« 連休最終日 | トップページ | 危険な兆候 »

2012/05/07

希望が無くなった時

本当に希望が無くなった時、人は何も反応しなくなる。

怒りの感情や言葉が出て来るのは、まだ何かしらの希望や可能性に対する期待があるからだ。

希望がなくなったらどうなるか?
現実を黙って受け入れるか、その場を去り新天地を目指すか、あるいは戦うかだろう。

昔なら迷わず戦っただろう。
しかし、残された時間が限られて来ると、その決断も鈍りがちになる。


希望のつくり方 (岩波新書)
玄田 有史
岩波書店
売り上げランキング: 22358

|

« 連休最終日 | トップページ | 危険な兆候 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/54657068

この記事へのトラックバック一覧です: 希望が無くなった時:

« 連休最終日 | トップページ | 危険な兆候 »