
重い課題だけに気も抜けません。
しかし、自治会役員の任期は輪番制で1年だったはずなのに、「大きな案件なのでこれまでの継続性を優先して」という理由で気が付くと2年目に突入。ふつうは10年に1回で済むのだけれども、これだとまたすぐにまた回って来そうな感じです。
こういう「当たり」をよく引いてしまう自分が悲しい。

さて、明日は東京・中野テアトルBONBONまで、応援している俳優 ヒロキチさんが所属する外組の第7回公演 「もののふや」を観に行く予定。
この外組の公演ですが、第8回公演までに観客動員3000人に達しなかったら解散という覚悟の舞台。楽しくも真剣勝負な演技にいつも力をもらっています。
明日もしっかりと楽しませていただきます。

演技と演出 (講談社現代新書)
平田 オリザ
講談社
売り上げランキング: 92991

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/27

連休らしい過ごし方

久しく連休や夏休み等とは縁がない仕事をしていたせいか、数日まとまった時間があっても、何をしていいかわからなかった。

普通の会社員のような生活に戻って、約2年経つが未だに馴染めないでいる。

今年はテーマを決めて過ごしてみよう。
徒に費やすほど、残り時間は潤沢にあるのではないことを意識しつつ。

心の雨の日の過ごし方
岩井 俊憲
PHP研究所
売り上げランキング: 239724

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/26

改めて原点回帰

ここ最近、かつて一緒に仕事をした方から連絡があったり、会う機会が出来たりで、ちょっとした幸せを感じています。

やはり、お互い全力を出し切って戦った仲間というのはいいものですね。
本当に人には恵まれています。

暗闇の底に沈んでいる時だけに、ひとつひとつの言葉が余計にしみます。

こういった関係をもっともっとたくさん築きたいと改めて実感しました。

努力は嘘を付かない。
報わないことばかりで、最近、真面目に生きることに懐疑的になっていましたが、やはり不器用でもちゃんとやるのが人生においては大切なようです。

改めて原点回帰。
もう少しがんばってみます。


まじめの崩壊 (ちくま新書)
和田 秀樹
筑摩書房
売り上げランキング: 240287

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/25

切れた気持ちのままで

一度、自分の中の何かが切れてしまうと、何をどう取り繕っても元には戻らない。

大人の論理を駆使して、必死になろうとしても、やはりどうしても他人事のようになってしまう。

この状態が健全でないことはわかっている。

でも、完全に結論を出すには、少し時間がかかりそうだ。

蜘蛛の糸は必ず切れる
諸星 大二郎
講談社
売り上げランキング: 396569

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/24

相談した時、既に結論は出ている

他人に相談をした段階で、実は本人の中では、既に結論が出ていたりする。

では、なぜ他人に相談するのか?
それは自分の出した結論を体系化するためであり、第三者による裏書きが欲しいからである。

その証拠に本人が満足するレベルに達するまで、何人にも同じ質問を繰り返すはずだ。

意識してか無意識かは別として。

ぼちぼち結論 (中公文庫)
養老 孟司
中央公論新社 (2011-06-23)
売り上げランキング: 50822

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/23

合成の誤謬

夕方から出た会議で話を聞きながら、

「『合成の誤謬』って、こういうことを言うんだな」

と思わずにはいられなかった。
みんなが真面目に一生懸命やっているはずなのに、全体としておかしな方向に進んでしまう。

後味の悪さとやり切れなさで、同僚と事務所近くの立ち飲み屋で軽く飲んで帰る。

経済を支配する2つの法則―神の見えざる手と合成の誤謬の世界
木下 栄蔵
電気書院
売り上げランキング: 733985

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/22

渋谷に到着!

今夜、O-crestで行われるガングルオンのライブに参戦するため、渋谷にやって来ました。

渋谷に到着!

