« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012/08/31

雑感

伝えたい気持ちがあれば、手段は多々あっても伝わるもの。

そんなことを思いながら、ビル風の中に立っていた。

楽な方に流されてしまいそうになるけど、難しい方を選んだ方が良い出会いがあったりする。そこに行き着くまでは「何でこっちを選んだんだろう?」って思うこともある。

「こんなに不器用に生きているのは自分だけか?」と思っているところに同じように生きている人に会えると、それだけでもうれしい。
さらにその人が大きな夢を持っているとわかるともっとうれしい。

たくさんの不幸せの中に小さな幸せが一つでもあると「生きてて良かった」と思うんだよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/30

冷えたな

帰りの東横線の中が冷房が効き過ぎて寒い。
電車に乗るまでの間、汗をかいたせいもあって、一気に身体が冷えてしまった。
じっとしてると寒くて仕方がないので、せっかく座れたのに途中からドアの近くに移動して熱い外気に当たる。
着いた時には、寒気がしてしかたがない状態に。
まさかこんなことになるとは。
明日は早く起きなければいけないのもあるので、アルコー…じゃなかった、薬を飲んで早めに休みます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/29

秋の気配

事務所を出て、ふと空を見上げると、高層ビルの間に月が煌々と光っていました。
こういう光景を見ると、秋の気配を感じます。

Dsc_0197a

まだまだ暑いけれど、風の中に少しひんやりした空気を感じる時も。
夏の終りが見えて来たから、終わる前にしっかりと冷たいビールを飲んでおこう。
行く夏を惜しみながら。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/28

疲れたな

疲れたな、いろいろと。

楽しいことがたくさんあった休暇明けだから余計につらい。

早く終末…じゃなかった、週末が来ないかなぁ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012/08/27

社会復帰1日目

夏期休暇明け、出勤してみると届いたメールが2700通弱。
まる1週間不在にしていただけで、こんなことになっているとは。

原因はメーリングリスト。
いくつも登録されているせいで、次から次にやって来る。
メーリングリストがメーリングリストに登録されていて、さらにその両方に関わっていたりすると、信じられない勢いで増殖します。

そんなのも含めての数ですが、それでもひと通り流すだけで半日近く費やすことに。
既視感たっぷりのメールの中で見落としがないかチェックするだけでも、思ったより神経を使うものです。

社会復帰1日目にして、既に逃げ出したくなっております。

楽園トラベラー vol.2 (地球の歩き方ムック 海外 12)
ダイヤモンド・ビッグ社
ダイヤモンド社 (2012-07-05)
売り上げランキング: 13993

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/26

現実に戻る前に

9日間の夏期休暇を取ったのも何年もないが、さらに1週間も一人で出掛けるなんて何十年ぶりだっただろうか?

現実に戻る前に、もう一度だけ、この休暇を振り返ってみたい。

Dsc_8774a
(プライベートビーチでも何でもない、ただの海水浴場)

海と山を巡り、日常を離れて得たものもあったし、思い出の地を歩いて、自分の原点を確認することも出来た。

Dsc_8933a
(九州の大きさが感覚でわかる場所だった)

また明日から元の生活に戻りますが、もう少しだけがんばれそうな気がします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/25

日常への入り口

日常への入り口
これから羽田空港へ。

機内につながる通路が日常への入り口に見えて仕方がない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

旅先最終日

旅先最終日
1週間の旅も今日が最終日。
残り時間が惜しいせいか、夜明け前に目が覚める。

久しぶりの長い休暇もあっという間に時間が過ぎてしまいました。

たくさん楽しんだだけに、さびしさもひとしおです。

理屈なしに素直に笑える。
恵まれた環境を改めて実感しました。

またいつもの日常に戻ります。
たぶん、すぐに慣れてしまうでしょう。しかし…

ありふれた毎日が全てじゃない。

おおきく、ひろい視点で考えなければね。
うしろ向きに考えてばかりだと良いことはないから。

さて、また次を目指してがんばりますか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/24

かき氷の意味

かき氷の意味
昨日に引き続き、逍遥の一日。
思い出の場所も歩き、感慨深い時間を過ごせました。

暑さに耐えられず、立ち寄った店でかき氷を注文。
一気に汗が引いて、ひとごこちつきました。アイスやビールでは得られない効果。真夏のかき氷には意味があるのだと、改めて実感。

