« 2013年4月 | トップページ | 2013年9月 »

2013/08/31

浅草サンバカーニバル

本日は懇意の俳優さんのステージ「クレイジークライマーショー」を観に浅草まで。

Dsc_2039
(当日のクレイジークライマーショーの様子。赤い帽子の男性がヒロキチさんです)

博多からこっちに来て20年以上になりますが、
浅草サンバカーニバルに来たのは初めてです。(暑いのと人混みは苦手です)

会場に行く途中に浅草サンバ

カーニバルに遭遇。

「せっかくなのでこれは撮るしかない!」

と思ったものの、歩道をまっすぐに歩けないくらいの混雑。

Dsc_1912

6~7段くらいの人垣になっています。
これでは撮影どころではありません。

Dsc_1906

とはいえ、そのまま諦めるのもちょっと口惜しい。

過去に取材やライブ撮影で鍛えた腕で人垣の合間からスナイパーよろしくサンバ隊を狙いますが、難易度が高過ぎます。
人垣だけなら何とかなりますが、ほとんどの人がビデオカメラ、カメラ、ケータイ、タブレット端末(!)を持って被写体を追いかけているので、人垣のすき間がないのです。

そんな苦労をしながら撮ってみた写真がこんな感じ。

Dsc_1930

Dsc_1943

Dsc_1956

Dsc_2193

Dsc_2203

Dsc_2231

Dsc_2238

Dsc_2248

Dsc_2258

Dsc_2278

Dsc_2294

Dsc_2309

Dsc_2321

Dsc_2331

Dsc_2335

雷門前の通りは、大騒音とものすごい人混み。
しかし、一本道を入るといつもの浅草の風景が広がっていて、不思議な感じがしました。

Dsc_2005

ヒロキチさんの舞台とサンバの踊り子を撮ってて、ふと思った。
自分は何かに一生懸命になっている人の姿を撮るのが好きなんだな、と。

ブラジル・サンバ - リオのカーニバル ベスト盤 (Brasil Samba - Best of Carnival in Rio)
Various Artists
ARC MUSIC (2003-10-20)
売り上げランキング: 107,084

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/08/24

人生における機会損失

人生における機会損失
今日は初日朝10:10からの上映の「宇宙戦艦ヤマト2199 第七章」を新宿ピカデリーまで観に行く。

昨年から始まった上映も今回が最終章。回を重ねる度に観客が増え、特にテレビ放送が決まったあたりから加速した気がする。

今回、上映終了後、客席から自然に拍手が起こる。後ろの席の同年代の男性は小学生くらいの娘さんに「お父さん、泣いていたよねー」とからかわれていたが、気持ちはわかる気がする。
この年代には思い入れがある作品ですから。

ただ残念なのは、この作品に仕事でからめなかったこと。プロデューサーやスタッフに以前一緒に仕事をさせていただいた方もいたので可能性があっただけに余計に残念に思います。
いいアイディアもいっぱいあったんだけどなぁ…

こればかりは巡り合わせというかタイミングというものがある。

ただ、いつでも対応出来るような環境にはいたいもの。
人生における機会損失。
これだけは切に感じた。

二度とこういう思いをすることがないよう、早々に対応が必要だと痛感した。人生の時間は無限ではなく、チャンスは準備が整うのを待ってはくれない。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年9月 »