« 2015年8月 | トップページ | 2016年3月 »

2015/12/28

嘆息

知っている人をこんな形でテレビで見ることになろうとは。

しかも2年続けて年の瀬に。

「ウソであって欲しい」

との願いを打ち砕く情報が次々と流れて来る。

見たくないと思いながらも、気になって続報を追ってしまう。

どうしてかなぁ。
ありきたりだけれど、そんなことをする人に思えない。まだ信じたい気持ちが、心の中にある。

どこかで思い留まることは出来なかったのだろうか。

残念でならない。
無念だ。
今はただその言葉しか浮かばない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2015年8月 | トップページ | 2016年3月 »