今日もまたよい一日となりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/23

地鶏

地鶏
今日は昼から地鶏の岩盤焼きを食す。
ひと噛みごとに押し返すような歯ごたえと染み出す肉汁を堪能。

ここでしか得られない体験でございます。案内してくれた友人に深く感謝。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/22

平日の昼間からビール

平日の昼間からビール
昼間、市内を徘徊。
暑かったので、ビールを頼む。
平日の昼間から飲むというのも非日常的でいい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

海辺の休暇

海辺の休暇
本日は海辺で休暇。
砂浜がある海なんて何年ぶりでしょうか?
きれいな空気とうまい食べ物でリフレッシュして来ました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/20

雷鳴

雷鳴
さっきまでの晴天が一転。
にわかにかき曇り、強風で木々がバタバタと鳴り始めた。
雷鳴が轟き、雨が降りそうな予感。

しかし、雷ばかりが派手に鳴り続けるのも無気味なものです。

と、思っている間に猛烈な雨が。
目の前が真っ白でよく見えません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

健全な暑さ

昨夜は久しぶりに飲んだせいか、早々に猛烈な眠気が襲って来てダウン。
おかげで、4時半から起きています。

コンクリートばかりの自宅周辺と違って、こちらは夜風にひんやりしたものを感じます。暑いのは暑いですが、常識的な暑さ。健全な暑さとでも言うのでしょうか。かつては、これが普通の夏でした。いかに最近の暑さが異常かよくわかります。

とは言っても、いつこちらも異常な暑さになるかわかりません。出来れば帰るまでは、このままであって欲しいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/19

移動中

移動中
ただいま移動中。
しばしの間、日常を離れて休養して来ます。
予算があれば、携帯の電波も届かない海外にでも行きたいところですが。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2012/08/18

明日から本格夏期休暇

今年の夏は思い切って9連休に。
これだけまとまった休みって何年ぶりだろうか?
明日から1週間、一人でちょっと遠くまで(国内ですが)行って来ます。
大した荷物はないけれど、パッキングしていたら、ひと汗かいてしまいました。
日常を離れて、少しゆっくりするつもりです。

ポケットモンスター「ミュウツーの逆襲/ピカチュウのなつやすみ」【劇場版】 [DVD]
メディアファクトリー (2000-06-23)
売り上げランキング: 8831

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/17

回り回って振り出し?

さっき久しぶりに連絡があった。

名前を見て驚いた。
こういう縁もあるんだね。

ある意味、最適な解かも知れない。
今までで一番相性が良かったのも間違いないし、よく知っている人と場所だし。
何よりそこの門下生だったからなぁ。

おもしろいもんだね、人生って。
回り回って振り出しなのかな?

ものすごい遠回りだけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/16

風の音にぞ おどろかれぬる

今朝、出勤時の風にふわっとした柔らかさを感じた。
そういえば少し前に立秋も過ぎたことを思い出す。

そういえば、『古今和歌集』で藤原敏行が、

秋きぬと  目にはさやかに  見えねども  風の音にぞ  おどろかれぬる

と詠んだ歌も立秋だったか。
1100年以上前の人と気持ちが通い合ったようで、ちょっとうれしい。

「この調子で涼しくなるのか」

と期待していたら、帰りの蒸し暑さにすっかりやられてしまい、今や溶け切った冷凍食品状態。
ふにゃふにゃでぐったりとしております。


新版 古今和歌集 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)
角川学芸出版
売り上げランキング: 45453

