2015/06/28

塚田哲夫&前波芳明(ガングルオン) ライブ in 西新宿navi cafe(2015.6.10)

事務所からほど近い西新宿navi cafeで、ガングルオンの塚田哲夫&前波芳明ライブがあるので参戦。
この日は、ザ・マスミサイルの高木芳基と白石安広のユニットとの対バン。
ガングルオンザ・マスミサイルの対バンはよく見たが、こういう形で見るのは初めて。

P6100070_2
(西新宿navi cafeでライブを行うガングルオン 塚田哲夫&前波芳明)

P6100001
(会場の西新宿navi cafe)

P6100003

前回のソロライブで不調だったテツオの喉も復活。
同じ箱でこうも違うかという迫力でした。
アコースティックで迫力を感じるには、これくらいの小さい箱の方が合っているのかも知れません。
アンプ越しの音と、アーティストの生音と生声が程よく組み合わさって心地よく、アーティストのスキルとコンディションがリアルにわかっていい。

P6100091
(Vo.&Gt テツオ)

P6100027_2
(Key. ヨシアキ)
P6100080

P6100046
(久々のピアニカ)

P6100086

P6100087

P6100128

P6100062

P6100133

P6100109

P6100119

P6100163

P6100176_2

P6100170

P6100177_2

次回の西新宿navi cafeライブは、7月15日のワンマン。
新生ガングルオン初の都内ワンマンライブ。
最悪、午後半休を取る覚悟で、準備万全で参戦したいと思います。

P6100184
(この日はアーティストにちなんだカクテルが登場。ガングルオンからはヨシアキが作るカクテルが提供されました)

P6100192
(自ら作ったカクテルを手にするヨシアキ)

グッド・バイ
グッド・バイ
posted with amazlet at 15.06.28
ザ・マスミサイル
日本クラウン (2013-08-07)
売り上げランキング: 181,630

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/06/14

ガングルオン in 吉祥寺 曼荼羅(2015.5.30)

今年4月にDrs.リョウが脱退し、新生ガングルオンになって初の都内ライブに参戦。

Dsc_6730
(吉祥寺 曼荼羅でライブを行う新生ガングルオン)

前身のせきずい以来、彼らのサウンドの特徴でもあったリョウのパァンと甲高く響くドラム。いろんなバンドのサウンドを聴いて来たが、高めのチューニングはかなり珍しい。
それだけに、それがなくなり、
「彼らのサウンドがどう変わるのだろうか?」
と内心心配しながら、現地に到着。
会場の東京・吉祥寺にあるライブハウス「曼荼羅」は初めて来る箱。

P5300357
(会場になった吉祥寺のライブハウス「曼荼羅」)

今回は「武蔵野音楽祭」ということで、ここを含む複数の会場を回遊出来るサーキットスタイルのイベント。
ここ「曼荼羅」でも次から次に個性的なバンドが登場し、会場を沸かせていたが、他の会場でも同じように盛り上がっていたのだろう。

Dsc_6713
(Vo.&Gt テツオ)

P5300022
(Key. ヨシアキ)

P5300008
(Bass カズヒロ)

この日、リハーサルは無かったようで、長めの転換の間に調整がリハーサルだったようだ。
サポートドラムは、ザ・マスミサイルのセイイチこと中野誠一。
マスミサイルとしてのドラムは何度か聴いているが、これがガングルオンに入るとどうなるのだろうか。
音出しの間、正直イメージとのギャップがないかが気になって仕方がなかった。

P5300058
(Drs.中野誠一[ザ・マスミサイル])

そして、14:45。
ガングルオンの出番が始まった。

P5300044

Dsc_6706

Dsc_6756

Dsc_6755

P5300061

Dsc_6744

P5300024

P5300018

Dsc_6734

P5300093_2

P5300183

P5300089

P5300102

P5300046

最初の1曲目こそ、探りながら聴いていたが、程なく違和感なく曲の世界に入って行けた。高めのスピンがかかったストレートのようなリョウの叩く音とは明らかに違い、低めにコントロールよく集めるセイイチの音も悪くない。

P5300044_2

P5300163

P5300206

P5300169

P5300195

P5300178

ガングルオンの曲をしっかりと咀嚼し、吸収した上で叩いている。
オフィシャルカメラマンとして参加した4月のワンマンライブ後の打ち上げで、正面に座ったセイイチと話し、その誠実な人となりは感じていたが、印象そのままのガングルオンファンを裏切らない誠実なドラムだった。

P5300159

P5300216

「これならこれからも安心して聴ける」ということがわかっただけでも、この日は大きな収穫だったと思う。

P.S:デジタルカメラの高画素化で1枚当たりのデータ量が大きくなったのに、このブログの仕様は1ファイルのアップロードは最大1MB。1MB以下にする手間が微妙にかかるため、最近ではFacebookで先行してライブ写真をアップしてます。

とはいえ、ここが本拠地であることには変わりはないので、コメントと写真の枚数は多く載せています。

マスト
マスト
posted with amazlet at 15.06.14
ザ・マスミサイル
日本クラウン (2013-10-23)
売り上げランキング: 62,738

