« 霧の新宿 | トップページ | コストカット志向が蔓延すると企業は衰退する »

2012/11/07

経験則

全て実をつけるまで待ち、余さず刈り取れるのが理想ではあるが、それは非常に困難である。
そうとわかっていても、ギリギリまで待ってしまうのが人の常。
結果、大風や大雨で全て実が落ちてしまったり、他人に刈り取られてしまい、果実を得るどころか損失を被ることすらある。
従って、ほどほどで妥協し、ある程度の収穫を得て、喜ぶのが正しい姿なのだろう。

最近、身をもって体得した経験則である。

オバマ大統領再選のニュースを聞きながら。
Dies ist Kapitalismus.

|

« 霧の新宿 | トップページ | コストカット志向が蔓延すると企業は衰退する »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/41793/56065649

この記事へのトラックバック一覧です: 経験則:

« 霧の新宿 | トップページ | コストカット志向が蔓延すると企業は衰退する »