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/15

終戦記念日と電車事故

本日は終戦記念日。

毎年、靖国神社参拝が恒例になっている。
休みが取れなかったので、早朝に家を出て参拝してから出勤しようと、今朝は5時に起きた。気合いを入れて準備したが、家を出る直前にテレビのニュースで東横線が上下線ともにストップしたとの情報が。

これで予定が全部狂ってしまった。

そして、昼間その原因がこの事故だったと知ってショックを受ける。

■電車とホームに挟まれ足切断 東横線渋谷駅で20代女性

記事を読んだだけでも、ゾッとする。
深夜まで飲んで始発で帰ろうとしたのだろうか。

飲兵衛としては、とても他人事には思えないくらい重い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/14

ディールブレイク

正攻法でやってみましたが、判断は覆らず。

もとよりわかっていた結果ですが、本当にダメだというのを確認するためのステップ。

これでディールブレイク。
舞台を次のステージに進めざるを得ません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アレが好きなコレです

地元のスーパーでこんなものを見つけた。

Dsc_0172

男子体操の内村航平選手の好物で知られる有楽製菓の「ブラックサンダー」。
このオリンピックでも金メダルを獲ったことから、注文が殺到しているらしい。

週刊朝日 2012年8月17/24日合併号
(男子体操の内村航平選手)

でも、ポップは「有名選手の大好物♪」という微妙な表現になっている。
公式スポンサーでもないので、こうした表現を使わざるを得ないのだろうが、年寄りが「ほら、あの人が好きなあれ。なんだったっけ?あれよ、あれ。わかんないかなぁー」みたいな感じに見えて仕方がない。

有楽 ブラックサンダー 1個×20個入 1ケース
有楽
売り上げランキング: 2403

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/13

口頭弁論

明日の用意をしていたら、もうこんな時間。
自己アピールは好きではないが、やらなきゃいけないから仕方がない。

口頭弁論みたいな感じになるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/12

バカが全裸でやってくる

行きつけの書店のコミックコーナーで店員さんに「最近、おもしろいのない?」と聞いて、紹介してもらった本が『バカが全裸でやってくる』。

「えっ、これ?」

バカが全裸でやってくる (1) (カドカワコミックス・エース)

と渡された時は、正直引きました。女性の店員さんからなので、なおさらです。
でも、いつも期待を裏切らないので。迷わず購入。

原作はライトノベルのようです。
主人公は、小説家志望の男子大学生。
学部の新歓コンパには、既に女子大生作家として成功している同級生。
そこに全裸の男が乱入するところから話ははじまる。

全裸男との関わりで、彼が自分と自分の夢を信じはじめ、次第に小説家らしくなっていくストーリーの流れが出来たところで1巻は終わり。
興味が出て来たので、原作も読んでみようかと思っています。

こういう本との出会いというのはいいものですね。
ある程度、趣味や趣向が固まって来ると、それ以外のジャンルに接することが少なくなってしまいます。特に社会人になって長くなると、仕事関係か昔から好きだったジャンルしか目がいかなくなります。

Amazonやネット書店は確かに便利ですが、オススメで出てくるのは、想定の範囲のものばかり。(カレーが好きだからといって、いつもカレーが食べたいわけではないのに、カレーや福神漬けばかりを勧められるようでうんざりします。)
「これは知らなかった」という驚きや世界が広がった感は得られません。

そういう意味で書店の店員さんには、本当にお世話になっています。
旬のものや食わず嫌いのものを教えてくれたおかげで、かなり世界が広がったと思います。
どこにでも的確なアドバイスが出来る店員さんばかりではありません。単にランキングから紹介をするだけだったりする人も多いです。
今までの経験だと、担当するコーナーに愛情を注いでいる店員さんがいる店だとハズレはないです。ポップだけでなく、コーナー作りや作品選びなどにこだわりがあるので雰囲気でわかります。

