« 日本人は一回うまくいくと、必ず同じことを繰り返す | トップページ | よせばいいのに5 »

2012/10/28

夢は枯野をかけ廻る

「旅に病んで 夢は枯野をかけ廻る」(松尾芭蕉)

【意訳】
旅先で病に倒れた私はもう旅を続けることは出来ない。
しかし、夜ごと見る夢の中では、今も私は旅に明け暮れた時のように、すっかり葉が落ちてしまった冬の枯野をかけ廻っている。

中学の時に習った松尾芭蕉の句。
辞世の句と言われるものですが、今だとその気持ちがよくわかる。
かつてのように自由に動けなくなった今でも、夢だけは昔と同じように変わらずに、いやそれ以上に縦横無尽に世界を駆け回っている。

芭蕉全句集 現代語訳付き (角川ソフィア文庫)
松尾 芭蕉
角川学芸出版
売り上げランキング: 30055

|

« 日本人は一回うまくいくと、必ず同じことを繰り返す | トップページ | よせばいいのに5 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/55993542

この記事へのトラックバック一覧です: 夢は枯野をかけ廻る:

« 日本人は一回うまくいくと、必ず同じことを繰り返す | トップページ | よせばいいのに5 »