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/07

塚田哲夫ワンマンライブ in navi cafe

ガングルオンのVo.&Gt.テツオ初のワンマンライブがあると聞き、参戦して来ました。

塚田哲夫ワンマンライブ in navi cafe
(東京・西新宿のnavi cafeでのガングルオン Vo.&Gt.テツオ)

平日かつ連休明けの月初だったので、仕事がたまっている状況で無理だと思ってましたが、後半から何とか聴けたのはラッキーでした。

記念すべき初ソロワンマンだから記録を残しておきたいのが人情。
しかし、行けるかどうかわからなかったので、カメラを持っていない。
スマホのカメラで撮るのも考えたが、自分のiPhone6は豪快なシャッター音がする。
慌てて無音のカメラアプリをダウンロードして、1枚だけこっそり撮影。

ソロでワンマンという環境もあり、いつもより内面を語るトークがあったり、アンコールの『空と羽根』では観客が歌って、テツオはギタリストに徹するという面白い趣向(喉の調子が悪かったため、生れた即興の企画ではありますが)もあり、楽しませていただきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/05/06

ガングルオン ワンマンライブ in RUIDO K4(2015.4.5)

気が付くと長かったゴールデンウィークも今日が最終日。

遅ればせながら、1ヶ月前に東京・新宿にあるライブハウス「RUIDO K4」で行われたガングルオンのワンマンライブ写真をアップします。

P4050163
(東京・新宿にあるRUIDO K4でワンマンライブを行うガングルオン)

この日は、Drs.リョウのラストライブ。
これをもって、ガングルオンを脱退となる。
1月に脱退が発表されて以来、複雑な気持ちのまま、この日を迎えてしまった。

前身のバンドからなので、11年近い付き合いになるだろうか。
それだけに、新しい道を進むことに頭では理解出来てはいても、どこかやる方のない重いが残る。

Dsc_5696
(東京・新宿にあるRUIDO K4)

特別なライブでもあるので、今回はリハーサルから入れさせていただいた。

場所は、東京・新宿にあるライブハウス「RUIDO K4」。

最近メインである吉祥寺ではなく、前身のバンドでホームにしていた原宿RUIDO(今は無くなって跡地にはニコニコ動画のスタジオになっている)系列であり、縁の深いライブハウス。リョウのラストを飾る舞台にふさわしいと思う。

Dsc_5701
(リハーサルの様子)

Dsc_5703
(音をチェックするリョウ)

ステージの壁にある「RUIDO」のロゴを見ながら、来し方を考えてしまった。

Dsc_5841

下は、手元に残っている最古のDrs.リョウの写真。
10年以上前になる2005年3月5日 渋谷RUIDO K2でのもの。
この頃はコンデジで撮っていた。
ISO100固定の機種で、今の携帯カメラを大きく下回る性能だった。
そんな機材でのライブ撮影、しかもドラムを撮る時の歩留りは、もはや念写に近いものがあった。

Dscf0024
(2005年3月5日だから、ほぼ10年前の写真。この時はコンデジで撮影していた)

Dsc_0128
(そして、これが同年3月26日。一眼レフ初デビューの写真。ここから機材のエスカレートが始まった…)


こういう写真を見ると、改めて流れた時間の長さを感じます。

P4050067
(ファンからの大きな花輪も届いていました)

P4050066
(当初はサプライズでプレゼントする予定だったDrs.リョウの顔写真入りの横断幕。ここに多くのファンからのメッセージが書き込まれた)

一方、リハーサルには、特に感傷的なものもなく、淡々と準備は進む。
メンバーの様子もいつも通りである。

自分も思い直して、普段通りでいようと可能な限り冷静にいようと努めた。

P4050075
(リハーサル後、楽屋でセットリストを書くDrs.リョウ)

P4050077
(手元を拡大。思うようにセットリストが書けないリョウの様子に、いつもと違うものを感じた。)

早くはじまって欲しい反面、はじまってしまえば、4人のガングルオンの最後に向って時計の針は動き出してしまう。

そう思うと「このまま時が止まればいいのに」と願ってみたりしたくもなる。

そんな思いをよそに、やがて開場時間を迎え、予定より5分ほど過ぎて開演を迎えた。

Dsc_6113
(Drs. リョウ)

Dsc_5952
(Bass カズヒロ)

Dsc_6473_2
(Key. ヨシアキ)

Dsc_6546
(Vo.&Gt テツオ)

いったん、ライブがスタートすると、いつもの楽しい時間が流れだす。
心地よいサウンドと疾走感あふれるステージ。
リョウの特徴でもある高めにチューニングしたドラムの音がパーンと弾ける。
(この音が聴けなくなるのかと思うと実に残念でならない)

前身のバンド「せきずい」以来のファンも、ガングルオンからのファンも一緒になって、彼らの奏でる音楽にひたる。

P4050082

Dsc_5890

Dsc_5911

Dsc_5924

Dsc_5938

Dsc_5958

Dsc_5973

Dsc_5964

P4050091

Dsc_5989

Dsc_5994

Dsc_6039

P4050124

P4050133

P4050137

Dsc_6170

P4050178

P4050170

Dsc_6186

Dsc_6064

Dsc_6092

P4050124_2

Dsc_6170_2

Dsc_6159

Dsc_6143

Dsc_6234

ライブもちょうど半ばにさしかかった時、せきずい時代の名曲『チャリンコライダー』が。
懐かしいイントロが流れると、悲鳴のような声が会場から。
ガングルオンになって初めて来たせきずい時代からのファンには、きっと大きなプレゼントになったと思う。