「最近、おもしろい本がない」とお嘆きの方は、ぜひお試しください。

バカが全裸でやってくる (メディアワークス文庫)
入間 人間
アスキーメディアワークス (2010-08-25)
売り上げランキング: 19955

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/11

うっかりした結果

昨夜ついうっかりして、痛い方の足で思いっきり蹴りを入れるような形になってしまった。
「ヤバい」と思った時には、時すでに遅し。
じわじわと痛みが広がって、夜はなかなか寝つけなかった。
朝イチで病院に行こうかと思ったら、タイミングが悪いことに今日からお盆休みで近所の病院はどこも休み。
おかげで今日は朝から腫れた箇所を氷で冷やさないといけないことに。
いかんなぁ…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/10

久々にすっきり

肉体的な疲れは寝れば消えるけど、精神的な疲れは寝ただけでは消えない。
身体を動かして、汗といっしょに流してしまわないと根雪のように積もっていくばかり。
そういう意味では、今週はいい形でストレス解消が出来た気がします。
火曜日の古巣の飲み会で腹から笑って、今日のリハビリでは思いっきり汗をかけました。
頭の上を覆った雲が消えて、久々にすっきり眠れそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/09

うその店

西新宿を歩いていたら、こんな看板を発見。

Dsc_0170

どんなうそもつるりと飲み込むくらいじゃないと、ここでは生きられないのかも知れません。


文庫 平気でうそをつく人たち 虚偽と邪悪の心理学 (草思社文庫)
M・スコット・ペック
草思社
売り上げランキング: 24807

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/08

敗者とは一番最後にゴールする人のことではない

「オスカー、敗者とは一番最後にゴールする人のことではない。初めから出場することを諦めてしまう人のことを言うんだよ。」

(2012年8月5日 朝日新聞朝刊)

これは、義足ランナーとして初めてオリンピック選手になった南アフリカの陸上選手オスカー・ピストリウスさんの母シェイラさんの言葉。

スタートラインに立たない以前に、出場することすら諦めてしまっていることがなんと多いことか。
機会がある限り出場を目指し、出場が叶ったら全力でやる。
これしかないと思う。
可能性を自ら狭めてはいけない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/07

銀座の夜

銀座の夜
銀座で古巣の先輩方と飲んでおります。
やっぱり、いいわ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/06

日本国内でいう「市場価値」

労働者に対して「市場価値で」「国際的な自由競争で」と言い立てる企業に限って、国の補助金や公共事業、法人減税がないとやって行けないと騒ぐのはなぜだろうか?

稼ぐ企業は、そんなものなくても稼いでいるし、環境のせいにしていない。

日本の経営者を市場価値で、かつ国際的な自由競争で評価したら、誰も残らないのではないだろうか。

日本国内でいう「市場価値」なんて所詮そんなもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/05

戦犯からヒーローへ

テレビのオリンピック中継でフェンシング男子フルーレ団体を見ていた。

残り6秒で2点差。
残り1秒で同点に追いつく。
そして、延長でビデオ判定でハラハラさせて勝利!

これで銀メダル以上が確定。
週刊少年ジャンプのスポーツマンガのような展開ですが、そもそも太田がリードを守れず逆転されたのがそもそもの原因じゃないかと。
負けていたら、戦犯だと明日の新聞やニュースで叩かれていたはず。
でも、この勝利で戦犯からヒーローへ。

個人的に応援している選手だから、本当に勝ってよかったよ。
もし負けてたら、ニート生活に戻る可能性が高かったはずだから。
一生懸命やっている人には、将来に不安を持たずにその道を続けられるようになってほしいと思う。

太田雄貴「騎士道」―北京五輪フェンシング銀メダリスト
太田 雄貴
小学館
売り上げランキング: 150593

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/04

教学研究社が廃業に

近所の本屋に立ち寄ったところ、学習参考書コーナーにこのような貼り紙を見つけた。

Dsc_0155

「教学研究社、廃業につき 10%値引き販売中!