外は生憎の雨ですが、存分に楽しんで来たいと思います。


渋谷哲平 ゴールデン☆ベスト
渋谷哲平
コロムビアミュージックエンタテインメント (2010-03-03)
売り上げランキング: 35660

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/21

これも大義のため

少し前なら、興味を持たないですが、いろいろ限界を感じている時にいい話をいただくと、ちょっと考えてしまう。
最後までがんばろうとは思うけれど、霞を食べて生きていくわけにはいきません。
まずは話だけでも伺ってみようと思う。
これも大義のため。

大義を忘れるな 革命・テロ・反資本主義
スラヴォイ・ジジェク
青土社
売り上げランキング: 609674

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/20

朝に笑顔を見らば、夕べに死すとも可なり

その昔、人気絶頂期のレイザーラモンHGをロケのために事務所に連れて来た。
残業で残ってる人たちに集まってもらったけど、その時のピカピカの笑顔が今も忘れられない。普段はまじめな表情をしてたり、つまんなさそうな人もみんなニコニコしていた。

会社に出勤すると、何かおもしろいことが起こってて、次に何があるのか気になって、楽しみで仕方がない。世の中の新しいことは自分たちの会社からはじまって、家族や友だちに誇らしげに語れる。
そんなふうにしたくて、もう一度あの笑顔が見たくて、社内で収録をしたり、ドラマのリハをやったり…
「次こそは、次こそは」と有り金を突っ込み続けるギャンブル狂のように、その後もめげずにあれこれやってきたけど、最近ちょっと疲れて来た。
「やるだけムダなんじゃないのか?」とか「無理なんじゃないのか?」という、ささやく心の声もあったりで。
諦めたくはないけれどね。

お金とか名誉以外に人を動かすものがある。
それを少しでも多くの人に知ってもらいたい。
そうすれば、もっと大きなことも出来るし、会社にも同僚の家族にも、そして、世の中にも笑顔が増えると信じている。いい年して青臭いこと言ってるけど。

こんなグチめいた独り言をFacebookに書いたら、たくさんの人から温かい言葉をもらった。
スマホのモニターがにじんで仕方がなかった。
もうちょっとだけ、がんばってみます。
想いとは逆にやりにくくはなっているけど、逃げるのもシャクなので。
もう一回、社内であの笑顔が見られたら、死んでもいいよ。
「朝(あした)に道を聞かば、夕べに死すとも可なり」じゃないけど、「朝に笑顔を見らば、夕べに死すとも可なり」という気持ちです。
それくらいの価値がある。
もっと強くなりたい。逆境でも折れないハートと図太さがほしい。


笑顔だけで子どもが変わる
原坂一郎
PHP研究所
売り上げランキング: 183720

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/19

行きつ戻りつ

流れて行けば楽なんだろうが、数年先の自分の未来が描けないのなら、辛くとも可能性にかけるべきかも知れない。

冷静に考えると、フルパワーで戦える時間はあまり残っていない。

全力で戦って完全燃焼を果たしたい。

気持ちだけがカラ回りし、「もしかしたら」という淡い期待が思考の邪魔をする。

腹は決まったはずなのに、いいことがあると、つい決断が鈍ってしまう。

この半月、行きつ戻りつの繰り返しです。

幸福について―人生論 (新潮文庫)
ショーペンハウアー
新潮社
売り上げランキング: 172

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/18

吹っ切れた感

本当にダメだと思った時って、それまでの想いや未練みたいなのもみんな含めて何もかもきれいに消えてしまうものなんですね。

少しは苦悶するかと思ったら、カケラもない。「吹っ切れた」とは、こういう気持ちを言うんでしょうね。

ただ困ったのは、全然気力が起きないこと。
毎日が「どうにでもなれ」状態。

さすがにこれではマズいので、早めに次に進む道を考えます。
あまり残された時間もありませんから。


死に至る病 (岩波文庫)
キェルケゴール
岩波書店
売り上げランキング: 74386

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/17

Amazonの国内電子書籍市場参入で何が変わるか?