P4050193
(『チャリンコライダー』に会場は一挙に沸き立つ)

Dsc_6241

Dsc_6247

ヨシアキは、「まだ『チャリンコライダー』を超える曲が書けない」とテツオに言われていたが、個人的には『風をきる少年のブルース』は、路地裏をママチャリで飛び出した少年のその後を描いたアンサーソングのようで好きである。


Dsc_6253

Dsc_6285

Dsc_6336

Dsc_6140

Dsc_6301

Dsc_6372

Dsc_6411

Dsc_6405

Dsc_6418

P4050221

Dsc_6018

Dsc_6421
(この日会場で配られたチラシには「ガングルオンやってます」の言葉が)

P4050228

P4050255

P4050263

Dsc_6448

Dsc_6434
(このような感じで、ステージ全体を見守りつつ、リズムを刻む姿が印象的でした)

Dsc_6423

Dsc_6526

Dsc_6546_2

Dsc_6532
(しっかり目線をいただきました)

Dsc_6483

P4050269

ライブ後半には、リョウのドラムソロが。
最後ということなのか、いつもよりもかなり長い演奏時間。
相当きついはずだが、それでもバテることなく、最後までその高い技術を見せつけてくれた。

Dsc_6586

Dsc_6598
(酸素ボンベの差し入れがありましたが、アクシデントなのか出なかったようです)

Dsc_6623

P4050305

Dsc_6650
(メンバーから花束が渡される)

P4050294
(寄せ書きでびっしりと埋めつくされた旗が手渡される。幸い(?)顔に落書きする人はいなかったようです)

P4050313

Dsc_6688
(リョウらしい丁寧な挨拶がありました)

Img_2118
(ガングルオンメンバー4人揃った最後のカーテンコール)

カーテンコールを見ながら、
「もう、4人揃って見ることはないのか…」
と思うと切なくなる。

Drs.リョウには、「本当にありがとう。そして、本当にお疲れさまでした」の言葉しかありません。(いざとなると、言葉って出て来ないものですね)

P4050316
(こちらはステージ裏から見た様子。この時は撮影タイムになっています。)

何年か、あるいは何十年か経って、いつかまたメンバーが全員揃って、ステージを見せてくれたら、などとふと思う。
それぞれの道で人生経験を積んで、また集まった時には、深みのある歌詞といいサウンドを聴かせてくれるのではないかと。はかない夢かも知れませんが。

今は、自分たちの音楽を追求して、さらなる高いステージを目指しているガングルオンの3人を応援して行こうと思う。
彼らの目指す音楽がどこに行き着くのかを最後まで見届けるために。

【セットリスト】

1.春の風と光の轍

2.アイアンマン

3.bystander

4.ふたりだけのプレイス

5.パズル

6.旅立に於て

7.supernova

8.空と羽根

9.相愛

10.a Someone's tale

11.ロストワールド

12.エトランゼ

13.チャリンコライダー

14.today

15.LIFE GOES ON

■アンコール

1.Factory

2.何色の街

3.コーヒーとミルク

■ダブルアンコール

・風をきる少年のブルース

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015/02/22

ガングルオン ワンマンライブ in 吉祥寺SHUFFLE(2014.12.28)

ずいぶん間が空いてしまいましたが、昨年の暮れに行われたガングルオンのワンマンライブレポです。

Pc280147
(吉祥寺SHUFFLEでワンマンライブを行うガングルオン)

彼らのワンマンライブも彼らへのライブ参戦も、5月に渋谷のライブハウス七面鳥以来、約7ヶ月ぶりとなります。日常に流されていると、時間なんかあっと言う間に経ってしまうものだと改めて実感しました。

Pc280213
(ワンマンライブの会場となった吉祥寺SHUFFLE)

Pc280011
(開演前の会場の様子)

この1ヶ月前にLiLiのワンマンライブに参戦し、半年ぶりにカメラを持ち、ライブ撮影の勘の鈍りと機材の老朽化を感じ、この日のために新しい機材を調達。

OLYMPUS ミラーレス一眼 OM-D E-M5 ED 12-40mm F2.8 PRO レンズキット エリートブラック LKIT EBLK
OLYMPUS OM-D E-M5 ED 12-40mm F2.8 PRO レンズキット。2年前の機種ですが、高性能なレンズと軽さ、そしてレトロなデザインで選択)

LiLiのワンマンライブを観に来ていたガングルオンのVo.テツオに「次のワンマンでは新しい機材を用意して参戦する」と約束したのを口実(笑)に7年ぶりに準メイン的なサブのカメラを追加しました。
一瞬運、フルサイズの機種も考えましたが、さすがに今よりも重いカメラがキツいので、最近評判がいいミラーレスカメラを購入。

動きもの対応には、まだ光学ファインダーの一眼レフには負けますが、役割を分けて撮ればいけると判断。
7年もののメイン機 Nikon D300と新サブ機のOLYMPUS OM-D EM5による撮影の成果がこちらになります。
Dsc_5623
(Vo.&Gt テツオ)

