« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »

2015/05/10

LiLi in 横浜大さん橋 国際客船ターミナル(2015.5.5)

連休後半の5月5日。
横浜出身のバンド「LiLi」のライブを観に横浜大さん橋の国際客船ターミナルに出かけた。

前回の参戦は、昨年11月下旬のワンマンライブ。
この時に新しい撮影機材の導入を決意したというのに、LiLiを撮らないまま、気がつくと半年近い時間が過ぎていました。

P5050004
(横浜出身のバンド「LiLi」)

P5050201
(横浜大さん橋 国際客船ターミナル)

新しい機材を担いで、いざ現地に。
会場が近づくと、

「LiLiの最初のミニアルバム『Link』のCDジャケット写真を撮ったのは、この界隈だったなぁ」

などと思い出してしまいました。

あれから機材も移り変わり、現在の稼働機は、一眼レフ(2代目)×1台、ミラーレス機2台の3台体制。
今回は、一番新しいミラーレス機を用意して参戦です。

雨バンドの異名を取るLiLiですが、この日は快晴。
気候もよく、客席は多くのお客さんで埋まっていて、立ち見が出る盛況ぶりです。

P5050173

P5050071
(Vo.Miyuki)

P5050186
(Gt.Jiro)

P5050116
(Bass Yukko)

P5050167
(Key.Hajime)

前回のワンマンライブで、既にDrs.Emiは脱退していたので、4人編成のスタイルは見ていたはずのですが、やはりまだ慣れないものです。

P5050150

P5050113

P5050020

P5050152

P5050030

P5050090

P5050163

P5050182

P5050158

P5050199

この場所でのライブは、過去に何度も見ていますが、観客の数は最も多いように思えます。
そんな中でも堂々と客席に食い込んでいく姿に、これまでに積んだ経験値を感じさせます。

この日、LiLファンi歴10年以上のキャリアのみなさんと久々に再会。
昔話に花が咲きましたが、自分を含めて彼ら彼女たちの成長に目を細める様子は、まるで参観日に来た父兄のような感じでした。

P5050145

P5050140

P5050122

P5050143

P5050107

P5050189

P5050197

P5050187

P5050096

今、こうして撮った写真を見ていると、「垢抜けてきれいになったな」と感じます。
見た目だけでなく、ステージでのパフォーマンス、立ち位置など、場面を切り取って絵にした時、以前に比べてムダがそぎ落とされて、シャープになっているように思えます。
観客に見られることを意識して来た結果なのでしょう。

P5050128

やはり、ライブの撮影は楽しい。
10年以上同じバンドを撮りつづけて、その成長や変化を切り取っていくのは、もっと楽しい。
その瞬間、瞬間の一番いい表情を撮っているはずなのに、常に新しい発見が見られるのですから。

しばらく、ライブ撮影が出来ない時期が続きましたが、新しい機材で違った表現が出来そうですし、クセもわかって来たので、これからまた参戦のペースを増やしていければと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/07

塚田哲夫ワンマンライブ in navi cafe

ガングルオンのVo.&Gt.テツオ初のワンマンライブがあると聞き、参戦して来ました。

塚田哲夫ワンマンライブ in navi cafe
(東京・西新宿のnavi cafeでのガングルオン Vo.&Gt.テツオ)

平日かつ連休明けの月初だったので、仕事がたまっている状況で無理だと思ってましたが、後半から何とか聴けたのはラッキーでした。

記念すべき初ソロワンマンだから記録を残しておきたいのが人情。
しかし、行けるかどうかわからなかったので、カメラを持っていない。
スマホのカメラで撮るのも考えたが、自分のiPhone6は豪快なシャッター音がする。
慌てて無音のカメラアプリをダウンロードして、1枚だけこっそり撮影。

ソロでワンマンという環境もあり、いつもより内面を語るトークがあったり、アンコールの『空と羽根』では観客が歌って、テツオはギタリストに徹するという面白い趣向(喉の調子が悪かったため、生れた即興の企画ではありますが)もあり、楽しませていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/06

ガングルオン ワンマンライブ in RUIDO K4(2015.4.5)

気が付くと長かったゴールデンウィークも今日が最終日。

遅ればせながら、1ヶ月前に東京・新宿にあるライブハウス「RUIDO K4」で行われたガングルオンのワンマンライブ写真をアップします。

P4050163
(東京・新宿にあるRUIDO K4でワンマンライブを行うガングルオン)

この日は、Drs.リョウのラストライブ。
これをもって、ガングルオンを脱退となる。
1月に脱退が発表されて以来、複雑な気持ちのまま、この日を迎えてしまった。

前身のバンドからなので、11年近い付き合いになるだろうか。
それだけに、新しい道を進むことに頭では理解出来てはいても、どこかやる方のない重いが残る。

Dsc_5696
(東京・新宿にあるRUIDO K4)

特別なライブでもあるので、今回はリハーサルから入れさせていただいた。

場所は、東京・新宿にあるライブハウス「RUIDO K4」。

最近メインである吉祥寺ではなく、前身のバンドでホームにしていた原宿RUIDO(今は無くなって跡地にはニコニコ動画のスタジオになっている)系列であり、縁の深いライブハウス。リョウのラストを飾る舞台にふさわしいと思う。

Dsc_5701
(リハーサルの様子)

Dsc_5703
(音をチェックするリョウ)

ステージの壁にある「RUIDO」のロゴを見ながら、来し方を考えてしまった。

Dsc_5841

下は、手元に残っている最古のDrs.リョウの写真。
10年以上前になる2005年3月5日 渋谷RUIDO K2でのもの。
この頃はコンデジで撮っていた。
ISO100固定の機種で、今の携帯カメラを大きく下回る性能だった。
そんな機材でのライブ撮影、しかもドラムを撮る時の歩留りは、もはや念写に近いものがあった。

Dscf0024
(2005年3月5日だから、ほぼ10年前の写真。この時はコンデジで撮影していた)

Dsc_0128
(そして、これが同年3月26日。一眼レフ初デビューの写真。ここから機材のエスカレートが始まった…)


こういう写真を見ると、改めて流れた時間の長さを感じます。

P4050067
(ファンからの大きな花輪も届いていました)

P4050066
(当初はサプライズでプレゼントする予定だったDrs.リョウの顔写真入りの横断幕。ここに多くのファンからのメッセージが書き込まれた)

一方、リハーサルには、特に感傷的なものもなく、淡々と準備は進む。
メンバーの様子もいつも通りである。

自分も思い直して、普段通りでいようと可能な限り冷静にいようと努めた。

P4050075
(リハーサル後、楽屋でセットリストを書くDrs.リョウ)

P4050077
(手元を拡大。思うようにセットリストが書けないリョウの様子に、いつもと違うものを感じた。)

早くはじまって欲しい反面、はじまってしまえば、4人のガングルオンの最後に向って時計の針は動き出してしまう。

そう思うと「このまま時が止まればいいのに」と願ってみたりしたくもなる。

そんな思いをよそに、やがて開場時間を迎え、予定より5分ほど過ぎて開演を迎えた。

Dsc_6113
(Drs. リョウ)

Dsc_5952
(Bass カズヒロ)

Dsc_6473_2
(Key. ヨシアキ)

Dsc_6546
(Vo.&Gt テツオ)

いったん、ライブがスタートすると、いつもの楽しい時間が流れだす。
心地よいサウンドと疾走感あふれるステージ。
リョウの特徴でもある高めにチューニングしたドラムの音がパーンと弾ける。
(この音が聴けなくなるのかと思うと実に残念でならない)