今日の朝日新聞の朝刊によると、Amazonが日本上陸に向けて、着々と準備中のようです。

■アマゾン電子書籍、40社と配信合意 学研・PHPなど

Amazon_20120417

 

先日、Kindle投入についてのニュースが流れましたが、やはり抜かりなく進めていたようです。どんなに優れたハードでも、ソフトがなければ意味がないのは言うまでもありませんが。

さて、日本企業の電子書籍ビジネスはどうなるでしょうか?
これによって、日本の紙を含めた書籍ビジネスのあり方自体も大きく変わると見ています。

まず最初にダメージを受けるのは、パソコンをメインに課金連携で電子書籍を販売しているポータルサイト。独自で作品を探して来て、売り場を演出するような能力もなく、大手の電子書籍サービスの課金連携くらいしかやってません。

Amazonに対して、課金連携を求めるか、取り次ぎ手数料ビジネスを提案するくらいしか策は出て来ないはずです。だから、Amazonに拒否されたら終了は近いと思います。

では、他の国内電子書籍ビジネスのプレイヤーはどうか?
「日本人ならではの細やかさ」とか「日本人に合ったコンテンツ」といったあまり意味のない修飾語を付けて、Amazonっぽいやり方をマネたものを出して来るでしょう。

彼らのビジネスの見た目をマネしても絶対に勝てません。
形だけをマネても無理です。
「電子書籍を売る」ではなく、利用者が「電子書籍に何を求めているのか?」を掘り下げて考えるべきです。

それは「利便性」かも知れないし、「手軽な時間つぶし」かも知れない。
あるいは「部屋やカバンの中のスペース削減」かも知れないのです。

自分たちは、紙の書籍、あるいは電子書籍を通じて利用者にどんな体験をしてもらいたいのか?それが明確になっていれば、生き残る方法はいくらでもあります。
問題は、国内の書店や電子書籍サービス会社が、それに気が付くかどうかです。

電子書籍の時代は本当に来るのか (ちくま新書)
歌田 明弘
筑摩書房
売り上げランキング: 101412

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/16

現地逃避と大英博物館


ちょっと前に地下鉄の渋谷駅にあった広告。

現地逃避と大英博物館

現実から遠ざかりたかったせいもあって、見る度に大英博物館へ行きたい衝動に駆られて仕方がなかった。

現地逃避と大英博物館

10年前にヨーロッパ最大のゲームショーに調査出張に行ったついでに慌ただしく回ったっきり(それでも半日はかけたが)。調査用に撮った写真でメモリーがいっぱいで満足に撮れなかったし、後半は駆け足で回らずを得なかった無念さがあるだけに余計に想いが残ります。

P9010087
(ポスターと同じ場所。右側の円筒形は図書館)

P9010078
(ネレイデス・モニュメント)

P9010102
(どこに行っても、こんな大物がゴロゴロ転がってます。)

また行ってみたいけど、ずっと先の話だろうな…

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/04/15

仮面ライダーストロンガー役 荒木しげるさん死去

また一人、昭和の時代を彩った方がいなくなりました。
仮面ライダーストロンガー役の荒木しげるさんが死去されたそうです。

ソフビ魂 VOL.35 仮面ライダーストロンガー
(これが仮面ライダーストロンガー)

■荒木しげるさん、肺炎で死去…「仮面ライダーストロンガー」主役、目黒区議選2度出馬

「天が呼ぶ 地が呼ぶ 人が呼ぶ 悪を倒せと俺を呼ぶ、俺は正義の戦士、仮面ライダーストロンガー!」

のセリフが懐かしい。

あの頃は、家庭用ビデオデッキも無かったので、子供連中は、同じ時間にテレビの前に集まって食い入るように見ていました。
主題歌をはじめ、劇中のセリフもしっかり憶えたものです。
そのせいでしょうか、37年も前の作品なのに前出のようにセリフが自然に出て来ます。
30年後、40年後、今の子供たちは、当時の記憶とともに、こんなふうにヒーローたちを思い出せるのでしょうか?

