« 新天皇即位の一般参賀レポート | トップページ | どんなに未来を正しく予測出来ていても成功出来るとは限らない。 »

2019/11/28

外国人とのコミュニケーション能力

昨日の渋谷スクランブルスクエア前での出来事。



英語圏の外国人の家族が道に迷っていた。
お母さんがおばちゃんに井の頭線の渋谷駅までの道を聞いていた。

おばちゃん「この道をストレイト、ストレイト。そしたら、階段をトントンと上がる。トントントンね。あ、2回ね、2回。」
外国人のお母さん「ニカイ?」
おばちゃん「そうそう、2回。オーケー?」
外国人のお母さん「オーケー」

このやり取りで、この家族が井の頭線の駅まで無事に行けるのか心もとなかった。
小さな子も連れていたので、迷ってしまったら大変だ。
通訳をしようかと思ったが…

外国人のお父さん「彼女は何て言ってたの?」
外国人のお母さん「ここを真っ直ぐ行ったら、階段があると言うのよ。2回階段を上がれって言ってるみたいだったわ」

しっかり通じていたので、自分が通訳をする必要はなくなった。

途中、井の頭線の駅への案内板を見つけたようで、この家族に安堵の表情が浮かんでいた。

しかし、「ストレイト」以外は全部日本語。
これでしっかりと通じさせてしまうおばちゃんのコミュニケーション力のすごさ。
「日本人はコミュニケーション能力がない」と、やれ英語能力の向上ばかり言われるけど、実はこういう「伝えようとする」気持ちが必要なのかも知れない。基本的なことだけれども。

 

 

|

« 新天皇即位の一般参賀レポート | トップページ | どんなに未来を正しく予測出来ていても成功出来るとは限らない。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 新天皇即位の一般参賀レポート | トップページ | どんなに未来を正しく予測出来ていても成功出来るとは限らない。 »