Dsc_5604
(Drs. リョウ)

Dsc_5578
(Bass カズヒロ)

Pc280114
(Key. ヨシアキ)

客席最前列の上手(かみて=ステージに向って右側)に陣取り、当日の撮影に臨みましたが、ステージ開始直後の会場の混雑を見て、早々に移動しながらの撮影を断念。
最初から最後まで定点撮影になってしまいました。

客席を見ると、前身のバンドせきずい時代から見慣れた方も多いのですが、自分が行かなかった間にずいぶん顔ぶれが変わっています。
これもガングルオンとしての音楽活動が、着実に実を結びつつある証拠だと思います。

Dsc_5557

Dsc_5357

Dsc_5464

Dsc_5514

Pc280055

前回のワンマンはアコースティックスタイルでしたが、今回はエレキスタイル。
迫ってくるサウンドが違います。
アコースティックスタイルでは使えなかったものをフルに盛り込んだ、そんな感じがします。

Pc280045

Dsc_5649

Dsc_5608

Pc280102a

Pc280017

Dsc_5581

Pc280016

当日会場限定で配られた音源に入っていた「LIFE GOES ON」をはじめ、初めて聴く曲もありましたが、粒が揃っていて、「これがガングルオン」というアウトラインがクリアになって来たように感じます。

Gt.&Voのテツオがすっかりボーカリストとしてのスタイルが完成し、磨きがかかっていたことで、ステージに安定性と彼らの音楽世界の表現により深みを与えていたと思います。

Pc280028

Pc280078

Pc280131

Pc280130

Pc280025

Pc280134

Pc280054

Pc280142a

Pc280197

Pc280141

Pc280143_2

Pc280162

Pc280149

Pc280160

Pc280102

Pc280183

Pc280199a

Pc280199

Pc280204

これからがますます楽しみだと思っていた矢先、このワンマンライブから約1ヶ月後にDrs.リョウの脱退が発表されました。
ライブスケジュールに「ガングルオン3」というリョウを除く3人編成でのライブが、何回かあった時に「もしかしたら…」というものがありましたが、「前にも特別編成でやったこともあったし」と悪いように考えないようにしていました。

しかし、悪い方の予感が当たってしまいました。

本人を含め、メンバーが一番悩み、苦しんだ末に出した結論だと思います。
我々が思う以上のものが多々あったはずです。
これまで10年以上、リョウのドラムを聴いて来ただけに、非常にさびしい限りではありますが、その前途が幸多いものであるよう、心から願っています。
そして、これからも変わらず、ガングルオンを応援していきたいと思っています。

4月5日のワンマンライブでDrs.リョウは、ガングルオンとしてラストのライブになります。

少しでも多くの方が、そのサウンドを耳に刻んでいただければ幸いです。

場所は、新宿RUIDO K4。

彼らが前身のバンドで活動を開始以来、キャリアを積み重ねていったあのRUIDO系というのも何かの縁。

自分も次のワンマンライブまで、1回でも多くリョウのドラムを聴きたいと思います。

Pc280209

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/11/30

LiLiワンマンライブ in Shibuya Eggman(2014.11.27)

去る11月27日に東京・渋谷の EggmanにLiLiのワンマンライブに参戦して来ました。

Pb270019
(横浜出身のバンド「LiLi」)

過去にはLiLi最初のミニアルバム『Link』のジャケ写や公式サイトのアーティスト写真などを担当させていただいたが、交通事故の後遺症やら何やらで、気づくと何年も(4、5年くらい?)彼ら彼女らのライブに行けていなかった。

ブランクが空いてしまうと行きにくくなるのものですが、10月1日にメンバーのDr.Emiが手首の腱鞘炎悪化で脱退。4人での再出発となるワンマンライブとなれば、これは見ておかざるを得ません。

ライブハウスに来るのも半年ぶりで、一時は毎週のように通っていたのが夢のようです。

Dsc_4578
(東京・渋谷のライブハウスEggman。代々木公園のすぐ近くです)

Dsc_4579

でも、やはりこの雰囲気はいいものです。

平日の夜にも関わらず、客席には多くの人であふれていました。

Pb270003

ライブ開始直前、観客として来ていたDr.Emiにファンの有志から、感謝状と花束が贈られていた。話を聞いた時、大きなショックを受けましたが、こうしてステージにいない彼女の姿を見ると、脱退の事実が改めて実感され、何とも言えない気持ちになります。

Pb270007
(感謝状を受け取るDr.Emi)

ステージ前の幕が開き、懐かしい顔が登場すると、ちょっとうれしくなります。

Dsc_4592

少し大人びて、彼ら彼女らの落ち着いた雰囲気に自分が観なかった間に流れた時間と経験値を感じます。

Dsc_4625
(Vo.Miyuki)

Dsc_4730
(Gt.Jiro)

Dsc_4703
(Key.Hajime)

Dsc_4642
(Bass Yukko)

ワンマンライブが始まると、慣れ親しんだサウンドでありながらも、音質の変化に驚きました。キレのいい高めのストレートで勝負していたピッチャーが、低めの重いボールやカットボールで抑え込むタイプに変わっていたような感じでしょうか。