子供時代の思い出を作ってくれた荒木しげるさんに感謝するとともにご冥福をお祈りします。

先週4月9日の声優 青野武さんといい、個人的に思い入れがある方が続けて亡くなってしまい、本当に淋しいものです。

仮面ライダーストロンガー Vol.1 [DVD]
東映ビデオ (2003-10-21)
売り上げランキング: 14100

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/14

日本の大企業の社長の話がつまらない理由

ちょっと美化し過ぎているきらいはありますが、久しぶりに「我が意を得たり」と思った記事。
アメリカの大企業と日本の大企業の違いから、日本の大企業の社長の話がつまらない理由がよくわかります。

■なぜ、夢を語れない企業は成長しないのか。日本とアメリカの大企業の決定的な違いとは? (ダイヤモンド社 書籍オンライン)

ちょっと長いのでかいつまんで書くと、こんな感じでしょうか。

《アメリカの大企業について》
ワクワクしたビジョンとか会社のあり方というのは、「この会社の存在意義は何か」という本質を真面目に考えつくした結果として出てくるものだ。
すごく印象的だったのは、彼ら(=ビル・ゲイツやhp、CISCOの経営者)が「今後、どういう社会にしたいのか」とか、「その中で自分たちはどうあるべきか」をとうとうと語っていたこと。
自分たちはどうあるべきか」とか、「成功とは何か」とか、「企業とは何か」ということを普段から突き詰めて考えている証拠だと思う。

《日本の大企業について》
日本の大企業、たとえばNTTとか、ドコモとか、ソニーとか、パナソニックなんかに話を聞きに行っても、経営者からそういうメッセージは、まず聞かない。大企業の社長のほとんどはサラリーマンなので、創業者と違って「自分たちの存在意義は何か」という根本的な問題を考えずに、どちらかというと事業活動の成果を上げて出世して社長になった。大企業の社長で、自分のアタマで考える習慣がない人たちが多くなっているという感じがする。

こうした結果、日本の大企業の場合、社長のメッセージを聞いてもワクワクしないし、業績が総崩れになっているのでしょう。

高品質のものを低価格で大量生産の時代が過ぎ、モジュール化が進んで新興国でも見劣りのしないものを早く安く作れるようになると、メッセージやストーリーを持たない先進国の企業は厳しくなります。

iPhoneなんて、日本の大企業では絶対に作れません。
技術的には可能ですが、製品化は無理です。
もし同じものをアップルより前に、どこかの日本の大きなメーカーに勤める社員が企画したとします。
ワンセグも、おサイフケータイもなく、若い女性向けのカラーもない。
「市場調査でちゃんと消費者のニーズを聞いたのか?」
と一発で却下です。
スティーブ・ジョブズばりに、そこにある哲学を語っても、企画が通ることは絶対にないでしょう。
だって、社長以下、決裁権を持っている人たちは、「自分たちの存在意義は何か」という根本的な問題を考えずに、事業活動の成果を上げて出世した人ばかりですから。

日本の大企業にも、ここにあるように本質を真面目に考え尽くして何かを成そうとする人はいます。でも、それには大きな困難がつきまといます。会社中、いや日本の社会全体を覆い尽くした価値観とは異なる考え方を主張するわけですから。

アメリカの大企業のように変えようと動くことは、すなわち異教徒を改宗させるのと同じようなもの。簡単には行きませんし、ガチでやろうとすると摩擦も大きく、迫害や弾圧の対象にもなりかねません。今のご時世、そこまでのリスクを冒してまでやろうとする人は、限りなくゼロに近いでしょう。

そう考えると、日本の大企業が再生するのは、まだまだ先になりそうな気がします。
もし変化を起こそうとするなら、同じ志を持った人たちでスピンアウトするか、起業するしかないでしょう。こうして生まれた小さな芽が無視出来ない影響力を持ち始めた時、やっと変わるのではないでしょうか。

理想を求め続けて、笑ってしまえるくらい痛い目に遭っている自分が言うのだから、大きくズレていないと思います。

ビジョナリー・カンパニー ― 時代を超える生存の原則
ジェームズ・C. コリンズ ジェリー・I. ポラス
日経BP社
売り上げランキング: 407

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/13

ノンケの人用の牛乳?