※内容的には問題ございません。
※出ているものが全在庫です。

追入荷はございません。お早めにお求めください」

Dsc_0154

「力がつくシリーズ」は、中学の時に通っていた塾の指定参考書だったので、同社の参考書・問題集には、ずいぶんお世話になった。
特にこの時期になると、夏期講習の宿題として、汗をかきながら(昔は自室に冷房もなく、扇風機だけだった)深夜まで格闘したのを思い出す。
また、同じ塾に講師として勤務していたこともあり、中学部の「力がつくシリーズ」だけでなく、小学部の「力の5000題」も授業で使った。

力の5000題算数
(これが「力の5000題」。バリバリの文系人間だったが、塾講師としては理数系専門。苦手だった分、わからない子にわかるように教えるのは得意だった)

自分にとっては、縁が深すぎる出版社だった。
それだけに、この貼り紙を見た時はショックを受けた。

自宅に戻り、調べてみると、こんなニュースがあった。

■教学研究社(大阪)、破産手続き開始決定-負債6億円(2012年7月6日)

(株)教学研究社(資本金1,000万円、大阪市西区新町3-4-8、代表 小谷一夫氏、従業員43名)は、7月5日に大阪地裁より破産手続き開始決定を受けた。
(中略)
「中学事典」「力の5000題」などを主力として、関西地区では一定の知名度を得ていた。問屋向けを中心に販売活動を行い2003年8月期には年売上高約17億円を計上していた。
(中略)
少子化の進行に伴い売り上げは徐々に減少し、2007年8月期の年売上高は約12億5,000万円までダウン。赤字決算を計上して以降、業績は回復せず厳しい資金繰りを余儀なくされていたなか、割引手形利用などでしのいできたが限界となり今回の措置となった。
負債は推定6億円。

やはりここでも少子化の影響が。
今の学習参考書のように、噛んでふくめるようなものではなく、割と高いレベルの内容だったのも大きいのかも知れない。

昔、難しい内容をやさしくわかりやすく教えることで有名だった大手予備校の講師が、
「今は東大・京大、早慶上智を狙う学生でも自分の授業に付いて来れなくなっている」
と嘆いていた。
これが10年ちょっと前の話。
今は、推薦入試やAO入試の拡大で当時よりもっと厳しくなっているはずだ。

こうした時世で生き抜いて行くのは厳しいだろうが、それでも良質な難問を作れる出版社が日本から消えてしまうというのは、非常に残念に思う。

中学入試力の5000題小学高学年国語
教学研究社
売り上げランキング: 428664

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/03

連投

本日は前職時代にネットワークゲームやサービスを一緒に作った方と飲み会。
昨夜に続き、連投になります。
(しばらくお酒は控えるつもりだったのに(笑))

ともに今は違う会社に移っていますが、こういう形でつながっているのはありがたいものです。

久しぶりの再会となりますが、楽しめそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/02

暑いので

暑いので、ちょっとだけ飲んで帰ります。
ビール一杯、いや二杯だけ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012/08/01

やはり甘かったか

月末月初は月締めの事務処理がまとまってあるので、忙しかったりする。
一応、リハビリの道具を用意して出勤したが、思うようにはいかないようだ。
定時過ぎてからも至急対応の案件が重なり、釈放されたのは、リハビリの受付時間どころか終了時間近く。

「やはり甘かったか」と現実を受け入れ、帰りの電車でつらつら考える。
人ひとりの存在が何かに影響を与え、何かを動かしたとしても、きっかけとなった当人が気が付いていないこともあるし、わかっていたとしても必ずしも報われるものでもない。
サッカーで言えば、シュートを決めた選手は脚光を浴びるが、アシストした選手があまり目立たないような感じだろうか。
そんなものの繰り返され、重層的に積み重なってるのが人の世なのだ。
などと思ったところで電車は最寄り駅に着いた。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »