« アメリカ軍が空飛ぶ円盤を開発していた | トップページ | 「ビッグデータ」は高価なおもちゃ »

2012/10/10

再来年の大河ドラマは黒田勘兵衛

再来年の大河ドラマは秀吉の軍師 黒田勘兵衛。

勘兵衛が豊前に入封した時、反旗を翻して戦い滅ぼされたのが我が先祖。
言い伝えによると、地元の豪族連合800で黒田家の軍勢1万と対峙。
一度はこれを撃退するも、所詮は多勢に無勢。あっけなく鎮圧されてしまったらしい。
先祖の城は後藤又兵衛の持ち物になったと聞いている。
ドラマには登場しないだろうけど、イベントとしては出て来そうな予感。

秀吉の天下統一後、死んだふりをしていた勘兵衛が、関ヶ原で東西が戦ってる間に九州を席巻し、その後、東西の勝者と決戦を挑んで天下を取ろうとした話は有名ですが、個人的に大好きなエピソードなので、ぜひドラマでもしっかり描いて欲しいものです。

黒田官兵衛―秀吉も一目おいた天下人の器 (PHP文庫)
浜野 卓也
PHP研究所
売り上げランキング: 49750

|

« アメリカ軍が空飛ぶ円盤を開発していた | トップページ | 「ビッグデータ」は高価なおもちゃ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/55862841

この記事へのトラックバック一覧です: 再来年の大河ドラマは黒田勘兵衛:

« アメリカ軍が空飛ぶ円盤を開発していた | トップページ | 「ビッグデータ」は高価なおもちゃ »