事務所近くのスーパーで見つけた牛乳。

Dsc_0016

つい「ノンホモ」の文字に反応してしまった(笑)
ノンケの人用の牛乳みたいですね。
消化吸収を良くするために脂肪球を細かくして、ホモジナイズド(homogenized=均質化された)ものではないという意味だとは知ってますが。

ちなみに日本で売られている牛乳のほとんどは、ホモジナイズド牛乳、いわゆる「ホモ牛乳」と呼ばれるものです。(その代表が森永のホモ牛乳)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/12

「永遠の総書記」は「永遠のアイドル」である

今朝の新聞1面トップにこんな記事が。

Dsc_0014

ここまで来ると「永遠のアイドル」や「永遠の17歳」と同じレベル。

永遠の少女
(松田聖子のアルバムに『永遠の少女』というのがあったりする(笑))

今まで「永遠の~」と呼ばれたもので、本当に永遠だったものはひとつもない。
形あるものは壊れ、価値もまた時代とともに変わり、万物はうつろい消えて行くのが定め。

「永遠の」という修飾語は、単なる美称に過ぎず、それを超えた意味で使うなど、人間の奢りでしかない。

ゆえに「永遠の総書記」は「永遠のアイドル」と同じなのである。

BOMB presents「永遠の’80お宝アイドル大集合!」
オムニバス 伊藤麻衣子 伊藤美紀 可愛かずみ セブンティーン・クラブ 藤原理恵 松本典子 田山真美子 沢田玉恵 浜田朱里 沢田富美子
ソニー・ミュージックハウス (2002-12-04)
売り上げランキング: 44045

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/11

相模屋 ザクとうふ

発売直後から話題の相模屋 ザクとうふ。
大人気のため増産体制に入ったというニュースも聞きます。

なかなか本物を見る機会がありませんでしたが、ようやく近所のスーパーで発見。

ザク豆腐

値札にお店の人のハートを感じ、即購入。
だって、「1個」じゃなく「1機」ですよ。

ザク豆腐
(「1個」ではなく、「1機」と書いてあります。細かいですが、心憎い演出です。)

こういう気持ちがすばらしいです。

この手のものを扱う時は「世界観を売る」というのをわかっていないとね。

HGUC 1/144 MS-06 量産型ザク (機動戦士ガンダム)
バンダイ
売り上げランキング: 208

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/10

歓送迎会

本日は勤務先の歓送迎会。

歓送迎会

会場は西新宿にある高層ビルの49階。
ビールだけに留めて、つらつら考えている。

歓送迎会

人がみな 同じ方角に向いて行く
それを横より見てゐる心

という石川啄木の短歌みたいな感じか。

一握の砂・悲しき玩具―石川啄木歌集 (新潮文庫)
石川 啄木 金田一 京助
新潮社
売り上げランキング: 10057

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/09

答えの出ない思考

屈辱に耐えて戦うか?
全てをリセットしてやり直すか?
あるいは死中に活を見出すか?

答えの出ない思考を週末からあれこれと巡らせている。

気持ちがバキバキに折れた状態では、戦うどころか正常な判断も出来ないが。

バビロン捕囚 (COLOR BIBLE聖書)
小学館
売り上げランキング: 907693

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/08

『宇宙戦艦ヤマト2199』第一章 劇場限定版Blu-ray入手!

昨日、横浜ブルク13で『宇宙戦艦ヤマト2199』を鑑賞した後、同作のプロデューサーに電話。
作品の内容に関する話、今後の展開等々を話す。

劇場限定版Blu-rayが売り切れていたことを話すと、

「たぶん、新宿ピカデリーなら、明日(4/8)でも間に合うんじゃないかな?
あの絵コンテは相当細かく描き込んでいるから、Blu-rayで本編を観る時間と同じくらい楽しめると思いますよ。
絶対購入してもらうだけの価値がありますから!」

と自信にあふれる言葉が。

ここまで聞かされると、ファンとしては買うしかないでしょう。
だから、朝から行きました。
新宿ピカデリーに。
この劇場の指定券が無いと購入出来ないので、2日続けて鑑賞。
昨日観て、疑問に思ったところや改めて観たいところを中心にしっかりと。
客席は、横浜ブルク13と全く同じ客層でいっぱいでした。