Dsc_4691

Dsc_4599

Dsc_4645

Dsc_4654

ライブ構成もMCをほとんど入れず、音楽だけで見せるスタイルに。

落ち着いてステージを回していく姿は、堂々としたものです。

Dsc_4709

Dsc_4734

Dsc_4766

この日は、ライブの撮影もしたのですが、さすがに数年もブランクがあると、ライブで観ていない曲だと、どこでどう動くか、どういう見せ方をするのかがわかりません。
さらにステージ下手(向って左側)の固定位置。
結果、追っかけるだけが精一杯(笑)。

昔の感覚を思い出しながら、あとは素直に「いいな」と思うところを切り取ろうと思いました。

サウンドも雰囲気もそうですが、表情もずいぶん変わっていることに驚きました。

それは、以前撮っていたような表情を探していて気が付きました。狙ってもなかなか撮れないどころか、全く違う動きと表情が出て来るのです。

昔の面影を追いつつ、今の大人の雰囲気と表情の対比を意識して撮ってみました。

Dsc_4605

Dsc_4608
(ベースとドラムのリズム隊を押さえるカットですが、ここにいるはずの姿が見えないのはさびしいものです)

Dsc_5029

Dsc_4734_2

Dsc_4754

Dsc_4666

Dsc_5053

Dsc_5069

Dsc_5093

Dsc_5023b

Dsc_5048

Dsc_4891

Dsc_4927

Dsc_5252

Dsc_5056

Dsc_5093_2

Dsc_5233

Pb270024

Dsc_5167

Pb270034

ライブが終わって、メンバーの人懐っこい表情に接すると、長年のブランクを忘れてしまいそうです。

課題を乗り越えながら進み始めた姿を見て、自分も自分の中で止まったままになっているものを動かさないといけない時なのかと思うようになりました。

おかげでいいきっかけになりました。
また、次に期待したいものです。

旅人/step by step
旅人/step by step
posted with amazlet at 14.11.30
LiLi
インディーズレーベル (2011-09-21)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/05

ガングルオン ワンマンライブ in 渋谷・七面鳥(2014.5.3)【特別編】

去る5月3日に行われた「ガングルオン」初めてのワンマンライブ。

どうしても都合が悪く来れなかった方、あるいはチケットが取れなかった方も多かったと思います。 同じファンとして、そんな方にも初ワンマンライブ当日の感動を少しでも分かち合いたい。

ライブ終了後に「ガングルオン」メンバーに相談したところ、特別に定点カメラで撮った動画の公開を了承してくださいました。
この場を借りて、御礼申し上げます。 本当にありがとうございます。

一部楽曲の公開となりますが、今回は、ワンマンライブのオープニング曲『何色の街』です。

【何色の街】


定点カメラでアングル固定なのと、動画の編集技術がないので、撮って出しのもので申し訳ございませんが、少しでも当日の雰囲気が伝わるとうれしいです。

SONY ミュージックビデオレコーダー MV1 HDR-MV1
ソニー (2013-11-15)
売り上げランキング: 2,183

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ガングルオン ワンマンライブ in 渋谷・七面鳥(2014.5.3)

2014年5月3日、東京・渋谷のライブハウス「七面鳥」で行われたGUN-GRU-OWN(以下、ガングルオン)初となるワンマンライブ「GUN-GRU-OWNワンマンライブ -Special Turkeys Night-」に参戦して来ました。

Dsc_3014
(渋谷・七面鳥でのワンマンライブを行うGUN-GRU-OWN[ガングルオン])

前身であるバンド「せきずい」の恵比寿LIQUIDROOMでのワンマンライブ(2010年8月1日)以来ですから、約4年(3年と275日)ぶりとなります。途中、バンドの活動停止や震災もあったせいか、思った以上に長い時間が経ったように思えます。

Dsc_3187
(Drs.リョウ)

Dsc_3019
(Bass カズヒロ)

Dsc_3115
(Key./Piano ヨシアキ)

Dsc_3376
(Vo.&Gt. テツオ)

しかし、一方で、それだけのものを乗り越えて、再びワンマンライブの日を迎えられる喜びもまたひとしおです。彼らのファンの多くも同じ気持ちだったのでしょうか、ワンマンライブの告知が出た直後にチケットはソールドアウト。このライブに行けずに悔しい思いをされているファンも少なくないようです。今回は、観られなかった方のためにも、当日の様子が少しでも伝わるように書きたいと思います。

とはいえ、自分もガングルオンのライブは、昨年春の1stアルバム『SOMEONE'S TALES』リリース以来ですから、1年ぶりくらいになるので、写真を含めてまともなものになるか自信がありませんか、どうかお付き合いください。

当日は、連休後半戦初日ということもあり、渋谷の街は大混雑。
いつも以上に賑わっていて、ライブハウスに向う道玄坂を上るのも大変です。

Dsc_2971
(相変わらず大混雑の109前の交差点)

Dsc_2973
(こどもの日が近いので、道玄坂のケンタッキー・フライド・チキンのカーネル・サンダースも武者姿です)

会場の「アコースティックライブバー七面鳥」は、Shibuya O-Eastのすぐ近く。同じ並びの小道に面したところにあります。

初めて行く場所だったので、無事にたどり着けるか自信がありませんでしたが、O-Eastを目印にして行くとすぐにわかりました。小道に入った瞬間行列が出来ていたので一発でした。

Dsc_2988
(行列が目印になっていました)

Dsc_2983
(ここが会場のライブハウス「七面鳥」)

Dsc_2985
(扉の上の壁には七面鳥の絵)

Dsc_2978
(サインボードには、ワンマンライブの告知が)

ホールは、アコースティックのライブハウスらしく、こじんまりとした感じでしたが、いざ開場すると立ち見も出て、人いきれで蒸し暑いくらいでした。

Dsc_3003
(会場の中は、この通りギッシリ)

開場待ちの列に並んでいる時から、「せきずい」時代から見慣れた方が何人もいて、

「お久しぶりです!」

という言葉を何度も交わしましたし、旧交を温めるような会話をあちこちで耳にしました。何だか、ちょっとした同窓会気分が味わえました。

彼らの音楽を聴くだけでなく、同じ価値観を持つ人たちが集まって、同じ時間と同じ経験の共有の積み重ねによるコミュニティにいたということも重要な要素だったんだな、と改めて感じます。一時期は、彼らのライブを観られなくなるだけでなく、このコミュニティも失われていたわけですから、よくぞここまで復活したと思います。

当日は、初めての会場で自由に動けない可能性があることも想定して、超広角レンズを搭載したムービーカメラを最前列に設置させていただき、自分は最後列に脚立を置いて、観客の邪魔にならないようステルスモードでの撮影を実施。

3_3
(定点カメラを見るテツオ。ライブ終了後、「『何だろう?』と思って見てしまいましたよ」と言っていましたが、確かにその様子が撮れてました。写真は『コーヒーとミルク』演奏時のもの)

当初は「大げさかも?」と思いましたが、結果は大正解。混雑した会場を移動することはおろか、脚立から下りるのもほとんどままならない状態でしたし、アコースティックのライブハウスなので光量も少なく、一番後ろからだと早いシャッター速度が稼げず大変でしたから。最悪を考えて用意しておくのは大事ですね。

Dsc_3174
(ちなみに最後列の脚立の上から見るとこんな光景です。ここから望遠レンズでぐぐっと寄って撮影しています。)

さて、開演時間の18:00を少し過ぎて、メンバーがステージに集結。
いよいよ始まると思うと、カメラを持つ手にも力が入ります。

Dsc_3012
(ステージに向かうガングルオンのメンバー)

Dsc_3013
(ワンマンライブのスタートです)

気になる最初の曲は『何色の街』。

この日リリースの2ndアルバム『TODAY』収録曲から持って来ました。
最新アルバム収録曲をメインに組み立てる感じでしょうか?

Dsc_3014_2
(アコースティックのライブハウスだが、編成はエレキありの通常のバンドスタイル)

会場はアコースティックのライブハウスですが、このワンマンでは、ドラムあり、エレキありで、ほぼ通常の編成。

Dsc_3063
(顔なじみの方々と一緒に彼らの音楽を聴くと「本来の居場所に帰ってきた」という気持ちになります)

おかげで聴かせて引き込むだけでなく、ステージから押し出すようなパフォーマンスも十分活きていたと思います。

Dsc_3070

Dsc_3081

Dsc_3220

Dsc_3198

Dsc_3224

Dsc_3225

Dsc_3233

Dsc_3170
(盛り上がる客席を見ているだけでも楽しくなります)

Dsc_3213

Dsc_3249

Dsc_3273

Dsc_3300

開演から1時間弱が過ぎ、ガングルオンとして未知の時間帯。
過去に何度もワンマンライブのステージ経験はあるでしょうが、ここからどう最後まで客席の気持ちを引きつけ、熱量を上げていくかが、これからの彼らの活動のカギとなります。
彼らもそれを認識していたようで、「せっかくワンマンに来てもらった人に何かを用意しないといけない」と事前にメンバーが案を持ち寄って、検討をしたそうです。

MCで語られた内容では、

・バラを1本ずつ観客に渡す
・お金を渡す
・ドリンクをタダにする

といった案が出ていたとのこと。
(「お金」案に対する客席の反応が思ったよりも大きく、メンバーは当惑していましたが(笑))

Dsc_3303

Dsc_3306_2
(メンバーにいじられるカズヒロ。こういうやり取りも楽しい)

そして、決まったのは、カバー曲。

key.ヨシアキが語るには、いくらカバー曲でも、知らない曲だと盛り上がらなかった経験があるので、もう少し考えたらしい。

そして、さらに訥々と言葉をつなぐヨシアキ。

Dsc_3313
(ワンマンライブの特別企画について語るヨシアキ)

「ここ(ワンマンライブの会場)にいる人の8割9割がわかる曲」。

(もしかして…いや、まさかまだ早いだろう?でも、そうだったら聴いてみたい!)

「正直な話、この曲をやるのに、すごく勇気がいったんですよ。
わかる人にはわかると思うけど、その訳というのは、僕らが前に進めた勇気。
前に進めなければ、この曲出来ないな、っていう曲をやるんですよ」

Dsc_3322
(「正直な話、この曲をやるのに、すごく勇気がいったんですよ」)

「オーッ」と会場が低くどよめく。

(間違いない。でも、本当にやるのか?あまりにも重すぎないか?彼らはそれを乗り越えたというのか?)

「その名曲とは…」
「えっ、名曲って言いました?」とヨシアキに突っ込むテツオの言葉で会場内の空気が少し軽くなる。

「名曲と言えば…」
「名曲と言えば、あの…」

のステージ内のやり取りで、察した観客から、

「アレって?えっ!」「えっ!」「えっ!」「えっ!」の声が会場のあちこちから上がり、そのトーンは期待を物語るようにだんだんトーンが高くなります。

そして、

「あれって、路地の裏側のやつ?」

というテツオの問いに

「路地裏のやつ?」

と疑問形で返したヨシアキの言葉で、会場からは「エーーッ!!」と悲鳴のような声が。そして、すぐに「ウソー!」の声に。
思っていることはみんな同じだったようです。

あの聞き慣れた『チャリンコライダー』のイントロがテツオのギターから流れた瞬間、会場内は黄色い声に包まれ、室温は一気に上がった。まさに封印が解かれた瞬間とでもいうのだろうか。

5_2
(『チャリンコライダー』のイントロがテツオのギターから響くと会場の熱気は一気に上がった。)

あの高揚感は、当日その場にいた人だけで独占するにはもったいない経験です。

もっと多くのファンに共有して欲しかった…

Image1
(あの懐かしい光景が眼前に)

座席に座っていた観客は誰に促されるわけでもなく、みんな総立ちになって、あのサウンドと懐かしい光景が目の前に広がります。飛び上がる観客の振動と、人の頭と振り上げた手でステージが全く見えなくなるのも久しぶりに経験しました。

Dsc_3330
(最後列からは全くステージが見えません。まさかこの光景が再び見られようとは!)

2
(その代り、最前列の定点カメラがステージを撮っています)

1_2
(ジャンプでライブハウスの床も揺れる)

1st、2ndアルバムだけでなく、サプライズで『チャリンコライダー』が登場するとは予想もしていませんでした。ヨシアキが語ったように、この曲をやるにあたっては、メンバーも相当悩んだかと思います。ただ、これで客観的な目で「せきずい」時代の棚卸しと総括をしたうえで、ガングルオンとして先に進めるようになったのではないでしょうか?

3
(演奏後、「名曲だね!」と力強く語るテツオ)

4
(名曲の制作者ヨシアキを紹介するテツオ)

2_3
(「『コーヒーとミルク』、この曲も名曲になるでしょう!」と言ったテツオ。自分もそう思います)

Dsc_3453_2

Dsc_3490

個人的には「せきずい」時代の曲が聴けるのは、もう少し先のことだと思っていました。ポール・マッカートニーがビートルズ時代の曲を普通に演奏するようになったのは解散から相当な年月が経ってからですし、同じようなケースでもやはりそれなりの時間がかかっています。

ヤァ!ブロード・ストリート(紙ジャケット仕様)
(ポール・マッカートニーがビートルズ時代を冷静に受け入れられるようになったのは「GIVE MY REGARDS TO BROAD STREET」(1984)あたり?)

Dsc_3414

いきなり今の自分が現れたわけではなく、今の自分は、過去から連続した自分の積み重ねであり、どんなことがあっても過去は消し去ることは出来ません。過去の全てを認めた上で、今の自分が向き合うためには、それ相応の時間が必要です。

頭でわかっていても、受け入れられるようになるのはやはり難しいものです。それだけに、今回の決断から演奏が終わるまでには大きな葛藤がいくつもあったことでしょう。MCでも語っていましたが、全て自分たちでアルバムを作り上げることを決意したことも、これまでのいろいろなものを乗り越え、彼らが前に進むために絶対に必要なプロセスだったことが、今回のワンマンライブを観て理解出来ました。

Today1
(自分にはアルバムタイトルにもなった『today』に全てが集約されているように感じられた)

それでもワンマンライブの場で、ファンの前でこういう形で彼らなりの結論を出したのは大きいと思います。この日(アンコール前に)最後に演奏した『Today』も、『チャリンコライダー』からの流れから、過去との向き合いと未来への決意なのだと思いつつ、聴いていました。

1
(アンコールは『ロストワールド』。タオル回しの赤い波が会場を覆う)

3_2

4_2

余震のように、まだまだ葛藤の波は続くでしょうが、それでも前に進もうとする彼らを自分はこれからもずっと応援し、見続けていきたいと思います。
彼らの音楽を求め、ずっと一緒に同じ時間を共有し続けている多くのサポーターとともに。

Dsc_3800
(約2時間のワンマンライブでしたが、あっと言う間の時間でした)

Dsc_3816
(ライブ終了後に客席から、メンバーの顔写真入りのケーキがプレゼントされた)

Dsc_3820

Dsc_3829
(その他、大きな花や大きなお酒のプレゼントも)

Dsc_3841
(ケーキに乗ったイチゴ(?)をかじるヨシアキ)

Dsc_3849
(ケーキを囲んで記念撮影)

Dsc_3856
(ライブを終え、楽屋へ引き上げるガングルオン メンバー)


グッド・イヴニング・ニューヨーク・シティ~ベスト・ヒッツ・ライヴ(DVD付)
ポール・マッカートニー
ユニバーサルクラシック (2009-11-18)
売り上げランキング: 3,393

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014/05/04

作業中

「ガングルオン」の初ワンマンライブに参戦し、久しぶりにライブ撮影をした。
ただいま鋭意作業中。
マシンスペックが今となっては低くなったのか、データが重いのか、あるいは、アプリが重いのかわかりませんが、なかなか処理が進みません。
パソコンからわんわん音が出てて、処理途中で落ちそうで怖い。

取り急ぎ、会場最前列に設置した固定カメラの映像を公開。
さて、どれくらい時間がかかることやら。

1a


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013/01/13

ガングルオン in 横浜BAYSIS(2013.1.12)

昨年7月27日吉祥寺SHUFFLE以来、約半年ぶりに『ガングルオン』のライブに参戦して来ました。

Dsc_0281
(横浜BAYSISでライブを行った「ガングルオン」)

そのせいかライブハウスでは、顔なじみの方々から、

「すごい久しぶりですね」
「『そう言えば、最近見ないね』って言ってたんですよ」

と言われる有り様でした。
なぜか予定が合わなかったとはいえ、あっと言う間に半年くらい時間が経ってしまうとは実に恐ろしいことです。

今回の会場は横浜BAYSIS。

Dsc_0162
(横浜・関内にあるライブハウス横浜BAYSIS

Dsc_0163
(ホールに向かうライブハウスの階段も久しぶりです。)

『ガングルオン』が前身の『せきずい』だった2008年5月11日以来ですから、こちらも久しぶりになります。

事前に過去の撮影データをチェックして比較的明るい照明だったのを思い出し、今回は広角から望遠まで1本で済む便利ズームで勝負。服装も目立たない黒装束に身を包み、準備万端です。

今の自分にとって、写真の原点は「彼らをしっかり撮りたい」というところから始まっているだけに、彼らのステージを撮る時はモチベーションがワッと上がります。

Dsc_0402
(Drs. リョウ)

Dsc_0179
(Bass カズヒロ)

Dsc_0252
(Key ヨシアキ)

Dsc_0461
(Vo.&Gt. テツオ)

『せきずい』の活動中止の少し前、交通事故で半月板と靱帯をやられて普段は激痛にやられていましたが、ワンマンの時とかはその痛みとか忘れて動いてましたから(笑)。

自分にとって、半年分のフラストレーションが一気に解放されたせいか、つい熱が入ってしまいました。ステージ終了後、Vo.&Gt.テツオから、

「久しぶりにカメラを持って動き回る姿を見ましたよ!」

と笑顔で言われてしまいました。
ステージの上からも目立っていたんでしょうね。客席のみなさまにはご迷惑をおかけしたと思います。この場を借りましてお詫び申し上げます。

Dsc_0165
(久しぶりだとステージがはじまる直前のこの雰囲気だけでもテンションが上がります。)

Dsc_0166
(そしてライブスタート!)

Dsc_0168

Dsc_0175

Dsc_0214

Dsc_0201

そして、横浜BAYSISのセットリストはこちら。

1.FACTORY
2.ロストワールド
3.空と羽根
4.today(新曲)
5.a Someone's tale

「FACTORY」「ロストワールド」「空と羽根」というどれもライブの軸となる曲を一気に3曲まとめて前半に据えて、後半に新曲と新しい曲を持って来るインパクトのある構成。
あまり来ることがないライブハウスだとこういう組み立てもいいのではないでしょうか。まずは持っているものを出し切って名前と顔を全力で売り込むくらいでないと。

Dsc_0189

Dsc_0223

Dsc_0217

Dsc_0238

Dsc_0255
(「ロストワールド」のタオル回しは盛り上がります!)

Dsc_0237

Dsc_0240

Dsc_0248

Dsc_0258

Dsc_0299

Dsc_0263

Dsc_0284

Dsc_0221

Dsc_0301

Dsc_0226

Dsc_0273

半年ぶりに聴くと、楽曲の粒が揃って来たことと、過去を踏まえた上での『ガングルオン』らしさが出来上がって来たのを感じました。あとはMCが上手くなったことでしょうか。落ち着いた感じで安心して見ていられます(笑)。

Dsc_0296

Dsc_0342

Dsc_0302

Dsc_0356

Dsc_0364

Dsc_0337

Dsc_0323

Dsc_0379

Dsc_0500

テツオの話では、当日喉の調子があまりよくなかったらしいですが、それでも悪いなりにここまで声が出せるだけでもボーカリストとして成長したと思います。

Dsc_0427

テツオがMCで、

「『ガングルオン』のこのメンバーで一緒に音楽がやれるのが、すごくうれしい」

と言っていましたが、自分も彼らの音楽を聴き、ステージを観て、その姿を写真に撮るのがすごく楽しいし、ずっと一緒に彼らを応援している方々といることがすごくうれしい。
このことが改めて実感出来ました。

Dsc_0324

Dsc_0471

Dsc_0403

Dsc_0347

次のライブは、2月3日(日)吉祥寺CLUB SEATA。
ぜひまた参戦したいと思っています。

Dsc_0467

Dsc_0421

Dsc_0485

Dsc_0505

Dsc_0514



Nikon デジタル一眼レフカメラ D600 ボディー
ニコン (2012-09-27)
売り上げランキング: 1,475

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