前身のバンド「せきずい」以来のファンも、ガングルオンからのファンも一緒になって、彼らの奏でる音楽にひたる。

P4050082

Dsc_5890

Dsc_5911

Dsc_5924

Dsc_5938

Dsc_5958

Dsc_5973

Dsc_5964

P4050091

Dsc_5989

Dsc_5994

Dsc_6039

P4050124

P4050133

P4050137

Dsc_6170

P4050178

P4050170

Dsc_6186

Dsc_6064

Dsc_6092

P4050124_2

Dsc_6170_2

Dsc_6159

Dsc_6143

Dsc_6234

ライブもちょうど半ばにさしかかった時、せきずい時代の名曲『チャリンコライダー』が。
懐かしいイントロが流れると、悲鳴のような声が会場から。
ガングルオンになって初めて来たせきずい時代からのファンには、きっと大きなプレゼントになったと思う。

P4050193
(『チャリンコライダー』に会場は一挙に沸き立つ)

Dsc_6241

Dsc_6247

ヨシアキは、「まだ『チャリンコライダー』を超える曲が書けない」とテツオに言われていたが、個人的には『風をきる少年のブルース』は、路地裏をママチャリで飛び出した少年のその後を描いたアンサーソングのようで好きである。


Dsc_6253

Dsc_6285

Dsc_6336

Dsc_6140

Dsc_6301

Dsc_6372

Dsc_6411

Dsc_6405

Dsc_6418

P4050221

Dsc_6018

Dsc_6421
(この日会場で配られたチラシには「ガングルオンやってます」の言葉が)

P4050228

P4050255

P4050263

Dsc_6448

Dsc_6434
(このような感じで、ステージ全体を見守りつつ、リズムを刻む姿が印象的でした)

Dsc_6423

Dsc_6526

Dsc_6546_2

Dsc_6532
(しっかり目線をいただきました)

Dsc_6483

P4050269

ライブ後半には、リョウのドラムソロが。
最後ということなのか、いつもよりもかなり長い演奏時間。
相当きついはずだが、それでもバテることなく、最後までその高い技術を見せつけてくれた。

Dsc_6586

Dsc_6598
(酸素ボンベの差し入れがありましたが、アクシデントなのか出なかったようです)

Dsc_6623

P4050305

Dsc_6650
(メンバーから花束が渡される)

P4050294
(寄せ書きでびっしりと埋めつくされた旗が手渡される。幸い(?)顔に落書きする人はいなかったようです)

P4050313

Dsc_6688
(リョウらしい丁寧な挨拶がありました)

Img_2118
(ガングルオンメンバー4人揃った最後のカーテンコール)

カーテンコールを見ながら、
「もう、4人揃って見ることはないのか…」
と思うと切なくなる。

Drs.リョウには、「本当にありがとう。そして、本当にお疲れさまでした」の言葉しかありません。(いざとなると、言葉って出て来ないものですね)

P4050316
(こちらはステージ裏から見た様子。この時は撮影タイムになっています。)

何年か、あるいは何十年か経って、いつかまたメンバーが全員揃って、ステージを見せてくれたら、などとふと思う。
それぞれの道で人生経験を積んで、また集まった時には、深みのある歌詞といいサウンドを聴かせてくれるのではないかと。はかない夢かも知れませんが。

今は、自分たちの音楽を追求して、さらなる高いステージを目指しているガングルオンの3人を応援して行こうと思う。
彼らの目指す音楽がどこに行き着くのかを最後まで見届けるために。

【セットリスト】

1.春の風と光の轍

2.アイアンマン

3.bystander

4.ふたりだけのプレイス

5.パズル

6.旅立に於て

7.supernova

8.空と羽根

9.相愛

10.a Someone's tale

11.ロストワールド

12.エトランゼ

13.チャリンコライダー

14.today

15.LIFE GOES ON

■アンコール

1.Factory

2.何色の街

3.コーヒーとミルク

■ダブルアンコール

・風をきる少年のブルース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年3月 | トップページ | 2015年6月 »