上映後、劇場売店では、ヤマトグッズだけが別に行列が出来ていて、「えっ、こんなに買う人がいるの?」というくらいになっていました。さすが、第一次アニメブームを支えた世代です。

Dsc_0009
(劇場限定版Blu-ray)

Dsc_0008
(これが絵コンテ。劇場限定版にしか付かない特典。)

自分は、上映前に購入したので、ほとんど待たなかったですが、観た後だと一気に消費意欲が刺激されるようです。これが、リメイク版への評価ともいえると思います。
「ダメだ」と思ったら、買うわけがありませんから。

劇場限定版Blu-rayを購入したものの、自分はまだBlu-rayが再生出来る機械を持っていなかったりするのだが(笑)。

宇宙戦艦ヤマト 2199 (1) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2012-05-25)
売り上げランキング: 5

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/07

宇宙戦艦ヤマト2199

桜木町の横浜ブルク13で『宇宙戦艦ヤマト2199』を鑑賞。

Dsc_0006a

これは、初代の『宇宙戦艦ヤマト』が38年ぶりにリメイクされたもの。

Dsc_0007a

2話を1章として、7章まで制作する計画になっていて、それぞれが劇場で公開され、ペイテレビやDVDでリリースされることになっています。
劇場では、上映作品が設定資料集の特典付き限定版Blu-rayで、市販よりも1ヶ月先行して購入出来るという、ちょっと変わった試みもなされています。
客席のおじさん率とおばさん率が異常に高い。

Dsc_0005a

この特典付き限定版Blu-rayは、8,000円という価格にも関わらず完売。
古いファンの熱を感じます。

Dsc_0004a
(Blu-rayだけでなく、クリアファイルも売り切れが。まだ初日なのに。)

地球艦隊の主砲、艦隊での艦の動きといったメカの重量感がもう少し出せるといいと感じましたが、古いファンだけでなく、新しいファンも獲得出来る仕上がりになっていたと思います。
CGで重さを出すのは、相当に難しい技術ですが、艦が反転する時の動きの溜めや艦載機と艦のスピードを変えるだけでもずいぶん変わった気がします。

昨年も実写版とアニメ版が出ましたが、やっと見られるものが出て来たという感じです。
そんなことを思っていたら、エンドロールに知っている方々の名前がズラリ。
なるほど、わかるような気がします(笑)

宇宙戦艦ヤマト 2199 (1) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2012-05-25)
売り上げランキング: 6

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/06

わざとマズく作られていた!Hershey'sの軍用チョコレート

アメリカを代表するチョコレートHershey's。

ハーシー キスチョコレート 340g
(アメリカ旅行土産の定番ですね)

100年以上の伝統を持つチョコレートメーカーだが、日本製やベルギー、スイスなどのヨーロッパ製とも異なる独特な味(ココア分が少ないらしい)もあってか店頭で前面に並ぶことは少なく、輸入品を扱っている店かお土産でもらった時にしか目する機会がない。
日本では、板チョコよりは、ココアやチョコレートシロップの形の方がポピュラーかも知れない。

ハーシー チョコレートシロップ 623g
(Hershey'sのチョコレートシロップは、コストパフォーマンスは高い)
ハーシー ピュアココア 226g
(Hershey'sのココアもよく見かけます)

このHershey's、本国では軍用チョコレートも生産していて、第二次世界大戦中には10億本以上の軍用チョコレートを作っていた。(アメリカのHershey'sのサイトでは、誇らしげに書いてある)

元々、アメリカ軍が兵士向けにポケットサイズの高カロリー非常食 兼 士気高揚用にと、Hershey'sに話を持ち込んだことから開発・生産されたもの。

実は、この軍用チョコレートは、わざとマズく作られていたのだ。
しかも開発段階からの要求仕様として。
軍から提示された開発条件として下記の内容が残っている。

1. Weigh 4 ounces(重量 4オンス[約110g])
2. Be high in food energy value(食品としてエネルギー値が高いこと)
3. Be able to withstand high temperatures(高温に耐えられること)
4. Taste "a little better than a boiled potato"(味は「茹でたジャガイモよりちょっとマシな程度」であること)

1~3は、携帯性や非常食として、気温の高い戦地での利用を考えると合理的な内容である。
4が、わざとマズく作られる根拠になった項目なのだが、それには次のような理由があった。

アメリカ軍の担当者(アメリカ陸軍需品科 ポール・ローガン大佐)は、これは非常食だから、本当に必要な時に食べるものであって、その前に兵士たちが食べてしまうようなことがあってはならない。だから、有事まで手を付けないように味を落とせばいいと考えていたようである。

それでも、「茹でたジャガイモよりもちょっとマシな程度」とは、わかりやすい例えだが、ずいぶんひどい話である。

その後、味が改良されたと聞くが、こういう背景を知るとあまり積極的に手を出したくなるものではない。

アメリカ軍 野戦携行食糧 Kレーション セット 1/35 [311]
プラスモデル PLUS MODEL
売り上げランキング: 95796

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/05

嵐に耐えて咲く花

朝から見事な晴天。
一昨日の嵐が嘘のよう。

20120405

これは自宅近くの桜並木。
あの台風クラスの猛烈な風雨によく耐えたものです。

桜は散りやすくはかないものですが、

「咲くまでは決して散るものか!」

という強い意志のようなものを感じます。

散る潔さばかりでなく、咲くまで耐える姿も見習いたいものです。

苗:一才桜(プラスチックポット入り)
遊恵盆栽
売り上げランキング: 4013

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/04

気力がないにも程度がある

生命が危険にさらされれば、どんなにおとなしい小動物でも全力で抵抗する。
屠殺される運命にある家畜だってそうだ。
それなのに、すぐ目の前に危機が迫っているのに逃げることも抵抗することもなく、静かに奈落の底に堕ちる順番待ちをしている種類の人たちとは何なのだろうか?
人としてどうこう言う以前に、生物として最も基本的な部分が欠けているとしか思えない。
気力がないにも程がある。
果たして、そのような人をまともに相手にしていいものだろうか。
虚脱感に悩みながら、最近そんなことばかり考えている。

ツァラトゥストラはこう言った 上 (岩波文庫 青 639-2)
ニーチェ
岩波書店
売り上げランキング: 6921

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/03

早々に帰宅

台風並みに発達した低気圧接近のため、「特別な事情がない限り14時で退社してよい」とのお達しがあったので、早々に帰宅。

傘が役に立たないくらいの風の影響は受けたものの、普通に電車に乗れて、土砂降りになる前に自宅に帰り着きました。

昨年の大型台風の時は、15分早く事務所を出ていれば普通に帰れたはずが、わずかの差で帰宅難民となってしまいましたが、今回はその経験を活かした迅速な行動が奏効した感じです。

正直に言えば、とっとと帰りたかっただけですが。

耐暴風・耐強風傘(三段折り畳み式) EEA-YW0449
イーサプライ
売り上げランキング: 26111

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/02

言葉を恣意的に用いるものは

今、読んでいる押井守監督の最新刊から書き留めておきたい言葉をふたつ。

■見たくないから見ない、気がついても言わない、言っても聞かない、そして破局を迎える。

■言葉を恣意的に用いるものは、その言葉とともに滅びるしかない。言葉の都合で地球が回るわけではないからだ。

(押井守『コミュニケーションはいらない』)

監督には、仕事で何度もインタビューしていますが、この著書にあるインタビュー記事に関する厳しい指摘には耳が痛かった。(そう遠くないところにいるだけに余計に)
もっと精進しないといけなさそうです。
まずは古典や漢籍を手に取るところからはじめたい。

コミュニケーションは、要らない (幻冬舎新書)
押井 守
幻冬舎
売り上げランキング: 171

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/04/01

武器の売人に関する情報

地下鉄銀座線の末広町駅で武器の売人に関する情報を目撃。

何でもありの東京とはいえ、ここまであけすけに武器の売買が行われたているとは…

武器の売人に関する情報

武器―歴史,形,用法,威力
ダイヤグラム・グループ 田島優 北村 孝一
マール社
売り上げランキング: 34540

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年3月 | トップページ | 2012年5月 »