« 2015年5月 | トップページ | 2015年8月 »

2015/06/28

塚田哲夫&前波芳明(ガングルオン) ライブ in 西新宿navi cafe(2015.6.10)

事務所からほど近い西新宿navi cafeで、ガングルオンの塚田哲夫&前波芳明ライブがあるので参戦。
この日は、ザ・マスミサイルの高木芳基と白石安広のユニットとの対バン。
ガングルオンザ・マスミサイルの対バンはよく見たが、こういう形で見るのは初めて。

P6100070_2
(西新宿navi cafeでライブを行うガングルオン 塚田哲夫&前波芳明)

P6100001
(会場の西新宿navi cafe)

P6100003

前回のソロライブで不調だったテツオの喉も復活。
同じ箱でこうも違うかという迫力でした。
アコースティックで迫力を感じるには、これくらいの小さい箱の方が合っているのかも知れません。
アンプ越しの音と、アーティストの生音と生声が程よく組み合わさって心地よく、アーティストのスキルとコンディションがリアルにわかっていい。

P6100091
(Vo.&Gt テツオ)

P6100027_2
(Key. ヨシアキ)
P6100080

P6100046
(久々のピアニカ)

P6100086

P6100087

P6100128

P6100062

P6100133

P6100109

P6100119

P6100163

P6100176_2

P6100170

P6100177_2

次回の西新宿navi cafeライブは、7月15日のワンマン。
新生ガングルオン初の都内ワンマンライブ。
最悪、午後半休を取る覚悟で、準備万全で参戦したいと思います。

P6100184
(この日はアーティストにちなんだカクテルが登場。ガングルオンからはヨシアキが作るカクテルが提供されました)

P6100192
(自ら作ったカクテルを手にするヨシアキ)

グッド・バイ
グッド・バイ
posted with amazlet at 15.06.28
ザ・マスミサイル
日本クラウン (2013-08-07)
売り上げランキング: 181,630

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/14

ガングルオン in 吉祥寺 曼荼羅(2015.5.30)

今年4月にDrs.リョウが脱退し、新生ガングルオンになって初の都内ライブに参戦。

Dsc_6730
(吉祥寺 曼荼羅でライブを行う新生ガングルオン)

前身のせきずい以来、彼らのサウンドの特徴でもあったリョウのパァンと甲高く響くドラム。いろんなバンドのサウンドを聴いて来たが、高めのチューニングはかなり珍しい。
それだけに、それがなくなり、
「彼らのサウンドがどう変わるのだろうか?」
と内心心配しながら、現地に到着。
会場の東京・吉祥寺にあるライブハウス「曼荼羅」は初めて来る箱。

P5300357
(会場になった吉祥寺のライブハウス「曼荼羅」)

今回は「武蔵野音楽祭」ということで、ここを含む複数の会場を回遊出来るサーキットスタイルのイベント。
ここ「曼荼羅」でも次から次に個性的なバンドが登場し、会場を沸かせていたが、他の会場でも同じように盛り上がっていたのだろう。

Dsc_6713
(Vo.&Gt テツオ)

P5300022
(Key. ヨシアキ)

P5300008
(Bass カズヒロ)

この日、リハーサルは無かったようで、長めの転換の間に調整がリハーサルだったようだ。
サポートドラムは、ザ・マスミサイルのセイイチこと中野誠一。
マスミサイルとしてのドラムは何度か聴いているが、これがガングルオンに入るとどうなるのだろうか。
音出しの間、正直イメージとのギャップがないかが気になって仕方がなかった。

P5300058
(Drs.中野誠一[ザ・マスミサイル])

そして、14:45。
ガングルオンの出番が始まった。

P5300044

Dsc_6706

Dsc_6756

Dsc_6755

P5300061

Dsc_6744

P5300024

P5300018

Dsc_6734

P5300093_2

P5300183

P5300089

P5300102

P5300046

最初の1曲目こそ、探りながら聴いていたが、程なく違和感なく曲の世界に入って行けた。高めのスピンがかかったストレートのようなリョウの叩く音とは明らかに違い、低めにコントロールよく集めるセイイチの音も悪くない。

P5300044_2

P5300163

P5300206

P5300169

P5300195

P5300178

ガングルオンの曲をしっかりと咀嚼し、吸収した上で叩いている。
オフィシャルカメラマンとして参加した4月のワンマンライブ後の打ち上げで、正面に座ったセイイチと話し、その誠実な人となりは感じていたが、印象そのままのガングルオンファンを裏切らない誠実なドラムだった。

P5300159

P5300216

「これならこれからも安心して聴ける」ということがわかっただけでも、この日は大きな収穫だったと思う。

P.S:デジタルカメラの高画素化で1枚当たりのデータ量が大きくなったのに、このブログの仕様は1ファイルのアップロードは最大1MB。1MB以下にする手間が微妙にかかるため、最近ではFacebookで先行してライブ写真をアップしてます。

とはいえ、ここが本拠地であることには変わりはないので、コメントと写真の枚数は多く載せています。

マスト
マスト
posted with amazlet at 15.06.14
ザ・マスミサイル
日本クラウン (2013-10-23)
売り上げランキング: 62,738

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年8月 »